ウクライナ難民急増で欧州の連帯に亀裂
ポーランド首都に到着したウクライナ難民が200万人を突破。

ウクライナ難民急増で欧州の連帯に亀裂

ウクライナ戦争が長引く中、ロシアの攻撃から避難する人々の流れは、第2次世界大戦以降で欧州最大の移民の波へと急速に発展しており、難民受け入れの分担を巡って地域の連帯に亀裂が入り始めている。

ブルームバーグ

ウクライナ戦争が長引く中、ロシアの攻撃から避難する人々の流れは、第2次世界大戦以降で欧州最大の移民の波へと急速に発展しており、地域の連帯に亀裂が入り始めている。

ウクライナから脱出した難民の数(大半は東欧に到着)は、数日のうちに400万人に達する可能性があると、この状況に近い関係者(匿名希望)は述べている。これは、プーチン大統領が2月24日に侵攻を開始する前の、国連機関による移民の全体予測のトップと並ぶことになる。

「このような状況に陥ったことはない」と、ポーランドのアンドレイ・ドゥダ大統領は木曜日、カマラ・ハリス米副大統領とのブリーフィングで述べた。「我々は対処しようとしているが、国際的な支援を得られない場合、人道的な大惨事になってしまうかもしれない」と述べた。

欧州連合(EU)首脳がパリ郊外で戦争の影響について話し合った後、移民問題が最も分裂した要素の1つとして浮上している。国連難民高等弁務官事務所のデータによると、侵攻からわずか2週間余りで、250万人がウクライナから逃れてきた。

文化的遺産を共有し、すでに強固なウクライナ人少数民族を抱えるポーランドは、この波の矢面に立たされている。金曜日時点で、全体の60%にあたる150万人以上が、3,800万人のこの国に到着している。

戦争難民は多くの支援で迎えられているが、新来者の数は、東欧諸国が彼らの面倒を見るための資源に重荷を負わせ始めている。

ウクライナとの国境に近いポーランドの都市プシェミスルでは、大家族や友人たちのスペースがなくなり、新しくやってきた人たちは別の場所に避難せざるを得なくなっていると、ヴォイチェフ・バクン市長が今週述べた。

国連児童基金(ユニセフ)の広報担当者であるジョー・イングリッシュは、金曜日にプシェミスル市からのインタビューで、「国境を越えてやってくる人数はかなり驚異的だ」と述べた。「ひとつは、行き先がはっきりしていて、家族や友人がいるグループ、もうひとつは、女性や子どもで、行き先がはっきりしないグループだ。そして、彼らは我々にとって大きな関心事なのだ。

多くの難民が都市部に向かっており、空きベッドが急速に不足している。ワルシャワでは先週、3つのイベント会場が満杯となり、ボランティアは到着者を20キロ(12マイル)離れたポーランド最大の展示場に誘導せざるを得なくなった。

不足は寝床の問題だけではない。ポーランドの主催者は、プラスチック製のコップや食器類、ビーチサンダルや羽毛布団が全国的に不足していることを登録している。難民が広がれば困難も広がり、この問題はよりグローバルな様相を呈してくる。

0:00
/

550万人のEU加盟国であるスロバキアは、17万6千人以上が流入し、史上最大の移民危機を迎えている。当局は、NGOや国境にあるウェルカムセンターの助けを借りて、今のところなんとかやっているが、持ちこたえられないかもしれない。

支援団体「ピープルインニード」のディレクター、アンドレア・ナジヴィルトヴァは「ウクライナ中部・東部からの大勢が移動すれば、スロバキアの能力では足りなくなる恐れが大きい」と述べた。

3月2日、ルーマニアのシレトで、国境を越えて避難してきたウクライナ人を慰める地元ボランティア。

ウクライナと国境を接するEU加盟国のルーマニアは、これまで約36万4千人の移民を受け入れてきたが、そのほとんどはさらに西の目的地へと移動している。モルドバは非EU加盟国であり、一人当たりの所得では欧州最貧国であるため、緊急支援を求めている。

東ヨーロッパにとって、100万人をはるかに超える人々がシリアの戦争から逃れようとした2015年と2016年の同ブロックの難民危機とは、強力な対比をなしている。主にイスラム教徒の到着は、極右や反移民の政治団体から反発を招いた。ポーランドやハンガリーなどの国は受け入れを拒否し、EU内の緊張を招いた。

ベルリン行きの列車に乗り込むウクライナ人(3月8日、ポーランド・プシェミスルにて)

ハンガリーのヴィクトール・オルバン首相は現在、ウクライナ人に両手を広げている。この方針は、特に10万人以上のウクライナからの非白人難民が入国を拒否されたり、過酷な扱いを受けたという証言により、差別の告発を引き起こした。

移民規制を緩和したハンガリーでは、22万5千人以上が到着し、その数は同国の人口の2%を超えている。オルバン政権が支援に乗り出すのが遅いと批判される中、NGOがその隙間を埋めている。

ポーランドのマテウシュ・モラヴィエツキ首相は、27カ国の加盟国がこの問題を体系的に解決するための選択肢に直面することになると述べ、ヨーロッパの「道徳的強さ」のテストであるとした。ワルシャワの政府関係者は、欧州連合全体への分配を拒否し、財政援助に焦点を当てるという姿勢を貫いている。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は今月、この危機に対処するための「第一次分」として5億ユーロ(5億5,100万ドル)の支援を発表した。

EUは難民を支援するために第一次分として5億ユーロを提供し、今週、難民が少なくとも1年間はEUでの居住権を得ることができるようにした。

東側諸国は最初の波に立ち向かっているが、すべての負担を背負うことはないだろう。ドイツのナンシー・フェイザー内相は金曜日に、これまでに11万人以上の難民が到着し、さらに増えると予想していることを明らかにした。

ワルシャワ万博では今週、ドイツナンバーのバスやミニバスが、工業規模の会場から団体客を拾っていた。ヴィタリイと名乗るウクライナ人移民は、1月にすでに到着しており、人数が増えるにつれて西に行くかもしれないと語った。

「この人たちがみんな定住しようとしたら、怖いかもしれない」と、バスで到着した人たちを助けるグループに加わったヴィタリイさんは言った。「学校も診療所も足りなくなる。だから、手遅れになる前に、子供たちと一緒にドイツに移住しようと思っているんだ」。

-- Daniel Hornak、Andra Timu、Veronika Gulyasの協力を得ている。

Patrick Donahue, Konrad Krasuski, Kitty Donaldson. Ukraine’s Wave of Refugees Puts European Solidarity Under Strain. © 2022 Bloomberg L.P.