ソニーはエンタメ事業に牽引されている―Tim Culpan
2022年5月18日(水)、東京で行われたソニーグループ株式会社の記者会見。Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソニーはエンタメ事業に牽引されている―Tim Culpan

ソニーの上半期の売上高と営業利益の増加は、ほぼすべて為替レートが円安になったことによるものだ。しかし、音楽と映画のバックカタログが常に貢献しているため、投資家はまだ楽しめるだろう。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) – ソニーグループ株式会社がエンターテインメントビジネスを行っていることは忘れられがちだ。最近ではプレイステーションでより有名になったが、同社は近年、電子部品事業でも多くの注目を集めており、一部の投資家は同事業の分離を望んでいる。

しかし、映画、音楽、テレビは、ストリーミングサービスの成長、有利な為替環境、安定した収益源をもたらす豊富なカタログのおかげで、この1年で徐々に主要な利益ドライバーになりつつある。ブルームバーグ・オピニオンの分析によると、9月までの12ヶ月間、音楽と映画という2つのユニットの営業利益への貢献度は28.5%で、過去6年間で最高となった。

音楽配信は特に収益性が高く、9月期の売上は2年前の2倍に達した。これは、円安と、録音された音楽と他のアーティストが演奏した楽曲の出版権の両方に対してソニーに対価を支払う、スポティファイ・テクノロジーとアップルのサービスの人気上昇に助けられたものだ。ボブ・ディランとブルース・スプリングスティーンの作品カタログを、合わせて7億ドルで購入したことは、先見の明があったことを証明することになるかもしれない。ソニーは火曜日、Spotifyでストリーミングされた上位100曲の3分の1以上が、ソニーのコレクションによるものだと発表した。

That's Entertainment|ソニーの音楽、映画、テレビ事業は、今や収益の大きな原動力となっています。

『Bullet Train』と『Where the Crawdads Sing』の公開に加え、Amazon.com Inc.のストリーミングサービスPrimeの『The Boys』とNetflix Inc.の『Cobra Kai』の新シーズンでトップラインに加えて、すべてソニーが製作した作品となっている。この増収は、円安の恩恵もあり、マーケティング費用の増加を相殺した。この結果、ソニーは通期の営業利益見通しを音楽と映像でそれぞれ15%上方修正した。

この上方修正はタイミングがよかった。ゲーム部門は特に期待外れで、ソニーは今年2度目の減益見通しを12%引き下げ、待望の続編『ゴッド・オブ・ウォー・ラグナロク』の発売を10日も前に控えた。また、9月期の「プレイステーション 5」の販売台数は330万台にとどまった。これは、チップ不足で供給がひっ迫した前年同期と同じだ。

ソニーは12月のホリデーシーズンに大きな賭けに出ており、十時裕樹最高財務責任者は投資家に対し、9月期に650万台のデバイスを生産し、このシーズンに欠品が販売に影響しないよう備蓄するための明らかな動きであると述べている。

円安が収益に貢献|ソニーの上半期は円安が収益と利益の大きな原動力となった

円安がいかに有益であったかを理解するために、売上高が据え置かれたにもかかわらず、通期の利益見通しを10%上方修正したチップ製造部門であるイメージング・センシング・ソリューション部門をみてみよう。

ソニーの上半期の売上高と営業利益の増加は、ほぼすべて為替レートが円安になったことによるものだ。しかし、音楽と映画のバックカタログが常に貢献しているため、投資家はまだ楽しめるだろう。

Tim Culpan, Gearoid Reidy. Sony’s Earnings Become Entertaining Again: Tim Culpan.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ