兵士によるTikTokの利用はセキュリティリスクをもたらすと米規制当局が証言
Photographer: Hollie Adams/Bloomberg

兵士によるTikTokの利用はセキュリティリスクをもたらすと米規制当局が証言

軍によるTikTok利用は安全保障上のリスクを米規制当局が証言。FCC委員のカー氏は位置情報が北京に流れる可能性を指摘した。TikTokは個人の端末に「浸透している」とカー氏が下院小委員会で証言している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 米軍兵士はソーシャル・メディア・サービス「TikTok」の利用で国家安全保障を脅かしていると、動画共有アプリをオンラインストアから削除するよう求めてきた連邦通信規制当局者が証言した。

連邦通信委員会(FCC)の共和党メンバーであるブレンダン・カー氏は、水曜日に開かれた下院の委員会で、「いくつかの軍隊はTikTokを公式デバイスから禁止しているが、個人のデバイスでは広く使われており、これは我々が対処しなければならない課題だと考えている」と述べた。

「我々は、データが北京に戻ることを非常に懸念している」とカー氏は述べた。「TikTokの場合は、ポケットの中にあるデバイスだ。それが軍事施設の中に入っていく。位置情報を見ているわけだから、軍隊の動きに関する情報を得ることができる」

カーは、詐欺や金融詐欺から軍人と退役軍人を保護するための下院公聴会で証言した。このセッションは、下院監視改革委員会の国家安全保障小委員会によって開催された。

ウィスコンシン州選出の共和党員、グレン・グロースマン下院議員は、「TikTokのような外国製アプリで起きている情報窃盗について語らずして、退役軍人詐欺について語ることはできない」と述べた。

TikTokは、米国人の個人データが中国の権威主義政権に渡った可能性があるとして、米国当局から質問を受けている。カー氏は先月、AppleとGoogleに、この人気ビデオアプリをストアから削除するよう書簡で要請した。水曜日の公聴会でカー氏は、Appleの回答を待っているところだと述べた。この問題に詳しい人物によると、Googleは回答してきたという。

TikTokの対応

ByteDance Ltd.が所有するTikTokは、6月30日の書簡で、中国にいる特定の従業員が米国ユーザーの情報にアクセスできると述べたが、情報が中国共産党に行くことは否定した。

「TikTokに関するカー委員の主張は、古い情報、当社のプライバシーポリシーの誤読、BuzzFeedの不正確な報道から引っ張ってきたようだ」と、TikTokの広報担当者は水曜日に電子メールで述べた。「FCCはアプリやアプリストアに関連する国家安全保障の問題を管轄しておらず、専門知識をもたないが、米国のユーザーデータを安全に保つための当社の取り組みについて、カー委員のスタッフに説明することを楽しみにしている」と述べている。

今月、ソーシャルネットワークは、社内のセキュリティプロトコルをクリアした米国外の特定の従業員が、米国ユーザーの情報にアクセスできると述べた。TikTokはまた、米国政府と協力してユーザー情報、特に対米外国投資委員会(CFIUS)によって「保護」されると定義された情報のセキュリティを強化すると述べた。

この新しい取り組みには、ソフトウェア大手オラクルが所有する米国のサーバーにあるデータセンターで米国の情報を物理的に保管することも含まれている。

カー氏は2日、TikTokが「大量の個人情報や機密データを採取する高度な監視ツールとして機能する」と述べた。

「世界中の米軍兵士が、自分の兵舎のビデオや音声をアップロードするTikTokの流行に参加している」と、カー氏は議員に語った。「複数の米国施設だけでなく、イギリス、韓国、日本、イタリア、ドイツ、アフガニスタンなど、遠く離れた地域からも、何百ものビデオツアーが投稿されている」

FCCはアプリストアを規制していない。しかし近年、FCCはセキュリティリスクを理由に、一部の中国系通信事業者の米国市場参入を禁止している。

-- 取材協力:Davey Alba

Todd Shields, Alex Barinka. TikTok Use by Military Poses Security Risk, US Regulator Testifies.

© 2022 Bloomberg L.P.