中国、住宅ローン猶予期間を検討 - 怒れる住宅購入者をなだめるために
2018年4月16日(月)、中国・北京の太洋宮地区の住宅前の交差点で、電動自転車に乗った男性が待機している。北京と上海の新築住宅価格は、過去2年間で25%以上跳ね上がっている。Giulia Marchi/Bloomberg

中国、住宅ローン猶予期間を検討 - 怒れる住宅購入者をなだめるために

中国は、住宅市場の信頼危機が世界第2位の経済大国に波及するのを防ぐため、住宅所有者が罰則を科されずに行き詰まった不動産プロジェクトの住宅ローン支払いを一時的に停止できるようにするかもしれないと、この問題に詳しい関係者が明らかにした。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国は、住宅市場の信頼危機が世界第2位の経済大国に波及するのを防ぐため、住宅所有者が罰則を科されずに行き詰まった不動産プロジェクトの住宅ローン支払いを一時的に停止できるようにするかもしれないと、この問題に詳しい関係者が明らかにした。

金融規制当局のまだ最終決定していない提案では、何十万人もの住宅購入者が、クレジットスコアに影響を与えることなく住宅ローンの支払いを一時停止することができるようになるという。この計画は、不動産市場を安定させるための幅広い取り組みの一環であり、開発業者における資金不足を補うために地方自治体や銀行への働きかけも含まれているという。

当局は、住宅ローンの支払いボイコットがここ数日で雪だるま式に増え、金曜日の時点で80都市で少なくとも230のプロジェクトに影響を与えた後、不動産セクターを支援する努力を高めている。広発証券とドイツ銀行のアナリストによると、中国の開発案件で滞っている住宅ローンの総額は2兆元(約41兆円)にのぼるという。

住宅価格の下落を受け、完成した物件の所有者も救済を求めて抗議するようになれば、支払い猶予が逆効果になる可能性もあるが、規制当局はこの動きが市場に信頼をもたらし、開発業者がプロジェクトを完了するまでの時間を稼ぐために必要であると計算しているようである。住宅所有者の資格と猶予期間の長さは、地方政府と銀行が決定することになると、関係者は述べている。

この提案は、まだ中国政府高官の承認を必要としているが、習近平政権内で、中国長江集団の債務問題に端を発し、その後国内の不動産業界のほぼ全域に及んでいる1年以上にわたる不動産危機が社会の安定にもたらすリスクへの懸念が高まっていることを強調するものである。

この騒動は、共産党が過剰な不動産レバレッジと投機を抑制しようとしたことに起因しているが、政策立案者はここ数ヶ月、国の厳しいゼロ・コロナ戦略によって新たに打撃を受けた業界への支援策を打ち出している。

当局は社会不安の兆候に特に敏感で、今月初めには住宅ローンの不買運動に関するクラウドソーシングの文書を検閲している。習近平は今年の指導者会議で、前例のない3期目の政権を獲得すると予想されているため、社会の安定に重きを置いていると広く考えられている。

住宅ローンの不買運動に加えて、河南省では5月以降、史上最大の銀行詐欺に対する抗議運動が激化している。警察の捜査はまだ続いているが、当局は先週から被害者のほとんどに返済を始めた。

習近平政権、住宅所有者、投資家にとって、この事件は大きな意味を持つ。パンテオン・マクロエコノミクスによると、国内の家計資産の約70%が不動産として保管され、銀行の融資残高の30-40%を占め、土地の売却額は地方政府の歳入の30-40%に相当するという。住宅ローンの不買運動は中国株を暴落させ、中国の信用市場のストレスを高め、鉄鉱石から銅に至るまでコモディティの価格を引きずり下ろした。

「最悪のシナリオでは、住宅が広範な金融システムの基盤として機能していることから、この問題はシステミックな金融リスクと社会の不安定性を引き起こす可能性がある」と、グローバルビジネスアドバイザー会社Teneoのマネージングディレクター、Gabriel Wildauはメモに書いている。「政策立案者は、この新たな危機を食い止めるために迅速に行動する可能性が高い」

投資家はすでに、政府介入の初期の兆候を歓迎している。中国銀行保険委員会が発行した新聞に、規制当局が銀行に対し、未完成の住宅プロジェクトを完成させるために開発業者への融資を増やすよう促したと報じられると、開発業者の株価は月曜日に急上昇し、先週の急落分を一部取り戻した。銀行が住宅所有者に救済措置を講じたり、問題のある不動産プロジェクトに新たな融資を行うことで利益が減る可能性があるにもかかわらず、この上昇は銀行株にも及んでいる。

規制当局はまた、国内最大の住宅ローン貸し手である中国建設銀行に対し、特定の地方政府と共に、まだ買い手が見つかっていない建設中のプロジェクトを購入し、長期賃貸用マンションに転換する目的でファンドを設立する試験プログラムを検討するよう要請したと、この問題に詳しい関係者は述べている。中国建設銀行は、コメントの要請にすぐには応じなかった。

銀行はこれまで、住宅ローン市場で高まるストレスに対処できると述べており、最新のデータによると、デフォルト率は全国で約0.3%となっている。金融機関は、ボイコット運動に関連した住宅ローンの延滞が21億元、またはポートフォリオの1%未満であると報告している。中国の銀行は全体で38兆元の住宅ローン残高と13兆元の開発業者への融資を抱えている。

しかし、不動産市場は中国の金融システムが直面している無数の問題の一つに過ぎない。今年初め、中国最大の国有銀行の一つである交通銀行の劉軍総裁は、金融機関は30年の銀行人生で最も困難な年に直面していると述べ、コビッド、地政学的リスク、内需の縮小を理由に挙げている。

Bloomberg News. China Weighs Mortgage Grace Period to Appease Angry Homebuyers.

© 2022 Bloomberg L.P.