インドを拠点とするTwitterアカウントが英国の暴動を扇動したとの研究報告
Photo by Benjamin Dada

インドを拠点とするTwitterアカウントが英国の暴動を扇動したとの研究報告

英国外から発信された偽アカウントのネットワークが今年初め、英国のある都市でイスラム教徒とヒンドゥー教徒の間の暴力をあおったという研究が波紋を広げている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- ブルームバーグ・ニュースに初めて提供された調査によると、英国外から発信された偽アカウントのネットワークが今年初め、英国のある都市でイスラム教徒とヒンドゥー教徒の間の暴力をあおった。

ラトガース大学のネットワーク伝染研究所(NCRI)の調査によると、今年8月下旬から9月上旬にかけてレスターで起きた暴動では、暴力を呼びかけ、ミームや扇動的な動画を宣伝する推定500件の非正規アカウントがTwitterで作成された。

8月27日に行われた長年のライバルであるインドとパキスタンのクリケットの試合の後、数百人が通りに出て、警察が大衆を落ち着かせるために配備される中、一部の暴徒は棒や警棒を持ち、ガラス瓶を投げつけた。レスターシャー州の警察によると、この衝突は数週間続き、47人が逮捕されたが、その間に家屋や車、宗教的な芸術品などが破壊されたそうだ。

ソーシャルメディアでは、モスクに火がつけられたとする映像や、誘拐されたとする映像が氾濫し、警察は「ネット上の誤った情報を信じるな」という警告を出さざるを得なくなった。研究者によると、不安を増幅させたツイッターアカウントの多くは、インドから発信されていた。

ナレンドラ・モディ首相のもと、ヒンドゥー教徒が多数を占めるインドでは反イスラム感情が高まっており、国外のヒンドゥー教徒(一部はインド人ではない)がヒンドゥー・ナショナリズムの一種であるヒンドゥトヴァ(ヒンドゥー至上主義)を信奉しているという説を招いている。ヒンドゥトヴァのヒンドゥー教徒がイスラム教徒の男性を攻撃しているとする最初のビデオは、確証のない主張を引き起こし、地元の政治的動機のある活動家がそれを増幅させたと研究者は述べている。研究結果によれば、このビデオは外国の影響力あるネットワークの関心を呼び起こし、その関与が現実の暴力に貢献したとのことだ。

レスター市長のピーター・ソールズビー氏、多数のメディア報道、そしてデモにナイフを持ち込んだと裁判官に語った21歳のアダム・ユスフを含む参加者によると、米国のテクノロジー企業が対立を扇動する上で重要な役割を果たし、「ソーシャルメディアに影響されて」の暴動だったそうだ。

NCRIの創設者であるジョエル・フィンケルシュタインは、「我々の調査では、国内の加害者ネットワークと海外の関係者が、民族間の緊張が高まる中で、ソーシャルメディアを武器として使うために現在競争していることがわかった」と述べている。「私たちの手法は、国家が予防策を講じ、自国とそのコミュニティを守るために学ぶべきプロセスと技術を浮き彫りにしている」

GoogleのYouTube、Meta Platforms Inc.のInstagram、Twitter、ByteDance Ltd.のTikTokから収集したデータを使用して、水曜日に発表されたNCRIレポートは、外国のインフルエンサーが地方レベルでどのように偽情報を拡散し、英国で最も多様な都市の一つで衝突に発展しているかについて最も詳しい見解を示している。

NCRIの言語分析によると、「ヒンドゥー教徒」の言及は「イスラム教徒」の言及を40%近く上回り、ヒンドゥー教徒は主に国際的な支配を目指すグローバルプロジェクトの侵略者や陰謀家として描かれていることが判明した。GoogleのJigsawサービスによる感情分析を行ったところ、レスター暴動の期間中、暴力的なツイートの70%がヒンドゥー教徒に対して行われたことが判明した。

特に効果的だったのは、最終的にTwitterで禁止された、#HindusUnderAttackInUKというハッシュタグで流れたミームだと研究者は述べている。この漫画はイスラム社会を昆虫に見立て、イスラムのさまざまな側面が「インドを破壊するために結合している」と主張している。

研究者はまた、反ヒンドゥーと反イスラムのメッセージを発信し、それぞれが暴力のために他方を非難するボットのようなアカウントの証拠を発見した。調査結果によると、ボットは、アカウント作成時刻と繰り返されるツイートの数に基づいて特定され、1分間に500回ツイートしているものもあったとのことだ。

「ヒンズー教徒対イスラム教徒ではなく、レスター教徒対過激派ヒンズー教徒です。彼らは5年前ポルトガルの偽造パスポートでここにやってきて、ヒンドゥー教徒とイスラム教徒が平和に暮らす前にここにたどり着いた」と、NCRIがフラグを立てたあるアカウントは書いている。禁止された別のアカウントでは、ヒンドゥー教徒が「世界的な大虐殺を動員しようとしている」と書かれていた。

研究者たちは、英国を拠点とする加害者がソーシャルメディアのプラットフォームを武器として、攻撃を組織し、英国のヒンドゥー教徒に対する陰謀を増幅させたと指摘し、それが「これら2つの勢力の間のいたちごっこの関係」を引き起こしたことを発見したと述べている。

最初のフェイクビデオがTwitterで拡散された後、インドから「高度に組織されたエコーチェンバー(反響室)」が「レスターでの出来事についてイスラム教徒だけを非難する」ツイートを増幅するように働きかけ、それがレスターでのヒンドゥー教徒に対するさらなる暴力に拍車をかけた、と報告書は主張している。

このことは、地域社会の緊張が、外部の民族主義的なグループによってTwitter上で利用されやすい状態にあることを示唆している、と研究者は警告している。BBCと偽情報調査会社Logicallyは、騒乱時のソーシャルメディアへの投稿の多くが、約5,000マイル離れたインドから発信されているという証拠も発見した。

この報告書の著者であり、英国の人々が反ムスリム虐待を報告し、イスラム嫌悪の事件を監視するサービスであるTell MAMAの創設者であるフィヤズ・ムガールは、ソーシャルネットワークがいかに早く「これらの問題に飛びつくか」にショックを受けたと語った。ムガール氏は、レスターでの出来事は、「今日、どの国の国家安全保障に対するリスク」を証明していると述べた。

Twitterはコメントの要請に応じなかった。

レスター・イーストの議員であるクラウディア・ウェッブは、暴動は間違いなくソーシャルメディアによって引き起こされたとブルームバーグ・ニュースに語った。数百人の警察がデモを監視するためにウェスト・ミッドランズ周辺に配置されたが、ヒンドゥー教とイスラム教のコミュニティーの有権者のほとんどは、「携帯電話を通じて」影響を受けたと考えているという。

「街頭に出なかった人たちでさえ、WhatsAppやTwitterで流れてくる情報に恐怖を感じ、何週間も外に出るのをためらったそうです。政治的な憎しみや分裂の種をまこうとする海外の影響力があるのです」と、彼女は言った。

(第7段落にJoel Finkelsteinの引用を追加し、さらに文脈を更新しました)

Margi Murphy. India-Based Twitter Accounts Fanned UK Unrest, Researchers Say.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ