TSMC、需要減退で売上予想に届かず
2022年10月12日(水)、台湾・新竹にある台湾積体電路製造(TSMC)本社。Lam Yik Fei/Bloomberg

TSMC、需要減退で売上予想に届かず

台湾積体電路製造(TSMC)は2年ぶりに四半期の売上高が未達となり、電子機器需要の世界的な落ち込みがチップ大手に追い討ちをかけ始めていることを示している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 台湾積体電路製造(TSMC)は2年ぶりに四半期の売上高が未達となり、電子機器需要の世界的な落ち込みがチップ大手に追い討ちをかけ始めていることを示している。

この赤字は、技術や規模の面で優位に立つTSMCでさえ、金利上昇とインフレ加速の影響を受けた消費者の世界的な消費減速から逃れられないことを示唆している。世界最大のチップ受託製造企業は昨年、設備投資計画を約10%減の360億ドルに減らし、一部のアナリストは2023年の拡張のための支出をさらに遅らせる可能性があると警告している。

iPhoneやMacに搭載されるアップルのシリコンチップを独占的に供給しているTSMCは、米ハイテク企業の中国での組み立て作業で発生した問題の影響も受けた可能性がある。Appleは、中国・鄭州の工場で発生したコロナ関連の混乱により、同社のサプライチェーンの脆弱性が露呈したため、生産量予想の引き下げを余儀なくされた。

TSMCが毎月報告している数字を基にBloombergが計算したところによると、TSMCの第4四半期の売上高は43%増の6255億台湾ドル(約206億ドル)だった。これはアナリストが平均で予測した6,360億台湾ドルを下回った。TSMCは、12月の売上高が24%増の1926億台湾ドルだったと発表した。

台湾で最も価値のある企業であるTSMCの株価はパンデミック時に2倍になった後、昨年27%下落し、今年は約8%上昇している。世界的な景気減速により、TSMCのチップが搭載される多くの製品の消費者需要が減少しているが、同社とその顧客は、電子機器の需要が長期的に上昇し続けることを期待している。

先月、TSMCは次世代チップの量産を開始し、米アリゾナ州への投資額を400億ドルに増額した。

TSMCは、高度なチップ製造の地理的分布を多様化する必要に迫られており、米国や日本などの政府と協力して、よりグローバルな足跡の開発に取り組んでいる。世界の政策立案者と顧客は、北京が侵略すると脅している島への技術的な依存をますます警戒しており、TSMCに生産の一部を海外にシフトするよう働きかけている。

Debby Wu. World’s Biggest Chipmaker TSMC Misses Sales Forecasts as Demand Wanes.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ