米有名VCのDSTグローバルはプーチンから注意深く距離を置く
ユーリ・ミルナー。2019年11月3日、カリフォルニア州マウンテンビューにて。

米有名VCのDSTグローバルはプーチンから注意深く距離を置く

DSTグローバルのユーリ・ミルナーはロシア生まれの投資家。彼は、ロシアの大富豪で、プーチン大統領に近いウズベキスタン出身の金属王アリッシャー・ウスマノフの援助を受けてベンチャーキャピタルのキャリアをスタートさせた。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) -- 2010年代初頭、カリフォルニア州ロスアルトスにあるユーリ・ミルナーのシャトーに招待されることは、シリコンバレーの高級中の高級サークルに入ったことを意味した。ミルナーは、Airbnb、Alibaba、Twitter、Facebookなどの新興企業に極めて有利な賭けをしたことで知られ、科学分野の熱心な後援者としても知られている。故ホーキング博士と親交があり、マーク・ザッカーバーグや俳優のエド・ノートンとも交友があることで知られている。HBOのドラマ「ウエストワールド」の観賞会を開いた際には、Googleの共同創業者であるセルゲイ・ブリンも駆けつけたという。

また、ミルナーはロシアの大富豪で、プーチン大統領に近いウズベキスタン出身の金属王アリッシャー・ウスマノフの援助を受けてベンチャーキャピタルのキャリアをスタートさせた人物でもある。ミルナーを知る人の多くは、親プーチンのオリガルヒ(ロシア新興財閥)とのつながりを否定している。ミルナーのビジネスであるアーリーステージのテクノロジー投資は、国有資産を格安で取得して金持ちになったロシアのオリガルヒの世界とはかけ離れているのだ。また、ウスマノフや国営VTB銀行からの資金は、オバマ政権が米露関係の「リセット」を促していたドミトリー・メドベージェフ大統領時代にもたらされたものである。

しかし、プーチン軍がウクライナの都市を砲撃している今、ウスマノフとVTBは制裁リストに載っている。そして、ミルナーは守勢に回っている。ブルームバーグ・ビジネスウィーク誌の数時間に及ぶズーム・インタビューで、「過去に戻って歴史を変えることはできない」と彼は言う。「ロシアで生まれたことは変えられない。ロシアで生まれたという事実も変えられないし、ロシアの資金があったという事実も変えられない」。

2010年、ニューヨークで開催されたTechCrunch Disruptカンファレンスでのミルナー。 Ramin Talaie/Bloomberg

ミルナーの非営利団体「ブレイクスルー・プライズ財団」と、彼のベンチャーキャピタル「DSTグローバル」はともに、DSTの言い分通り、「主権国家であるウクライナに対するロシアの戦争」を非難する声明を発表している。ピート・ワーデン会長によると、ブレークスルー財団の声明は、ロシアの「民間人に対するいわれのない残忍な攻撃」について言及している。ミルナーと彼の組織は、人道支援活動のために1,450万ドルの資金提供を約束している。

それでも、ミルナー自身は、ウクライナ戦争について語るときには慎重である。プーチン大統領への意見表明は避け、所属団体の声明を引用し、戦争は「悲痛な悲劇」と呼ぶ。現在60歳の彼は、1970年頃に撮影されたモノクロの家族写真を手に取る。ウクライナのザポリージャでニット帽をかぶった少年時代の写真であり、父の家族と夏を過ごしたという。その数日前、彼は従兄弟と一緒に家族の友人である老女をウクライナのチェルカースィから避難させるのを手伝ったという。「私は、DSTグローバルとブレイクスルー・プライズ・ファウンデーションが行った声明を全面的に支持します」と、彼は言う。

ブルームバーグ・ビリオネア・インデックスによると、純資産39億ドルのミルナーは、不安定な状況を乗り切っている。反体制派ジャーナリストのジャマル・カショギが政府工作員に惨殺された後も、サウジアラビアからの資金が流れ続けたのは記憶に新しい。カリフォルニア大学デービス校のジュンコ・ヤスダ教授(金融論)は、「ウクライナ戦争は欧米を色めき立たせた。新興企業がDSTからの資金提供を心配するのは当然です」と彼女は言う。

ミルナーのイメージが悪くなり、起業家が豪華なパーティーを欠席したり、DSTからの資金提供を断ったりする可能性があるのだ。また、ミルナーの慈善活動、特に「ブレイクスルー賞」と呼ばれる科学的業績に対する一連の高額な賞は、その価値を失う可能性がある。ミルナーは、このようなリスクを軽視している。

「事実は我々の味方だ」とミルナーは言い、DSTは長い間、クレムリンの利益から独立してきたと主張する。ミルナー氏は、名前は伏せたが、ある会社の資金調達に協力しているドバイから発言した。彼はまだロシア国籍だが、イスラエルの国籍も持っている。彼は、外国生まれの技術系起業家によくある「特別な能力」を持つ人のための、いわゆるO-1ビザで米国に滞在している。2011年にロスアルトスに1億ドルを投じて購入し、現在では米国を故郷と考えている。

ミルナー氏が不満に思っているのは、米国への移住が、物議を醸した初期の支援者から自分を引き離すための数年にわたるキャンペーンの最中であったことも一因であろう。「皮肉なことに、われわれは今、最もロシア的でないファンドであり、一貫した努力を続けている」とミルナーは言う。DSTは、2011年に9億ドルのファンドを設立して以来、ロシアから資金を調達しておらず、ロシアへの投資も行っていないという。ミルナーは、欧米のほとんどの銀行がつい最近までロシアと取引をしていたことを指摘した。ウスマノフとは5年ほど会っておらず、ロシアには8年ほど行っていないという。

クレムリンと関係のあるカネから自分を切り離しているという彼の主張を裏付けるために、彼は最高財務責任者のケネス・レオンが3月19日に出した手紙を紹介し、銀行の「顧客把握」とマネーロンダリング防止規定を遵守するためにDSTが取る措置の概要を説明している。「もし、彼が嘘をつけば、彼は刑務所に行くことになる」という。

同社は現在、いくつかの案件について積極的に取り組んでおり、さまざまな段階を踏んでいる、と彼は言う。DSTは2021年に約40億ドルの第9号ファンドを調達しており、1、2年は再び資金調達する必要はないだろう。近年、DSTを離れた人もいるが、それは政治のせいではないという。2018年に彼が手数料を利益の20%から25%に引き上げたからだ。

ミルナーには強力な擁護者がいる。Meta Platforms Inc.(通称Facebook)の取締役であるマーク・アンドリーセンは、3月1日のツイートに「ユーリ・ミルナーは、私や当社、そして多くの米国最高の新技術企業にとって、20年近く大切な友人でありパートナーです」と書き込んだ。フィンテック企業Affirm Holdings Inc.のウクライナ出身の最高経営責任者マックス・レヴチンは、ミルナーを親友と呼んでいる。「彼は先見の明のある投資家であり、同様に重要なこととして、真の科学の情熱的な支援者であり推進者である」とレヴチンは声明で述べている。

貨物輸送大手Flexportのライアン・ピーターセンCEOは、DSTから一連の投資を受けており、直近では2月に受けており、さらに受け入れることにためらいはないという。「DSTの投資家について抱いていた疑問は、数年前に完全に解消されたという。ユーリは、信じられないほど高い倫理観を持っている」。彼は、ミルナーをクレムリンと結びつける努力を「あるレベルでは少しクレイジー」と呼び、ミルナーの出生地とプーチンの政策を混同する差別的なものであることを示唆する。

ミルナーのステータスは、初期段階の投資家としての成功と、科学への関心からきている。偉大な宇宙飛行士ユーリ・ガガーリンにちなんで名付けられたミルナーは、モスクワ大学で物理学の学位を取得した。物理学の博士課程を中退し、コンピュータの販売に乗り出した。1980年代後半、ソ連の崩壊とともに渡米し、ペンシルバニア大学ウォートン・スクールでビジネスを学んだ。

ミルナーは1990年代前半にワシントンの世界銀行に勤務した後、ロシアに戻り証券会社を経営していたが、インターネットアナリストのメアリー・ミーカーのレポートに触発され、EBayやAmazon.comのようなロシアのインターネット企業を育成するインキュベータと投資ファンドを立ち上げた。2000年のドットコム大暴落から立ち直りつつあった2005年、ミルナーはベンチャーキャピタルのデジタル・スカイ・テクノロジーを設立した。

2000年代後半になると、ミルナーはロシア以外の国への多角化を目指し、DST Globalを設立し、Facebookに狙いを定めた。DSTが2009年に初めてFacebookに投資したとき、その評価額は100億ドルで、不況のさなかにあった若い企業としては巨額だった。しかし、パラダイス文書として知られるリーク文書をもとにした2017年のニューヨーク・タイムズの報道によると、この2億ドルの投資には、これまで公表されていたよりも多くのウスマノフ関連の資金が含まれていた。この投資によってDSTはシリコンバレーのトップベンチャーキャピタルとしての地位を確立したのだった。

財産が増えるにつれ、ミルナーは私生活に贅沢な支出をした。また、地球外生命体の探索のために7,500万ドル以上を出資し、さらにブレイクスルー賞に3億ドルを投じた。2013年には、衛星会社プラネットラボPBCと、イーロン・マスクのロケット会社SpaceXに投資している。ミルナーによると、SpaceXへの投資は約1,000万ドルだった。彼はその2年後にポジションを2,356万ドルで売却している。

SpaceXとの取引はこれまで報じられていなかった。同じ頃、国防総省の主要請負業者である同社は、自社のロケットが他の宇宙産業と異なり、ロシアの部品を使っていないと公言し、自慢していた。2014年4月、同社は既存の契約が、米国の制裁対象であるロシア人を含むロシアの防衛産業に資金を流していると訴え、契約の競争権を求めて米空軍を提訴した。ミルナーは、売却を迫られたわけではなく、衛星市場の可能性を十分に理解していなかったからこそ、株式を売却したのだと言う。「私はSpaceXを過小評価していた。早期に売却したのは間違いだった」。彼はマスクを尊敬しており、宇宙人探しや星への旅といった話題で彼と話したことがあるという。SpaceXの代表者は、コメントの要請に応じなかった。

ミルナーは、宇宙人からの通信を探す「ブレイクスルー・リッスン」のほか、隣の太陽系であるケンタウルス座アルファ星に飛ぶ小型・超高速宇宙船を作る数十年のプロジェクトの初期段階にある「ブレイクスルー・スターショット」にも資金援助している。

ウクライナ戦争は、彼が昨年発表した論考『ユーレカ宣言』に概説されているプロジェクトの目的を、より鮮明に浮かび上がらせていると彼は言う。もし、地球外に生命体が存在することが分かれば、その発見は「我々の文明を統合する瞬間になり得る」と、彼は言う。「私たちの世代にとって、月への第一歩に相当するような、私たち全員がひとつになったと感じる瞬間のひとつになり得るのです」。

地球外の生命は、現在の国境に基づく区別が私たちの足かせになっていることを示すと確信しているそうだ。「もし、100万年、10億年先の文明があるとしたら、その文明はひとつになっていると確信している」。つまり、ミルナーは、プーチンに関する質問よりも、銀河系における仮想の政治的な質問に対して、ずっと積極的なのである。

―Dana Hullとともに執筆した。

(18段落目のSpaceX社のロシアに関する主張について追加で更新。前版では第4段落の寄付金総額と、第11段落のDSTへの出資を断った投資家がいた年を訂正)

Sarah McBride. Silicon Valley’s Wealthiest Russian Is Carefully—Very Carefully—Distancing Himself From Putin

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ