最も重要な健康指標は指先にある―Tim Culpan
Licensed under the Unsplash+ License

最も重要な健康指標は指先にある―Tim Culpan

私たちは、この強力な新しいヘルスケア指標を手にしているが、それでも人生はたった一つの数字に集約されるものではあらない。自分自身の健康管理は、ガジェットやデータにアウトソーシングすることはできない。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 何世紀もの間、医師は患者の健康状態を迅速に評価するために、さまざまなバイタルサインを利用してきた。最近では、ERを訪れると5つもの測定が行われ、それぞれが複雑な人体の内部で何が起こっているかを知るためのユニークな手がかりとなることがある。しかし、最近、その人の健康状態を知る上で、最も有用な情報が得られるかもしれない新しい数値が登場した。

心拍変動(HRV)は、病気や怪我、運動からの回復を見極め、肉体的・精神的ストレスのレベルを追跡し、さらには心不全の予測因子として機能する。画像センサーなどの技術の進歩により、現在ではチェストストラップやスマートフォンがあれば、誰でもHRVを測定できるようになった。

一般的な計測では、心拍数と呼吸数が最もシンプルで、秒針のついた時計があればカウントできる。体温、血中酸素濃度、血圧については、より専門的な機器が必要だが、これらも非常に簡単だ。血圧測定の歴史は300年前にさかのぼり、スティーブン・ヘイルズ牧師が馬にチューブを刺して、血液の柱がどれだけ高く上がるかを確かめたのが始まりだ。現在では、腕にカフを装着し、電子機器を取り付ければよい。

心拍数が1分あたりの拍動を示すのに対し、変動はその心収縮の間の時間差の変化を示す。心拍は呼吸と高い相関がある。息を吸うと速くなり、吐くと遅くなる。そして、この差が変動性の指標となる。しかし、体が疲れてくると、息を吸うときと吐くときの心拍数の差は小さくなる。

心拍数の変化|どちらの線も同じ心拍数(約60bpm)を示している。しかし、よく見てください。上のグラフは995ミリ秒と一定に保たれている。下のグラフは、少し差があり、短くなったり長くなったりしている。この1拍ごとの変化は、心拍変動として知られている。

HRVの測定は、従来の測定基準よりもやや複雑だ。なぜなら、心臓の拍動を検出、計測、記録し、統計解析を行って変動を算出するためには、より精密な装置が必要になるからだ。2人の患者の心拍数(HR)がまったく同じでも、その差(HRV)が異なることがあるため、正確さが非常に重要なのだ。

ヘイルズは心拍数と呼吸の関係を観察し、ドイツの医師カール・ルートヴィヒは後に、心拍数が呼吸サイクルの位相によって変化することを指摘した。しかし、HRVの近代的な標準測定法が広く認められるようになったのは、1990年代半ばになってからだ。ちょうど、心臓発作後の死亡率を予測する指標としての価値が研究により指摘された時期でもありた。心電図 (ECG) 装置は、心臓モニタリングのゴールド スタンダードであり、HRVの測定が可能だ。しかし、この装置は扱いにくく、高価なものだ。

半導体の進歩により、胸ストラップから正確な測定値を得ることができる優れたセンサーが登場した。この10年間では、iPhoneのカメラとフラッシュを使って、指先の血流を感知し、正確に脈拍を記録できるようにまで進歩した。

このように手軽に使えるようになったことで、新しいアプリやガジェットが次々と登場し、HRVの仕組みや測定項目、活用法に関する研究も盛んに行われている。

人体を制御する多くのプロセスの中に、消化、呼吸、心拍数などの機能を制御する自律神経系がある。この自律神経系には、交感神経と副交感神経の2つがあり、体の必要に応じて互いにバランスを取りながら、陰陽のように働いている。

心拍数は1分間に60回程度が正常と思われがちだが、何も調節していない状態での人間の本来の心拍数は、100回近くある。副交感神経の働きにより、安静時には心拍数は低くなる。

バイタルサインが示す健康のヒント|医療従事者や患者は、様々な指標を追跡することで健康や幸福のヒントを得ることができる。

交感神経と副交感神経の間を行き来するのは、ストレスと呼ばれる単純なものだ。この言葉は時に誤解されやすく、心配事や恐怖心といった心理的な問題と結び付けられることが多いようだ。しかし、楽しいと感じる活動でも、負担がかかるとストレス反応を引き起こすことがある。例えば、ベンチプレスで100ポンド(約157kg)を持ち上げる、バスに向かって疾走する、合唱団で歌うなどだ。怪我、病気、睡眠不足、夜の街、日常生活における試練などは、すべて自律神経系に反応を引き起こする。HRVは、これらの変化を追跡することができる。

「心拍数は、病気や過度のアルコール摂取といった非常に強いストレス要因以外では、ほとんど変化しないかもしれないが、HRVはより顕著な変化を示します」と、データ科学と人間の動きの両方でトレーニングを受け、アプリHRV4Trainingを設立したMarco Altiniは最近私に教えてくれた。

大きな障害となっているのは、正確で使用可能なデータを収集することだ。体温や血圧など他の指標は、瞬時に測定し、集団平均と比較し、すぐに対処することができる。一方、HRVは非常に個人的なものであり、何日もかけて、毎回同じような状況下で基準値を照合する必要がある。朝のコーヒーを飲んでいるときに測定した変動と、夕食後に測定した変動とは比較にならないのだ。

広く受け入れられているのは、毎朝起きてすぐ、通常1分から5分程度で測定する方法だ。Polarのチェストストラップは、Elite HRVやKubiosHRVなど多くのアプリとペアリングでき、HRV4Trainingのようにカメラとフラッシュを利用して心拍を感知するアプリもある。

Garminのスマートウォッチ、Whoopのフィットネスバンド、Ouraのスマートリングなど、睡眠中に自動的にHRVをトラッキングできるデバイスもあり、ユーザーは時間を確保することなく状況を把握することができる。しかし、スマートウォッチの中には、サンプリングが散発的で、不正確なデータになるものもあるので、消費者は注意する必要がある。

日常生活にHRVを取り入れることは、依然として最大の課題である。現在、さまざまなガジェットが毎日ストレススコアを提供しているが、ユーザーは、1日のフィードバックを過度に解釈したり、「完璧な数字」を追い求めたりする誘惑に負けないようにする必要がある。そうすると、有害なノセボ効果につながる可能性がある。

「HRVをフィードバックとして利用することで、穴があく前に有意義な調整を行うことができます」とAltiniは指摘する。「過去10年間で、我々はHRVを測定することができるようになりましたが、次の10年間で、我々は、運動、食事、睡眠、マインドフルネスといった、通常の容疑者から始まる有意義な介入を実施することができるようになるかもしれません」

私たちは、この強力な新しいヘルスケア指標を手にしているが、それでも人生はたった一つの数字に集約されるものではあらない。自分自身の健康管理は、ガジェットやデータにアウトソーシングすることはできないのだ。

The Most Important Health Metric Is Now at Your Fingertips: Tim Culpan

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ