クレディ・スイスはリーマン・ブラザーズの再来ではない - Paul J. Davies
2022年9月25日(日)、スイス・チューリッヒにあるクレディ・スイス・グループAGの支店の入り口に掲げられた看板。パスカル・モラ/ブルームバーグ

クレディ・スイスはリーマン・ブラザーズの再来ではない - Paul J. Davies

「将軍たちは一つ前の戦争を戦う」(前回の戦争をもとに戦略を立ててしまい、時代が変わっているのについていけず、敗北する、の意)と言われるが、今まさに多くの人が次のベア・スターンズやリーマン・ブラザーズを探しているようだ。しかし、それは半分だけ正しい。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 「将軍たちは一つ前の戦争を戦う」(前回の戦争をもとに戦略を立ててしまい、時代が変わっているのについていけず、敗北する、の意)と言われるが、今まさに多くの人が次のベア・スターンズやリーマン・ブラザーズを探しているようだ。しかし、それは半分だけ正しい。

これらの投資銀行を破滅に追い込んだ2008年の危機は、サブプライムローンや複雑なクレジット商品から始まったが、銀行システムの大部分で資金が急速に失われたため、壮大なローリング災害となった。

この流動性流出が致命的だったのは、あまりにも多くの銀行(とその半独立した投資ビークル)が短期資金に頼りすぎていたためである。今日でも、企業の財務担当者や資金運用担当者は、気弱になればすぐに多くの場所から手持ちの現金を引き出せるが、14年前と同じ程度には銀行から引き出せなくなっている。

金融危機後の一連の改革により、銀行は資金繰りの悪化に対してはるかに大きな保護を受けている。金融や市場の関係者の多くはまだこのことを十分に理解していないかもしれないが、それは少なくとも、これらの安全対策が深い専門家の不可解な言葉で飾られ、明白な意味を持たない比率で表現されていることが一因だ。

クレディ・スイス・グループは、流動性カバレッジ比率が191%であることを世界にアピールすることができるが、聞く人の大半は困惑したままでしょう。アナリストはさらに、これは、ストレスシナリオにおける30日間の純キャッシュアウトの予測値のほぼ2倍に相当する高品質の流動資産を銀行が持っていることを意味する」と説明することができる。これはCreditSightsの長年の銀行専門家、サイモン・アダムソンの言葉である。しかし、多くの人にとって、これは答えというよりも、まだ多くの疑問を投げかけているのではないだろうか。

金融に精通した人々が銀行の専門家ばかりではないという事実が、下手をすると流動性を議論することを危険なものにしている。2018年のクリスマス直前、当時のスティーブ・ムニューシン財務長官は、誰も聞いていなかった質問に答えるために、突然「米国の大手銀行をすべて呼び寄せたが、全員が十分な流動性を持っていることを確認した!」とツイートした。株式市場は再び下落し、12月中続いていたレバレッジドローンの売り浴びせが始まった。

クレディ・スイスの最高経営責任者(CEO)に就任したばかりのウルリッヒ・クールナーは、9月30日に社員と投資家に宛てたメモで、「危機的状況」という言葉と同時に「強固な資本と流動性の状況」を確認したが、このエピソードを覚えていた方が良かったかもしれない。

しかし、クレディ・スイスだけでなく、どの金融機関にとっても、これらすべてを見るにははるかにシンプルな方法がある。流動性カバレッジ比率や純安定調達比率は、銀行監督当局にとって有用な(と私は思う)洗練されたツールだ。しかし、多くの投資家は、銀行の年次報告書の1ページ、すなわち通常の貸借対照表、特に負債を見直すことで、2008年と現在の違いを確認することができる。

例えば、長期借入金と預金の資金調達における比率を2007年と比較すればよい。クレディ・スイスでは、長期債務(その名の通り、すぐに引き出せない債務)が資金調達の22%を占めている(2007年は12%)。2007年には25%だった預金は、現在53%を占めている。もちろん、預金は最悪の場合、引き出される可能性があるが、スイスでは一般消費者の預金は10万スイスフランまで保証制度で守られており、パニックにならないような配慮がなされている。また、クレディ・スイスの預金通貨(最も簡単に取り返すことができる預金)は、現在、資金調達の26%に過ぎない。

一方、銀行や市場からの短期借入金、トレーディング債務といった安定性の低い資金調達は、2007年の44%に対し、現在は13.5%となっている。

ニューバランス|銀行の負債に占める短期・不安定資金の割合は2008年以前より低下

さて、リーマン・ブラザーズの2007年のアニュアルレポートのバランスシートを見てみよう。リーマン・ブラザーズは、連邦準備制度(FRB)に基づく銀行でも連邦預金保険公社に加入しているわけでもないため、預金残高がないのである。リーマンの顧客はトレーディング口座に現金残高を持っており、2008年にはそれが急速に消失したが、元々バランスシートに占める割合は小さかった。しかし、リーマンは他の銀行や市場からの短期借入金、トレーディング負債、顧客から借りていたその他の資金を多く抱えており、これらは同社の資金調達基盤の77%に上った。長期負債はわずか18%であった。

リーマン・ブラザーズは、2007年当時のクレディ・スイスよりも、ましてや現在のクレディ・スイスよりも、流動性損失に対して脆弱であった。

はっきり言って、本当に悪い経営者は今日でも銀行を爆発させることができる。それは当然のことで、規制は民間企業を完全に無防備にするためのものではない。規制は民間企業を完全に無防備にするものではない。悪い経営者はひどい資産を選び、リスクを理解し管理することに失敗し、従業員や顧客からの信頼を失うかもしれないのだ。しかし、銀行業界、特に最大手の銀行は、バランスシートや資金調達手段を変更せざるを得なくなり、銀行が本当に速く、無秩序に爆発することは難しくなったのである。

銀行が融資を通じて互いに直接的に接する機会は2008年以前より大幅に減少し、資金調達は長期化した。銀行は売却しやすい資産、特に国債や中央銀行準備金の保有比率を高めなければならない。これらのことは、ある銀行が他の種類の企業融資や債券を急速に売却せざるを得なくなり、金融システム全体に損失をもたらすリスクを低減させる。

次のリーマンの瞬間があるとすれば、その震源地は金融市場の別の場所である可能性が高いのである。

Credit Suisse Isn’t the Lehman Moment You’re Looking For: Paul J. Davies

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ