マストドンについてみんながつぶやく理由―Tim Culpan
スマートフォン上のマストドンのウェブサイト。Gabby Jones/Bloomberg

マストドンについてみんながつぶやく理由―Tim Culpan

世界一の富豪として知られるイーロン・マスクは、Twitterをたった1人で経営しているか、あるいは肥大化した従業員が運営する金食い虫の地獄から救っているかのどちらかだろう。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) — 世界一の富豪として知られるイーロン・マスクは、Twitterをたった1人で経営しているか、あるいは肥大化した従業員が運営する金食い虫の地獄から救っているかのどちらかだろう。

どちらの側につくにしても、Twitterをやっているのであれば、どちらかの側につかなければならないが、彼が何千人ものユーザーを代案を探すために急がせているのは間違いないだろう。今のところ、最も注目されている代理人は、1ヶ月前まではほとんど聞いたこともなかったドイツのソーシャルネットワーク、Mastodon(マストドン)だ。

10月下旬にマスクがTwitterを正式に掌握してから数日の間に、100万人以上の人々がマストドンのネットワークに集まり、アクティブユーザーを170万人以上に押し上げた。

その数が3倍近くになったことは、2016年にオイゲン・ロッコがコンピュータサイエンスを学ぶ大学を卒業し両親と暮らしていた頃に始めたコミュニティにとって大きな後押しとなる。しかし、Twitterが主張する2億人のユーザーや、ましてやFacebookやInstagramを含む一連のサイト全体で37億人を抱えるMeta Platforms Inc.とは比較にならない。Twitterがいつか億万長者に所有されるのではないかという先見の明からオープンソースプロジェクトを始めたロッコは、現在もこのベンチャー企業を運営するために設立された会社の最高経営責任者(CEO)である。彼は昨年、主に寄付者とPatreonのサブスクライバーから、わずか55,300ユーロ(57,000ドル)の収入でやりくりしている。

Google Trendsのデータによると、「Mastodon」という用語の検索が大幅に増加している。ベルリンを拠点とするこのサイトに対する好奇心は、4月下旬、マスクがTwitterを440億ドルで非公開化する計画を発表した後に、初めて急上昇した。その後、マスク氏が買収を回避するために争い、先月に買収が完了することが明らかになると、関心が一気に高まった。

マストドンの関心|イーロン・マスクのTwitter買収に連動して

英国のネットワークおよびウェブホスティングプロバイダーであるFasthosts Internet Ltd.のセールスおよびマーケティングディレクターであるミシェル・スタークは、「地球上で最も人気のあるソーシャルメディアサイトから人々が大量に流出したとは明らかに見ていないが、人々は実際にそこから離れることを検討し始めており、また代替手段を探していることをデータは明確に示している」と最近書いている。

マストドンのユーザー数が増え続ける可能性は十分にある。また、多くの人がこのTwitterの代用品を気に入って定着する一方で、何千人もの人が離れていく、あるいはアカウントを休眠させることになる可能性もある(ちなみに、象によく似ているが、今は絶滅したマストドンは、実は別の哺乳類である)。

言っておく必要がある。マストドンは次のTwitterではない。そして、それでいいのだ。そうであるべきではないのだから。

マストドンにあるのは、1つのソーシャルメディアサイトですらない。むしろ、コミュニティが「フェデレーション」と呼ぶ、独立して運営・管理される、関連・接続されたチャットルームの集まりのようなものだ。これらの部屋はサーバーと呼ばれ、それぞれのコンピュータでホストされながら、一緒に接続されている(5,700以上ある)。本当の意味でのネットワークだ。ロッコは、4月のプレスリリースで、その違いを次のようにまとめている。

「Twitterとは異なり、マストドンの中心的なウェブサイトはありません。OutlookやGmailに登録するのと同じように、アカウントをホストするプロバイダーに登録し、異なるプロバイダーを使っている人々をフォローし、交流することができるのです」

この小さなソーシャルメディアサイトの緩やかな集まりが、マストドンの核となる強みであり、最大の弱点でもある。

異なるトピックに関する会話や議論を盛り上げる単一のフィードではなく、各サーバーはテーマごとに分かれており、創設者やモデレーターが定めたルールに従って運営されている。

「自分が納得できるルールのサーバーに参加するか、自分で主催するかだ」とマストドンはアドバイスする。「あなたのフィードは、あなたによってキュレートされ、作成されます。我々は、広告を提供したり、あなたが見るためにプロフィールをプッシュすることはありません」。マスクのTwitterは、一方では、悲惨な結果で、月額8ドルで信憑性を販売し始めた。

ほとんどの新規ユーザーは、mastodon.onlineやmas.toといった一般的なルームにサインアップしてから、特定の関心事に引き寄せられる。fosstodon.orgはソフトウェア愛好家向け、climatejustice.socialは気候変動だ。mastodon.lolは「アンチファシスト、LGBTQ+コミュニティのメンバー、アクティビスト運動、ハッカー、『言論の自由』が唯一の重要な人権だと考えない人たち、に優しい」のだそうだ。

このような利害関係による区分けは、マストドンをTwitterやFacebookよりも、RedditやDiscordに近いものにしている。例えば、猫の写真が警察の残虐行為についての議論に混ざることはまずないだろう。これは、理論的には少数派や不利な立場にあるグループにとって安全な場所であり、荒らしや嫌がらせが横行し、コンテンツモデレーターの軍隊がマスクが会社の半分を解雇する前でさえ維持するのに苦労していたTwitterに明らかに欠けている機能であることを意味する。

しかし、それはまた、マストドン・サイトが、陰謀論や政治的正しさに対してよりオープンなフォーラムがもたらす消毒の日光を欠いた、類似した見解やイデオロギーのエコーチェンバーになる可能性がより高いことを意味している。ハッピーダンスやキュートなミームを提供するTikTokの人気が高まっていることは、対立を避けることがソーシャルメディアサイトにとって非常に魅力的な特性であることを示している。マストドンがニッチを見つけ、より強くなっていく理由もそこにある。

結局、マストドンは公共の町の広場にはならないだろうが、少なくとも、青い鳥の新しい所有者をからかったために追放されたコメディアンを引き付け始めている。その代わり、騒々しく堅牢な議論の場を求めるTwitterユーザーは、言論の自由の基準を決める億万長者によって運営されているという事実を受け入れる必要があるかもしれない。

Tim Culpan. Why Everyone’s Tweeting About the Mastodon in the Room: Tim Culpan.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ