ロシア侵攻の標的はウクライナ全土、バイデンはさらなる制裁を約束
2021年のウラジーミル・プーチン大統領. Photographer: Vladimir Smirnov/AFP/Getty Images

ロシア侵攻の標的はウクライナ全土、バイデンはさらなる制裁を約束

【ブルームバーグ】ウラジーミル・プーチン大統領がウクライナの非武装化作戦を指示した後、ロシア軍はウクライナ全土の標的を攻撃。ウクライナの外相は「本格的な侵略」と呼び、バイデン大統領は制裁強化を約束した。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】ウラジーミル・プーチン大統領がウクライナの非武装化作戦を指示した後、ロシア軍はウクライナ全土の標的を攻撃し、ウクライナの外相は「本格的な侵略」と呼んだ。

プーチン大統領は、この攻撃に先立ち、全国放送の演説でウクライナの兵士たちに武器を捨てて家に帰るよう訴えた。プーチン大統領は、ロシアは南の隣国を「占領」するつもりはないが、「ウクライナを人質に取った者たちから自らを守らなければならない」と述べ、米国とその同盟国がNATO同盟を拡大することでロシアの「レッドライン」を越えていると非難した。

Vladimir Putin delivers an address on Feb. 22.
Vladimir Putin delivers an address on Feb. 22.

ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は、ロシア軍が都市を攻撃していると警告し、市民にキエフへのミサイル攻撃を避けるためにシェルターに隠れるよう促し、全国に戒厳令を発令しました。また、ジョー・バイデン大統領と話し、「米国は国際的な支援の準備を始めた」と国民に伝えたという。

「ロシアは我々の軍事インフラと国境警備隊を攻撃した」とゼレンスキーは述べた。可能であれば、落ち着いて家にいるようにと呼びかけました。「我々は働いている。軍は働いている」

ロシアの国防相は、今回の空爆はウクライナの軍事インフラを狙ったものであり、住民に脅威を与えるものではないと述べたと国営タスが報じた。

バイデンは、プーチン大統領の動きを「ロシア軍によるいわれのない不当な攻撃」とし、「世界はロシアに責任を取らせる」と述べた。さらにバイデンは、木曜日に7カ国グループの代表者と会談した後、アメリカ国民に向けてモスクワへのさらなる処罰を発表すると述べた。

「プーチン大統領は、壊滅的な人命の損失と人的被害をもたらす計画的な戦争を選択した」とバイデンは声明で述べた。「この攻撃がもたらす死と破壊の責任はロシアだけが負うものであり、米国とその同盟国およびパートナーは団結して断固とした方法で対応する」

市場の混乱

木曜日、プーチン大統領の決定が世界の市場に暗い影を落としたため、米国の株式先物と株は暴落し、債券は急騰、原油は高騰した。S&P500とNasdaq100の株価は約2%下落し、ハイテクに強いS&P500とナスダック100は弱気になっていることを示している。欧州市場は約3%の下落となり、アジア太平洋地域の株式市場は2020年以来の低水準となった。

原油は、ロシアのエネルギー輸出に対するリスクの可能性から高騰し、ブレントは1バレル100ドルに達した。より安全な投資への逃避で、米国の10年債利回りは1.90%まで低下した。金は2021年初頭以来の高値を記録した。ドルと円は急上昇し、ユーロとルーブルは後退した。

米国とその同盟国は数週間前から、首都キエフを含むウクライナへの本格的な侵攻の可能性を警告しており、プーチンが国境に15万人の軍隊を集結させていると推定していた。

ウクライナのドミトロ・クレバ外相は、「これは侵略戦争だ」とツイートしている。「ウクライナは自らを守り、勝利するだろう」

プーチン大統領は演説の中で、侵攻の目的は「8年間、キエフ政権による迫害と虐殺を受けてきた人々を守るためだ」と述べた。

非軍事化と非ナチス化

「そのために、我々はウクライナの非武装化と非ナチス化を目指すとともに、ロシア連邦の市民を含む一般市民に対して複数の血なまぐさい犯罪を行った者を裁くことになるだろう」と述べた。「我々の計画には、ウクライナの領土を占領することは含まれていない」。

国連安全保障理事会のメンバーがプーチンにエスカレートしないよう求め、アントニオ・グテーレス国連事務総長が珍しくプーチンに直訴した中でのプーチンの動きでした。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は、珍しくプーチンに直訴した。「私が心の底から言えることはただひとつ。プーチン大統領、あなたの軍隊がウクライナを攻撃するのを止めてください」とグテーレスは言いました。「平和のチャンスを与えてください。あまりにも多くの人々がすでに亡くなっている」

NATOの首脳陣は、ロシアには加盟に対する拒否権はないとしているが、NATOは長い間、ロシアの加盟をめぐって意見が分かれていた。バイデン政権は、米軍やNATO軍をウクライナに派遣することを繰り返し否定しており、代わりに東欧の他のNATO同盟国を強化している。

また、ウクライナ軍が分離主義者の陣地に向かって移動していないため、プーチンが分離主義者の軍を何から守っているのかは明らかではなかった。

クレムリンは23日、ウクライナ東部の分離主義者の指導者たちがプーチンにウクライナ軍との戦いを助けてほしいと訴えたと発表した。ドネツクとルハンスクの2つの自称共和国は、プーチンが月曜日に彼らのリーダーと署名した条約に基づいて支援を求めた。

これに先立ち、ウクライナのゼレンスキー党首は国民への演説の中で、ロシアがウクライナ東部の分離主義者を支援する動きがあれば、緊張がエスカレートする可能性があると述べた。ウクライナはロシアにとって脅威ではないが、攻撃されれば自衛するとゼレンスキー氏は演説で述べた。同氏によると、プーチン大統領は水曜日に電話での対話を求めたが応じなかったという。

ロシアは、プーチンがウクライナへの侵攻を意図しているという米国の主張を、「ヒステリー」や「プロパガンダ」として繰り返し否定している。

ドネツクとルハンスクの分離主義者は、23日の時点で2つのウクライナ地域の約30%の領土を保持しており、残りは政府軍の支配下にある。

取材協力:David Wainer、Peter Martin、Jordan Fabian、Eduard Gismatullin

Daryna Krasnolutska, Vladimir Kuznetsov. Russia Attacks Targets Across Ukraine; Biden Vows More Sanctions. © 2022 Bloomberg L.P.