ごめんね、Twitter。イーロン・マスクはAIにご執心:Parmy Olson
2023年1月24日、カリフォルニア州サンフランシスコにてテスラCEOイーロン・マスク氏。(Photo by Justin Sullivan/Getty Images)

ごめんね、Twitter。イーロン・マスクはAIにご執心:Parmy Olson

運が良ければ、マスクはTwitterの倒産を食い止めることができるだろう。しかし、人員不足で運営され、面白くも有益でもないコンテンツが増え続け、手に負えない僻地と化しつつある軌跡に、大きな変化はないだろう。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- イーロン・マスクはTwitterで子供じみた言動をしているが、世界をより良い場所にしようという崇高な野望はまだ信じてほしいと思っているようだ。彼の宇宙開発会社は人類を惑星間競争に巻き込み、電気自動車メーカーのテスラ社は持続可能なエネルギーへの移行を進め、新たに買収したTwitterは言論の自由と健全な議論の場となるだろうと。

実は、この最後の目標はあまりうまくいっていない。Twitterは、マスクの下では経済的にも文化的にも成功する見込みはほとんどなく、彼はオンラインプラットフォームから才能、収益源、誠実さを奪い続けている。最近の彼の行動は、YouTubeで人種差別的な暴言を吐いたDilbertの作者Scott Adamsへの批判をそらし、代わりに「メディア」が人種差別的であると非難したことである。

幸運なことに、440億ドルの買収で急回復した運勢からマスクの注意を引くための新しいミッションが登場した。マスクはここ数週間、ChatGPTをめぐる爆発的な注目の中で、新しい研究所の設立を検討するために人工知能の研究者たちに接触しているのだ。米メディアThe Informationによると、その目的は、サンフランシスコのスタートアップOpenAIが立ち上げたチャットボットに代わるものを構築することだという。

マスクの次の大きな探求は、現代で最も変革的な発明の1つであるAIをより良いものにすることのようだ。しかし現実的に、マスクは副業としてOpenAIのライバルを真剣に運営することはできない。膨大な時間とコストがかかってしまうからだ。

ChatGPTは、世界で最も強力なMicrosoftのスーパーコンピューターで学習させた大規模な言語モデルで動いている。大手ハイテク企業が自社の生成AIプロジェクト用にこうしたシステムを集中管理するようになると、同様の計算能力を得ることはますます難しくなるだろう。大規模言語モデルの構築と訓練には、毎週数百万ドルの計算コストがかかる。一方、AI科学者を一括して雇用することは、そうした才能が求められている現在では厄介なことでしょう。

しかし、最先端のAIプロジェクトに投資してきたマスクの歴史からすると、これはおそらく真剣な取り組みなのだろう。10年近く前、彼は超知的マシンや人工知能の構築を競う2つの企業、DeepMindとOpenAIの両方を支援したが、それぞれGoogleとMicrosoftに買収された。彼はその後、OpenAIが「AIを覚醒させるための訓練」であり、かつてのスタートアップの当初の目標が大きな技術によって揺らいだことに不満を表明している。

AI研究に対する企業の影響力が強まっていることについては、マスク氏の言うとおりであり、それを不安に思うこともまた正しい。しかし、彼がTwitterで行った光景は、彼がこれ以上うまくやることができるという自信を抱かせるものではない。The Informationの記事が示唆しているように、マスクはTwitterで作り上げた惨状から抜け出し、他のことに集中したいと望んでいるのかもしれない。

この億万長者の気まぐれな行動や方針は、すでに広告主をソーシャルメディアから遠ざけ、Twitterの新しい購読サービス「Blue」の立ち上げをひどく失敗させた。Twitterには約2億5,000万人のユーザーが定期的に無料でアクセスしているが、そのうち米国ではわずか18万人しか月額11ドルのプランに加入させることができなかったと報じられている。

一方、広告収入は、マスクの無謀なコンテンツ規制の緩和により、サイト上でのヘイトスピーチや嫌がらせが増加し、広告主が早期に流出した後、改善の兆しが見えない。デジタルマーケティング分析会社Pathmatics by Sensor TowerがCNNに提供したデータによると、マスク氏が同社を買収する1カ月前の2022年9月にTwitterに広告を出していた上位1,000ブランドのうち約625社が、1月上旬にはもうこのプラットフォームで支出をしていなかったという。広告主は、窓口を失ったこと、誰がまだTwitterにいるのかわからないこと、メールが「奈落の底」に送られたことを訴えている。

全体として、マスク氏の退任はTwitterにとって良い兆しだと思うかもしれない。しかし、誰が彼の後を継ぐのかという疑問はまだ残っている。技術系ニュースレターPlatformerが火曜日に報じたところによると、マスクはTwitterの次期CEOとしてマスクの忠実な支持者であるスティーブ・デイビスを推すようだ。16時間労働で知られるデイビスは現在、億万長者の他の会社のひとつであるボーリング・カンパニーのCEOとして、本業から出向している。Twitterのスタッフは昨年12月、デイビスがすでにTwitterで日常業務をこなしており、「いつもそばにいる」と話していた。その月、マスクはデイビスに5億ドルのコスト削減を指示したと伝えられている。この幹部は、パートナーとその新生児と一緒にオフィスで寝泊まりしながら、代わりに約10億ドルを削減した。

デイビスは明らかにマスク氏の「極めてハードコア」な文化に適合しているが、だからといって彼がTwitterの財務状況を好転させる適任者であるとは言えない。結局のところ、彼はマスクと同じように広告と購読の問題を監督してきたのだ。

デイビスは、2003年にSpaceXの最初の従業員の1人として入社し、20年間マスクと一緒に働いてきたが、ボーリングでの仕事も多くの未完成プロジェクトに関わってきた。マスクが最初にトンネル建設会社の構想を発表したとき、彼はロサンゼルスとサンフランシスコを結ぶ350マイルのルートを予告した。それ以来、最も重要なプロジェクトは、ラスベガスのコンベンションセンターの下にある1.7マイルのトンネルである。

運が良ければ、マスクはTwitterの倒産を食い止めることができるだろう。しかし、人員不足で運営され、面白くも有益でもないコンテンツが増え続け、手に負えない僻地と化しつつある軌跡に、大きな変化はないだろう。

Sorry, Twitter. Elon Found His Next Shiny Object.: Parmy Olson.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

ML

Comments