米国の生活水準は欧州を一気に引き離した - Tyler Cowen

2022年は、米国の生活水準が西ヨーロッパの生活水準を真に引き離した年として記憶されるかもしれない。より一般的な感覚として、格差が広がっていることも事実である。

米国の生活水準は欧州を一気に引き離した - Tyler Cowen
Photo by Courtney Cook 

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 2022年は、米国の生活水準が西ヨーロッパの生活水準を真に引き離した年として記憶されるかもしれない。具体的な証拠としては、ユーロがドルと同等かそれ以下にまで下落したことが挙げられるが、より一般的な感覚として、格差が広がっていることも事実である。

昔の話は単純だった。アメリカの一人当たりの所得は30%以上高いかもしれないが、西ヨーロッパのライフスタイルはストレスが少なく、リラックスできる。一人当たりの所得は米国より30%以上高いが、西ヨーロッパのライフスタイルはストレスが少なく、リラックスできる。

しかし、そのようなことはもはや通用しない。

大きな破壊力を持つのはエネルギー市場である。米国は本当にエネルギーの独立性を持っているように見える。アメリカ人はガソリン価格の高騰に文句を言っているが、アメリカ人の生活様式にはほとんど影響がない。この夏、アメリカ人は記録的な数の外出をした。家庭や企業へのエネルギー供給は、価格上昇の圧力はあるものの、継続されている。

しかし、欧州の状況ははるかに悪い。東欧からのガス供給に依存する西ヨーロッパの大半は、冬をどのように過ごすかについて深刻な問題に直面している。ドイツでは、Googleで「薪」を検索する回数が急増している。原子力発電に依存するフランスでさえ、原子力発電の維持に十分な投資を行わなかったために、電力価格の高騰と深刻な電力不足に直面している。

ドイツでは、まだ残っている原子力発電所を停止させるようだ。ヨーロッパのエネルギー政策は、大きな「避けられたエラー」以外の何ものでもない。エネルギー供給は、GDPに占める割合よりもはるかに重要であることを肝に銘じておく必要がある。エネルギーは現代文明の生命線である。

エネルギー価格は、欧州の状況がいかに悪いかを示している。ドイツは現在、1MWhあたり約600ユーロの電力を支払っている。2020年以前であれば、100ユーロの価格は非常に高いと考えられていただろう。

しかも、価格が高いだけではない。将来のエネルギー供給に対するストレスは、社会福祉国家の基本的な動機のひとつである、国民に安心と面倒をみてもらえるという気持ちを裏切るものだ。

さらに、地政学的な問題もある。ロシアが西ヨーロッパの主要国に対して軍事的に動くことはなさそうである。しかし、ウクライナでの原発事故、バルカン半島での戦争勃発の可能性、NATOのバルト諸国を巻き込んだ紛争がより大きくエスカレートする危険性は少なからずある。このような事柄を予測することは困難であり、そこが重要な点でもある。米国が直面している地政学的な緊張に匹敵するものはなく、欧州のリスクがなくなるとしても、いつになるかは明らかでない。

西ヨーロッパの伝統的な切り札は、医療制度の質の高さであった。しかし、ここでの自慢は、以前ほど正当化されない。

パンデミックによって、欧州の医療システムの多くに長年にわたる資本不足が明らかになった。多くのアメリカ人は、かつて英国の国民健康保険サービスを賞賛していたが、今、このシステム全体が病んでいる。労働力と資本が不足し、緊急医療サービスが崩壊し、そのために1週間に500人もの過剰な(非コロナ)死亡が発生している可能性がある。同様の問題はヨーロッパ全土に存在するが、英国が最もひどいようである。

アメリカの病院と医療制度は長い間、医療と技術に高価で長期的な投資をすることに長けていた。このことは、しばしば過剰な価格を意味し、基本的なケアはあまり改善されない。しかし、パンデミックとパンデミック後の環境では、このシステムの特徴が米国のヘルスケアを維持し、稼働させているのである。このような資本投資は、大きな危機の際にはかなり有効であったことが判明している。

米国には国民皆保険制度がないという長年の主張は、あまり意味がない。オバマケアは様々な面で非常に不完全であるが、米国の医療保障はかつてないほど高まっており、無保険者の割合は現在8%である。無保険者の多くは、健康保険に加入せず、他の方法でお金を使いたいと考えている可能性があることを念頭に置いてください。それは個人的なミスかもしれないが、アメリカの医療制度全体のシステム的な失敗とは別物だ。

アメリカには、少なくとも選択肢として、国民皆保険にかなり近いものが実際にある。また、ヨーロッパのいくつかの制度、特にスイスでは、かなりの自己負担が必要であることを忘れてはならない。また、スイスをはじめとするヨーロッパの医療制度では、多額の自己負担が必要なものもある。また、これらの医療制度は、比較的逆進性の高い付加価値税によって支えられているため、「無料」というほどではないようだ。

世界が現在の混乱から脱するにつれ、米国がその集団から離脱したことはますます明白になるだろう。

Life Is Good in America, Even by European Standards: Tyler Cowen

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)