ウクライナ戦争は世界の食糧市場を麻痺させる
"GRAIN" by relux. is marked with CC BY-SA 2.0.

ウクライナ戦争は世界の食糧市場を麻痺させる

エコノミスト(英国)

1914年10月、第一次世界大戦に参戦したばかりのオスマン帝国は、ロシアの小麦が英仏に渡る唯一のルートであるダーダネルス海峡を封鎖した。この時、世界の小麦在庫は過去5年間の平均を12%上回っていたが、一夜にして世界の小麦の流通量の20%以上が失われ、食糧市場は大混乱に陥った。1914年6月以来5分の1上昇したシカゴの小麦価格は、翌四半期にはさらに45%上昇し、国際的な指標となった。

現在、ロシアとウクライナはそれぞれ最大の小麦輸出国と第5位の小麦輸出国で、合わせて国際年間販売量の29%を占めている。何度かの不作、パンデミック時の必死の買い占め、その後のサプライチェーン問題などを経て、世界の在庫は5年平均を31%下回っている。しかし、今回、欧米の禁輸措置の脅威が焚き火となり、その炎は第一次世界大戦時よりも高くなった。小麦の価格は、2月中旬にすでに2017年から21年の平均を49%上回っていたが、2月24日にウクライナ侵攻が始まってからさらに30%上昇した。シンクタンクのIFPRIがまとめた価格変動の指標は真っ赤に点滅するなど、不確実性は空恐ろしい。

オランダの金融機関ラボバンクは、小麦の価格がさらに3分の1上昇する可能性があるとみている。しかし、世界の食糧供給へのダメージは、穀物だけでなく、戦争そのものよりも長く続くだろう。ロシアとウクライナを合わせると、世界で取引されるカロリーの12%を輸出している。ロシアとウクライナは、大麦、トウモロコシ、ヒマワリなど、人間や動物が食べる多くの油糧種子や穀物の輸出国トップ5に入る。また、ロシアは、肥料を作るための重要な原料の最大の供給国であり、これがないと作物は弱ったり、栄養分が失われたりする。

戦争が始まる前の2月、国連食糧農業機関(FAO)がまとめた食糧価格指数は過去最高を記録し、食糧不足とされる人々の数は8億人に達し、過去10年間で最高となった。さらに多くの人々が、まもなくその仲間入りをする可能性がある。食料価格の上昇はインフレを促進し、より安価なエネルギーから生じる価格圧力に拍車をかけるだろう。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

戦争による影響は、現在の穀物輸送の途絶、ウクライナとロシアにおける将来の収穫量の低下またはアクセス不能、世界の他の地域における生産量の枯渇という3つの形で現れるだろう。まず出荷から。通常、小麦や大麦は夏に収穫され、秋に輸出されるため、2月頃にはほとんどの船がなくなってしまう。しかし、今は平時ではない。世界的に在庫が少なくなり、中東や北アフリカを中心とする黒海産小麦の大口輸入者は、さらなる供給の確保を切望しているのである。ウクライナの港は閉鎖され、爆撃を受けた港もある。ウクライナ北部を経由してポーランドに至る内陸ルートは、迂回路が多すぎて現実的でない。ロシアから穀物を引き揚げようとした船舶が黒海でミサイルの直撃を受けた。これらの船舶のほとんどは保険に入れない。

代替供給もままならない。先週、エジプトは2週間前に20件あった小麦の入札を、わずか3件、しかも胃が痛くなるような価格で受けたため、2回目の入札をキャンセルした。さらに問題なのは、ウクライナが世界輸出の13%近くを占めるトウモロコシの輸出が、通常、春から初夏にかけて行われることです。その多くは通常オデッサ港から出荷されるが、オデッサ港はロシアの襲撃に怯えている。

将来の作物ははさらに大きな心配事である。ウクライナでは、戦争によって収量や作付面積が減少する可能性がある。10月に種をまく小麦や大麦などの冬作物は、肥料や農薬が不足するため、収穫量が少なくなる可能性がある。トウモロコシやヒマワリなどの春作は、通常なら間もなく植え付けが始まるが、まったく種まきがされないかもしれない。ウクライナ中部で年間7,000トンの小麦を栽培するレオニード・ツェンティロによると、ディーゼルや植物保護剤の現地価格は2週間で50%上昇した。労働者の何人かは戦争に駆り出された。

ロシアでは、生産が制限されるのではなく、輸出が封鎖される危険性がある。食料品の販売はまだ制裁の対象になっていないが、欧米の銀行はトレーダーへの融資を渋っている。西側諸国の政府から罰金を科されたり、マスコミから恥をかかされたりすることを恐れて、卸売商たちは足踏みをしている。ラボバンクのマイケル・マグドヴィッツは、ウクライナは「手が届かない」のに対し、ロシアは「触れることができない」と言う。

最も心配なのは、この紛争が世界の農業に与える影響だ。この地域は、天然ガスやカリなど、重要な肥料成分の大きな供給地です。エネルギーコストや輸送コストの上昇、世界の炭酸カリウムの18%を生産するベラルーシが2021年に反体制派を取り締まり、制裁を受けたことなどから、肥料価格は戦争前からすでに種類によって2倍から3倍になっていた。世界の生産量の20%を占めるロシアが自国の炭酸カリウムの輸出を困難にすれば、価格はさらに上昇することは間違いない。世界の肥料の5分の4は国際取引されているので、価格高騰の影響は世界のどの農業地域にも及ぶと、コンサルタント会社CRUのハンフリー・ナイトは警告している。

この結果、所得のうち食料品に費やされる割合が大幅に増加することになる(図参照)。これは、約8億人の人々が黒海産小麦に大きく依存している中東、アフリカ、アジアの一部で最も深刻に感じられるだろう。この中には、地中海南部の大部分に小麦粉を供給しているトルコも含まれている。エジプトは通常、小麦の70%をロシアとウクライナから購入している。後者はレバノンの小麦輸入の半分を占めている。他の多くの国々は、ウクライナのトウモロコシ、大豆、植物油なしではやっていけない。

所得のうち食料品に費やされる割合が大幅に増加すると予想される。
所得のうち食料品に費やされる割合が大幅に増加すると予想される。

一方、肥料やエネルギーコストの上昇は、どこの国でも農家の利幅を圧迫することになる。ブラジルの新興企業、Verde AgriTechのクリスティアーノ・ヴェローゾは、食肉と農産物の巨大生産国であるブラジルは、炭酸カリウムの46%をロシアかベラルーシから輸入していると言う。最終的には、コストの一部は消費者に転嫁されるだろう。

保護主義がさらに火に油を注ぐことになるかもしれない。昨年は肥料輸出に対する国家的な規制が強化され、今後さらに加速する可能性がある。食品の輸出制限や輸入業者によるパニック買いは、2007年から2008年にかけて数十カ国で暴動を引き起こしたような価格高騰の引き金になりかねない。3月8日、9日、ロシアとウクライナはそれぞれ小麦の輸出を禁止した。アルゼンチン、ハンガリー、インドネシア、トルコもここ数日、食品の輸出制限を発表している。

簡単な解決策はない。毎年1億6,000万トンの小麦が家畜の飼料として使われているが、その一部を食用に転用することは可能である。しかし、その代用は他の主食にインフレを輸出するかもしれない。欧州と米国での増産とインドの膨大な戦略的備蓄を利用すれば、1,000万トンから1億5,000万トンという相当な量になるかもしれないが、ウクライナとロシアの年間輸出量の合計の3分の1以下である。オーストラリアでは、冬小麦の豊作により多くの輸出を行おうとした結果、農場と港の間のサプライチェーンが詰まってしまった。トウモロコシの場合、政府はバイオエタノールの飼料として使用される1億4,800万トンの一部を、今年の不足分である3,500万トンを補うために充当する可能性がある。肥料不足をカバーするのはさらに難しく、新しいカリウム鉱山の建設には5年から10年かかる。

ウクライナ戦争はすでに悲劇的な出来事となっている。世界の穀倉地帯を破壊し、災難が迫っている。

©2022 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

“From War in Ukraine will cripple global food markets, published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/finance-and-economics/2022/03/12/war-in-ukraine-will-cripple-global-food-markets

War in Ukraine will cripple global food markets
The share of incomes spent on staples is about to jump everywhere