オンライン消費者の食料品支出削減でOcadoの株価が下落
2020年9月29日(火)、イギリス・ロンドンのアパートに食料品を配達するOcadoの従業員。Hollie Adams/Bloomberg

オンライン消費者の食料品支出削減でOcadoの株価が下落

オンライン食料品店Ocadoの株価は、大流行後の電子商取引支出の落ち込みと消費者の実店舗への回帰に苦戦し、下落した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) — オンライン食料品店Ocadoの株価は、大流行後の電子商取引支出の落ち込みと消費者の実店舗への回帰に苦戦し、下落した。

Ocadoは火曜日、マークス・アンド・スペンサー・グループとの合弁事業の収益が、顧客の購入サイズの縮小に伴い2023年度上半期に減少するとの見通しを明らかにした。第4四半期の売上高の伸びは横ばいで、Ocadoの予測した1桁台半ばの売上高の伸びを下回った。

株価は11%も下落した。Eコマースのブームに乗ったものの、長続きしないことが判明したため、株価は大流行前の水準を下回って取引されている。Ocadoは昨年の FTSE-100 指数で最悪のパフォーマンスを記録した。

アウトパフォーマーからアンダーパフォーマーへ|Ocado の株価は現在、ベンチマークである FTSE 指数に遅れをとっている。

食料品、エネルギー、燃料の価格上昇のプレッシャーから、買い物客は食品を少なめに注文するようになっている。主要な食料品店であるTescoやJ Sainsburyと同様に、Ocadoもエネルギーや労働力のコスト上昇と戦わなければならない一方で、価格競争力を維持するために投資を行っている。

Ocadoは、インフレ圧力を考慮し、商品あたりの平均販売価格を7.6%上昇させたと述べている。

コロナのロックダウンの後、習慣が正常化するにつれ、顧客のオンラインショッピングの頻度が減っている。Ocadoでの平均購入額は117ポンド(143ドル)で、前年同期比1.3%減。

同社は、パンデミック・ショッピング期との困難な比較は今年後半に終了し、通年の売上増とわずかながらプラスのEbitdaを予測することが可能になると予測した。

OcadoのCEOであるHannah Gibsonは電話会議で、「今年半ばにはコロナの巻き戻しが終わり、コロナ前のバスケット・レベルに戻ると予想している」と述べている。

食品インフレは先月、過去最高を記録し、数量ベースの売上が減少しても、消費者は食料品に過去最高の120億ポンドを費やした。バークレイズのデータによると、英国の消費者の90%以上が食費に不安を感じており、コスト上昇に対処するために自社ブランド商品の購入や大量調理を増やしているとのことだ。

(最後の段落にCEOの言葉を引用して更新)

--Joe Eastonの協力によるものです。

Katie Linsell. Ocado Drops as Online Consumers Cut Grocery Spending.

© 2023 Bloomberg L.P.