投資家はクラウド企業の業績の小さな揺れにすら過剰反応する―Tim Culpan
2019年4月9日(火)、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催された「Google Cloud Next '19」カンファレンスで講演し、ステージを降りるGoogle LLCのクラウドサービス担当最高経営責任者(中央)のトーマス・クリアン氏。

投資家はクラウド企業の業績の小さな揺れにすら過剰反応する―Tim Culpan

株式市場の低迷、ドル高、景気後退が迫る中、2つのハイテク企業が戦略的に重要な事業で堅調な数字を記録した。しかし、投資家はまるで『シンプソンズ』の登場人物のように、あらゆることに腹を立て、非常に不機嫌な反応を示した。投資家の不満は理解できるが、特に有益ではない。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- Microsoftはクラウドサービスで35%の伸びを記録した。Alphabetの自社クラウド部門は予想を上回り、損失を縮小した。しかし、両銘柄とも低迷した。

株式市場の低迷、ドル高、景気後退が迫る中、2つのハイテク企業が戦略的に重要な事業で堅調な数字を記録した。しかし、投資家はまるで『シンプソンズ』の登場人物のように、あらゆることに腹を立て、非常に不機嫌な反応を示した。投資家の不満は理解できるが、特に有益ではない。

Microsoftの消費者向け部門が問題を抱えていることは知っていた。アナリストが2%減と予測した中で、More Personal Computing部門が前年とほぼ同じ売上を計上したことは、驚異的なことだった。同社の3つの事業部門のうち最も小さなこの部門は、為替レートが上昇していなければ、3%の成長を達成できただろう。しかし、同社の主力製品であるウィンドウズ製品の売上は6%減少しました。これは、消費者と企業が危機感を抱き、PCの購入を控えているため、ソフトウェア需要に直接影響するという単純な理由によるものです。Xboxのコンテンツおよびサービスの売上は減少し、消費者のゲーム離れを示している。

第2位の生産性・ビジネス分野は9%増と、アナリストの予想を上回った。オフィス製品の売り上げが伸び、ソーシャルネットワークのリンクトインも勢いを増している。しかし、インテリジェント・クラウドと呼ばれる最大セグメントでは20%の成長でも、株主を満足させるには十分ではなかった。

空を持ち上げる|Microsoftのクラウド部門は、他が低迷する中、依然として成長の主役だ

Azureとその関連クラウド製品は驚異的な成果を上げたが、それだけでは不十分だった。バークレイズ証券のアナリストは、為替変動の影響を除いた成長率は42%で、コンセンサスの42.6%にわずかに及ばなかったと書いている。セルサイドのアナリストの反応をざっと見てみると、同じようなテーマがあることがわかる。

次に、かつてGoogleとして知られていたAlphabetに目を向けると、同社のクラウド事業は依然として赤字であることがわかる。しかし、最も可能性を感じさせる事業でもある。会社全体が6%の成長率を記録し、他のすべての分野がプラスとマイナス両方の一桁台の数字を返す中、クラウドは四半期で38%の上昇を記録した。また、同部門の営業損失率は、前年同期の16%から10%に縮小している。

キャッチアップ|Googleのクラウド部門は一貫してアウトパフォームの成長を続けている

Alphabetとその投資家にとっての問題は、クラウド部門が総収入のわずか10%という規模に過ぎないということだ。一方、同社の他の部門は、広告販売というかなり気まぐれなビジネスに依存しており、現在のマクロ経済環境ではますます困難な課題となっている。

極小|最近の経済的不安の中で広告に大きく依存するGoogleの成長するクラウド事業は、それを補うには小さすぎる。

株主がこの2社の決算発表に過剰に反応するのは、「もっと欲しい」という、まぎれもなく単純な理由からである。

近年まれにみる景気後退に直面し、広告のような消費者心理に依存するビジネスは苦境に陥るというのが通説になっている。しかし、クラウドサービスは比較的新しい製品であり、世界的な不況に直面していないため、より強固であるはずです。個人も企業も、情報、計算能力、娯楽コンテンツなどの多くを他人のサーバーに移行すれば、そのプロバイダーと何らかの関係を持つことになり、継続的に料金を払い続ける可能性が高くなります。これは、デジタル版「剃刀と刃物」モデルである。

このような不況に対する防波堤のおかげで、Microsoftの株価は、AlphabetやMetaのような広告依存のビジネスよりも回復力がある。しかし、クラウドが高インフレと低成長から人々を守るという取引条件を満たしていないという突然の見解に、投資家は出口に向かって走り出した。

不況への防波堤|Microsoft株は、広告に大きく依存する同業他社よりも回復力があることが証明された

Microsoftの12月期業績見通しに対する膝を打つような反応は、市場が今いかに敏感になっているかを浮き彫りにしている。最高財務責任者(CFO)のエイミー・フッドが電話会議で、Azureクラウド事業の売上が前四半期比5%減、つまり前年同期比37%増になると述べた直後、株価は急落した。同社のパーソナルコンピューティング部門は16%減、プロダクティビティ事業は約5%増、より広いインテリジェントクラウド部門(Azureとその他のサーバーソフトウェアの両方を含む)は17%増となる見込みだ。しかし投資家は、Azureの37%増は期待外れだと感じている。

『シンプソンズ』のキャラクターが雲に向かって怒鳴るというあの古典的なミームは、変えようのないものに怒ることの老練さを象徴しているが、これまで以上に関連性が高まっている。投資家は、雲がやっていること、つまり、他のすべてが地に足をつけたまま、高いところに浮かんでいることに不満かもしれないが、本当に良い選択肢はないのだから、それを受け入れることを学んだ方が良い。

Tech Investors Overreact Like They’re Yelling at a Cloud: Tim Culpan

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ