米トラック排出量削減計画、業界団体が「最悪の時期」と反発
2022年1月29日(土)、米国テキサス州ミッドランド近郊の道路を走行するトラック。 カメラマン:Matthew Busch/Bloomberg

米トラック排出量削減計画、業界団体が「最悪の時期」と反発

バイデン政権は窒素酸化物排出に関する新たな規制を提案しているが、物流業界は、運転手不足とサプライチェーンの問題に直面しているため、これ以上ないほどタイミングが悪いと述べている。

ブルームバーグ

バイデン大統領は、トラックからの窒素酸化物排出に関する新たな規制を提案しようとしており、環境保護主義者たちは規制の執行が長い間遅れているとしている。しかし物流業界は、運転手不足とサプライチェーンの問題に直面しているため、これ以上ないほどタイミングが悪いと述べている。

トラック運送会社は、新しいドライバーを雇い、埠頭からの貨物の移動の遅れやその他のサプライチェーンのねじれに対処するために費やしている金を考えると、基準を満たすために新しい車両に何百万ドルも費やさなければならないのは破壊的だと主張している。

全米トラック協会の環境問題担当副会長であるグレン・ケジーは、「トラック運送会社が、これらの新しい中型車や大型車に課せられる高い経済的負荷に耐えられることと、メンテナンス費用が劇的に増加しないことを確認しなければならない」と述べた。

環境活動家たちは、カリフォルニア州が2020年に提案した、大型トラックの窒素酸化物排出量を2024年から現行基準より約75%、2027年から90%削減するという厳しい規則に合わせるよう、米環境保護局機関に要求している。米国環境保護庁(EPA)は、数日から数週間のうちに新基準を提案し、さらに今年後半にはトラックの温室効果ガス排出に関する新たな制限を提案するとみられている。

自然保護団体シエラクラブのClean Transportation for Allキャンペーンのディレクター代理であるキャサリン・ガルシアは、「環境保護団体が望んでいるのは、排出ガスの全体的な低減だ」と述べている。「この規則によって、トラックは大幅にクリーン化される」

大型トラックは、スモッグの原因となる有毒ガスである窒素酸化物汚染に不釣り合いなほど大きな割合を占めている。国際クリーン輸送評議会によれば、登録車の5%、走行距離の9%を占めると米国政府は推定しているが、高速道路を走行する車両が排出する窒素酸化物総量の37%を占めているという。

ケッズィーは、新しいトラック排ガス規制を遵守するための初期費用は、トラックメーカーが負担することになるだろうと述べた。しかし、この規制が成功するかどうかは、新しい技術を搭載したトラックがどれだけ早く売れるかによって決まる、と彼は言う。

「新しい装置を買わなければ、達成しようとした排ガス目標が何であれ、達成できないだろう」と彼は言った。

トラック運送業界は、バイデン政権がトラック排ガス規制の初期草案を完成させたら、コストについてしっかりした意見聴取期間を設けることを望んでいる、とケジーは言う。

「我々がEPA長官に約束されたことは、選択肢があるということだ。彼らはカリフォルニアのアプローチに固執しているわけではない。しかし、その選択肢の一つとして、カリフォルニアのようなやり方があることは間違いないだろう」と述べた。

大型車の排ガス規制をより厳しくすることを主張する人たちは、コストの懸念を一蹴している。

米国肺協会のアドボカシー担当上級副社長であるポール・ビリングスは、「(物流会社は)いつもできないか、コストがかかりすぎると言う。しかし、その後、それは達成可能で、しかも予測よりコストがかからないことがわかる」と述べた。

ビリングスによれば、バイデンは、彼の高い気候目標の他の分野に対する議会の反対に直面しているため、トラックは米国の排出量を削減するためのリンゴに大きな一口を提供するとのことだ。

道路には2億6,000万台の車と900万台のトラックが走っており、車1台あたりに換算すると、その影響ははるかに大きいのだ。

シエラクラブのガルシアによると、ボルボ・カーズなどの企業は、2030年までに世界販売台数の50%を電気自動車にする目標を掲げているという。

メーカーは、NOx規制を入れるか、トラックを電動化するか、どちらかだと言っている。「この酸化窒素規制があっても、可能な限りクリーンなトラックの生産に移行することは可能だ」

サプライチェーン

この議論は、トラック会社が、厳しいと予想される中間選挙を前にバイデンの政治的立場を妨げているサプライチェーンの逼迫の中心にいる時に行われた。政権は、港湾の詰まりを解消し、10代のドライバーが州境を越えて大型車を運転することを許可する実験を行い、サプライチェーンの問題とインフレの抑制に重点を置いていることを示そうと動いている。

トラックの排ガスに関する新しい規則は、バイデン氏が自動車メーカーに対して、2026年までに1ガロン当たり平均52マイル(84キロメートル)の燃費の良い自動車、SUV、ピックアップトラックを生産するよう要求する別の取り組みに続くものだ。バイデンは昨年、米国で販売される自動車の半分を、10年後までに排出ガスのない走行が可能なものにするという目標も発表している。

しかし、政府はトラックの排ガス規制についてキャッチアップしている。その理由のひとつは、大量の貨物を運搬する大型トラックの性質が異なり、独自の規制基準があるためである。

議会は1970年代から自動車の公害規制を認めているが、トラックからの温室効果ガス排出に関する最初の基準は2014年に出され、最初の2年間は自主的なものだった。トラックの最新の窒素酸化物排出規制は、2007年と2010年に施行された。バイデン政権は、窒素酸化物排出規制と温室効果ガス排出規制を同期させ、両方とも2027年に発効させることを望んでいる。

規制当局は技術的に可能な限りの削減しかできないだろうと、トラック協会のケイジーは言う。

「テクノロジーは、規制当局が実現したいことに追いついていかなければならないのだ」。

Keith Laing. Truckers Say This Is the Worst Time for Biden’s Plan to Cut Emissions. © 2022 Bloomberg L.P.