ドル支配はウクライナ戦争をきっかけに崩れる?
国債基軸通貨ドルは緩やかに支配力を落としているものの、ドルのようなものが存続することの利点は失われていないとThe Economistは説明している。Photo by NeONBRAND on Unsplash

ドル支配はウクライナ戦争をきっかけに崩れる?

グローバル金融の分野で、ドル支配が純粋に、そして確実に失われている最も良い例は、中央銀行の外貨準備だ。それでも、グローバル通貨の保有者と利用者は、流動性、柔軟性、信頼性を求め続けるだろう。すべての通貨がそれらを提供できるわけではない。

エコノミスト(英国)

国際的な非難を浴びた侵略の後、ロシア当局は、アメリカの手の届くところにあるドル建て資産が突然没収される恐れがあると慌て、代替手段を探すのに躍起になった。この侵略は2022年でも2014年でもなく、1956年にソ連軍の戦車がハンガリーに進駐したときのことである。この出来事は、ユーロダラー市場(アメリカ国外に保有され、通常は銀行規制当局の直接の手が届かないドル建て預金のネットワーク)を活性化させる要因の1つと見なされることが多い。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン