電力

「電力」とは単位時間に電流がする仕事(量)のことである。電力は電池や発電機で作られている。電力は個人が小規模に作ることも可能である。たとえばソーラーパネルや小さな風力発電機や小さな水力発電機などを用いて、家庭で消費する電力をまかなったり、家庭で消費する以上につくり余剰分を販売することもできる。電力を商品として(供給)販売することで収益(売上)や利益を得ている会社を電力会社と言う(世界的に見ると電力会社には様々な規模のものがあり、大手もあれば小規模のものもある。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

ウクライナはいかに前代未聞の速さで電気系統の接続をロシアから欧州へと転換したか

ウクライナはロシアの侵攻をうけ、驚異的な速度で電気系統の接続をロシアから欧州へと転換することが求められた。エンジニアは「1年分の仕事を2週間で」安全にこなすことを実現した。