Web3は今のところ人々のニーズに応えていない - マックス・チャフキン
マーク・アンドリーセン. Photographer: David Paul Morris/Bloomberg. 

Web3は今のところ人々のニーズに応えていない - マックス・チャフキン

シリコンバレーは、顧客ニーズに対する独断的な忠誠心で動いてきた。では、なぜこの業界はインターネットにクリプトを組み込むことに夢中になったのだろうか。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・ビジネスウィーク) -- 17年前、当時は比較的無名のウェブ開発者だったポール・グレアムは、ハーバード大学で「How to Start a Startup(スタートアップの始め方)」と題した講演を行った。この講演は、グレアムが広く読まれるエッセイを改編したもので、ドットコムバブル期に試みられたものよりも限定的な起業家精神のビジョンを主張した。起業家はベンチャーキャピタルに対して懐疑的であるべきで、ひたすら安く、小さく、セクシーでない市場に集中すべきであると提言した。そして、何よりも、「最初から顧客を探し、そのニーズに応えろ」というのが、グレアムの主張である。そして、「顧客が本当に欲しいものをつくれ」

この言葉は、その後20年以上にわたって、シリコンバレーで語り継がれるようになった。グラハムは、インキュベーターとベンチャーキャピタルであるY Combinatorを共同設立し、彼のアドバイスをマントラのように取り入れながら、何十社もの大企業を誕生させることになる。技術系大学のキャンパスを歩けば、Y Combinatorのロゴが入ったTシャツを目にすることができる。Y Combinatorのロゴが入ったTシャツを見ると、「Make something people want」と書いてある。このアドバイスは、Facebook、YouTube、Airbnb、その他多くの大成功を収めた企業を含む、いわゆる「Web2.0」企業の全世代に適用された。

スタートアップの哲学として、「人々が望むものをつくれ」には明らかな限界がある。批評家たちは、グラハムのアドバイスが、「マサチューセッツ工科大学(MIT)の寮生を数人連れて、小さなアプリを作れ」というものであったことを長い間指摘してきた。それは、最悪の場合、企業というよりも、あり得ないほどつまらないプロジェクトであり、白人、男性、そして小柄な創業者たちが率いる企業へとつながっていったのだ。また、経済的に不安定な企業も生まれた。例えば、Vineのように、お金を稼がずに中毒性のある製品を提供するWeb 2.0の新興企業や、Uberのように、顧客の欲求(確かに、格安のタクシーは素晴らしいと思う)がまだ収益性に反映されていない企業もあった。

しかし、古いWeb2.0の枠組みは、シリコンバレーの優秀な人材がクリプト(暗号通貨)や「Web3」(ブロックチェーンを中心に構築されたサービスの新しいラベル)について語るのと比べると、ある種の一貫性を持っているのだ。今月初め、ネットスケープの共同創業者でY Combinatorの新興企業の主要な支援者であるマーク・アンドリーセンがタイラー・コーエンとのポッドキャストに出演し、彼が何十億も注ぎ込んでいる業界について説明を求められたとき、このぐにゃぐにゃ感を示す最たる例が現れた。コーエンはアンドリーセンと同じくリバタリアンであり、「ウォーキズム」(ポリティカルコレクトネスや左派的信条)の批判者であり、暗号通貨を賞賛する記事を書いている人物であり、つまり、非常に共感できるインタビュアーである(しかし、クリプトの話題になったとき、コーエンは、例えばWeb3がポッドキャスティングを改善するというアンドリーセンの主張を説明し、弁護するよう、ただひたすらしつこく求めることで、なんとか串刺しにした)。

アンドリーセンは数分間にわたり、Web3の何が良いのかについてまともな答えを出そうと奮闘し、そして理解不能に近い答えにたどり着いた。「見てください、これは経済を導入している」と彼は言った。「非常に基本的なレベルで、インターネット特有のお金、インターネット特有の経済学、そしてインセンティブを、単にそれがなかったシステムに注入している」。コーエンは、アンドリーセンに、この国のトークラジオのリスナーの誰が「インターネット・ネイティブ経済」を熱望しているのか、それがどんな意味であれ、問いただすことを避けた。

もしアンドリーセンが過去数ヶ月、執拗に批評家を非難し、アイン・ランドのキャッチフレーズをツイートし、「現在のこと」について泣き言を言っていなければ、自分自身の説明不足はそれほど顕著には感じられなかったかもしれない(余談としては、アンドリーセンは、別の道を選んだ、というしかない)。

また、この瞬間は、それが唯一の例であれば、それほど重要でないように見えるかもしれない。アンドリーセンのVC会社の顧問を務める投資家で暗号通貨インフルエンサーのパッキー・マコーミックも、ポッドキャストで、なぜ自分の家を「ブロックチェーン上に」置くことが現在のシステムよりも良いのか、雄弁に語ろうとした。結局、マコーミックは、「これらはすべてNFTである可能性がある」と考えた末に、ほぼ最初の地点にたどり着く。マコーミックは、「今ある住宅ローンのインフラを全部作り直したようなものだ」と、司会者から指摘された。マコーミックは自信満々にこう答えた。「ブロックチェーンで そうするんだ」

このような場面は、特に暗号通貨の冬が続く中、多くの嘲笑を浴びたが、Web3の著名な支援者の多くに共通する重要な失敗を明らかにした。シリコンバレーは、消費者のニーズに何年もこだわってきた結果、経済的な支配力を持つに至った重要な試練のことを忘れてしまったようだ。マコーミックがブログの中で述べているように、Web3の企業はユーザーのニーズを二の次にしてきた。つまり、プロジェクトに暗号通貨トークンを組み込むことで、資金と注目を集めるのだ。

これは大きな過失だが、最近まで暗号通貨市場の狂気によって覆い隠されてきた。そのため、VCが支援するビデオゲーム「Axie Infinity」は、ゲームとしてはあまり良くないが、どうにかしてビデオゲーム業界の未来だけでなく、「仕事の未来」であると人々を納得させることができた。それは昨年、そのトークンの市場が暴落するまでのことだった。

私の同僚であるジョシュア・ブルースティンが指摘するように、ゲームが即座に富を蓄積する道として宣伝されるとき、楽しみを忘れるのは簡単なことだ。Axieでは、プレイヤーである投資家が戦略的にキャラクターを「繁殖」させ、それを他の人(多くはフィリピンなどの発展途上国)に貸し出して、ゲーム内で小銭を稼ぐという方法でお金を稼いでいた。アンドリーセンと同じくAxieに出資しているアレクシス・オハニアンは、1月のポッドキャストで「90%の人は、(投入した)時間に対して適切な評価がされていなければ、ゲームをプレイしないでしょう」と語っている。

Redditの共同創業者としてY Combinatorの第1期生となり、旧来のビデオゲーム(遊びで遊ぶもの)のファンであるオハニアンが、ゲームをデジタルの持てる者と持たざる者の経済に変えようとするのは、何か憂鬱な気分にさせる。また、製品にこだわる人たちが、いかにして明らかな投機的バブルの推進者となったかを示唆している。

あなたがベンチャーキャピタル(VC)なら、金融化は自然なことであり、楽しいことにさえ思えるかもしれない。しかし、ほとんどの普通の人は、金融化を楽しいと感じることはない。確定拠出年金(401K)の維持は負担と考え、株式市場はほとんど無視し、請求書は郵便で届いても数日は開封しない。ゲームやポッドキャストを聴くために、リスクとリターンが微妙に異なる複雑な金融取引に参加しようという考えは、おそらく銀河系脳のVC数社には面白く聞こえるのだろうが、他の人にはほとんどわからないことだろう。

もちろん、アンドリーセンやその他の人々がWeb3に大きな賭けをし、それを推進し続ける理由には、2 つ目の、より単純な説明がある。アンドリーセンの会社は、莫大な額のクリプトファンドを新たに立ち上げたばかりだが、同時に、自らが作り上げたバブルを売り込んでいるのである。昨年、同社はコインベースの株を約50億ドル売却し、その一方で、同社が利益を確定させるために作られたと思われるロビー活動に惜しみなく費やしている。同社はコインベースの筆頭株主であり続け、同社の株価は昨年の最高値から85%下落しているため、金融化したソフトウェアの市場に買い手を確保する強い動機がある。

投資家が言うように、ゲームを変えるようなWeb3アプリケーションがいずれ登場することはあり得るし、もしかしたらその可能性すらある。しかし、ここ数年、投資家が消費者に与えてきたのは、瞬間的な富の蓄積という約束だけだ。ビットコインの価格は昨年の最高値から70%下落し、Axieなどの他のトークンの価格はそれ以上に下落しており、これらの約束がいかに空虚で、皮肉なものであったかは明白になってきている。

Max Chafkin. You Can Give People What They Want. Or You Can Give Them Web3.

© 2022 Bloomberg L.P.