イーロン・マスク付きのバンカー、Twitterの負債を緩和するためテスラ株担保の融資を検討
2020年7月20日(月)、米国カリフォルニア州フレモントのテスラスーパーチャージャーステーションで充電中のテスラの電気自動車。Photographer: Nina Riggio/Bloomberg

イーロン・マスク付きのバンカー、Twitterの負債を緩和するためテスラ株担保の融資を検討

イーロン・マスクのバンカーは、Twitterに重ねた高金利債務の一部を置き換えるため、テスラの株式を担保にした新たなマージンローンを億万長者に提供することを検討していると、関係者は話している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- イーロン・マスクのバンカーは、Twitterに重ねた高金利債務の一部を置き換えるため、テスラの株式を担保にした新たなマージンローンを億万長者に提供することを検討していると、関係者は話している。

マージンローンは、モルガン・スタンレーが率いる銀行グループとマスクのアドバイザーが、マスクの440億ドルの買収の一環としてTwitterが負った130億ドルの債務の負担を軽減するために話し合ったいくつかの選択肢の一つだと、この議論は機密であるため特定しないようにと関係者は述べている。

クレディット市場の悪化と、マスクのTwitter支配の波乱の幕開けにより、機関投資家へのシンジケーションが困難になったため、銀行は負債パッケージの全額を自己資金で賄うことを余儀なくされている。現在の債務構造を維持した場合、同社は年間約12億ドルの金利負担に直面することになり、これは2021年通年のTwitterの営業利益を上回ると推測されている。

これまでのところ、Twitterが11.75%の金利を支払っている30億ドルの無担保債務をどう置き換えるかが議論の焦点となっており、これは4月に買収資金の調達に合意した際に銀行がマスクに保証した最大値だと関係者は述べている。

この協議は予備的なもので、まだ何も決定していないという。

マスクの代理人は、コメントを求めたが、すぐに返答はなかった。コミュニケーション部門を持たなくなったTwitterとテスラは、コメントを求めるリクエストに応じなかった。

モルガン・スタンレーの代表者はすぐにコメントを提供せず、他の貸し手であるバンク・オブ・アメリカ・コープ、バークレイズ、BNPパリバ、三菱UFJフィナンシャル・グループ、みずほフィナンシャルグループ、ソシエテジェネラルの代表者もコメントを出さなかった。

マスクは、取引の資金を調達するために引いた債務の130億ドルは、Twitterが引き受けているが、テスラの株式に対する任意のマージンローンは、億万長者のマスク個人によって引かれるでしょう。しかし、マスクがTwitterの株式に多額の自己資金を投資していることや、マージンローンがTwitterの無担保債務よりもはるかに低い金利であることを考慮すると、このスワップはまだ意味があるかもしれないと、関係者は述べている。

銀行は、65億ドルのタームローンと30億ドルの有担保債を含むTwitterの負債を、年明けまで機関投資家に売却しようとは考えていないようで、マスクの変更が同社に与えた影響についてより明確な情報を提供できるようになると、関係者は述べている。

Twitterの当初の資金調達パッケージには、テスラ株を担保にした125億ドルのマージンローンのコミットメントが含まれていた。これは最終的に、複数のパートナーからの投資を含む追加の株式コミットメントに置き換えられた。

Davide Scigliuzzo, Sonali Basak, Paula Seligson. Elon Musk’s Bankers Consider Tesla Margin Loans to Cut Risky Twitter Debt.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ