テンセント、WeChat Payで過去最高額の罰金に直面 - WSJ

テンセント、WeChat Payで過去最高額の罰金に直面 - WSJ

中国の中央銀行がテンセントの「微信支付(WeChat Pay)」がマネーロンダリングの規則に違反していることを発見し、テンセントが過去最高額の罰金に直面することになった、とWSJが報じた。

ブルームバーグ

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が関係者の話として報じたところによると、中国の中央銀行がテンセントの「微信支付(WeChat Pay)」がマネーロンダリングの規則に違反していることを発見し、テンセントが過去最高額の罰金に直面することになった。

中国人民銀行は、テンセントの決済プラットフォームが、ギャンブルなどの不正な目的のための資金移動を認めていたことを明らかにしたと、同紙は報じている。WeChat Payはまた、テンセントが同プラットフォームで取引するユーザーやマーチャントを特定するために必要な他の規則にも不適合と判断されたと、WSJは伝えている。

マネーロンダリングの可能性を調査することは、北京のインターネット産業に対する徹底的な取り締まりの新たな前線を開くことになる。この取り組みは、配車やeコマース、オンライン教育などの分野で、すでに数千億ドルの価値を一掃しているものだ。テンセントはこれまで、規制当局による正式な措置はほとんど受けていない。ライバルのアリババや美団とは異なり、WeChatの運営会社はまだ政府の調査の直接的な標的にはなっていない。

テンセントの広報担当者はコメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

テンセントの投資部門は、習近平国家主席の政権が「無秩序な資本拡大」とみなすものへの警戒を強めているため、影響を受ける可能性がある。一方、WeChat(微信)は電子商取引からショートビデオ、オンライン決済まで、あらゆる分野にまたがる閉じたインターネットのエコシステムを構築しているため、規制当局から監視の目が向けられている。昨年、同国の技術監督当局はインターネット企業に対し、ライバルサービスをブロックすることをやめるよう警告し、WeChatはアリババやバイトダンスなどが運営するアプリへの外部リンクを許可するよう促された。

最近制定された規制により、テンセントはアリババ創業者のジャック・マーが率いるアント・グループ社のような金融持ち株会社の下でフィンテック事業を再編することが求められている。しかし、WeChat Payとテンセントの他の金融部門との関連は、経営陣が業務への影響は最小限であると述べている分離をより複雑なものにする可能性がある。

テンセントの株価は下落幅を拡大し、午後の取引で10.3%安となった。

Zheping Huang. Tencent Faces Record Fine Over WeChat Payments, WSJ Says. © 2022 Bloomberg L.P.