世界経済は70年代の再来を避けられが多少の傷を負う覚悟がいる
木曜日に発表される予定のデータによると、アメリカの消費者物価指数は2月に前年比で7.9%加速し、1982年以来最も高くなると予想されている。ブルームバーグ・エコノミクスは、3月か4月に約9%のピークを迎えると見ている。

世界経済は70年代の再来を避けられが多少の傷を負う覚悟がいる

70年代のようなスタグフレーションに陥る可能性は薄いが、物価急騰に賃上げが追いつかなくなるかもしれない。米国の消費者物価指数は2月に前年比で7.9%加速するとみられ、ブルームバーグ・エコノミクスは3月か4月に約9%のピークを迎えると予測している。

ブルームバーグ

世界経済は1970年代のスタグフレーションの再来を回避する可能性がある……と、ここまでは良いニュースだ。

ロシアのウクライナ侵攻後、商品価格が歴史的な高騰を見せ、すでに高いインフレが蔓延しているため、投資家やエコノミストは40年前のエネルギーショックとその後の長期的な景気後退との類似点を探っている。

国際通貨基金(IMF)の元チーフエコノミスト、モーリス・オブストフェルドは「心配するのは当然だ」と言う。

「ショックが続く時期が長引けば長引くほど、「1970年代の経験のようなもの」に見舞われる可能性が高くなる、と彼は言う。

米国経済は1970年代の影を見る。記録的なガソリン価格がインフレに拍車をかける
米国経済は1970年代の影を見る。記録的なガソリン価格がインフレに拍車をかける

全体として、このような運命はおそらく避けられると、ほとんどのエコノミストは言っている。しかし、彼らがそう考える理由は、企業や労働者にとって全く心強いものではない。

経済成長の鈍化や景気後退は、インフレ克服の代償となる可能性があり、特に新興国はその危険性が高い。

日銀の金融政策担当だった門馬一夫は、「インフレの暴走よりも、世界経済の成長が著しく減速することの方を心配すべきです」と言う。

Moody's Analyticsのチーフエコノミストであるマーク・ザンディによれば、米国連邦準備制度理事会などの中央銀行は1970年代の長期インフレから教訓を得ており、あの「暗い道」を再び通ることはないだろうということである。

「スタグフレーションのシナリオに陥り、後でもっとひどい不況に陥るよりは、むしろ早く不況に追い込みたいのだろう」とザンディは言う。

経済学者が1970年代の復活を予想しないもう一つの重要な理由は、労働者が当時のように賃上げを獲得することができないからである。

米国や英国では、労働組合が激減している。労働組合が大きな役割を果たしているドイツでさえ、今は大幅な賃上げを求めることに慎重になっている。

つまり、1970年代のインフレの鍵となった、いわゆる賃金価格スパイラルの再来の可能性は低くなっている。また、スーパーマーケットやガソリンスタンドでの価格上昇に所得が追いつかず、家計が大きく圧迫されるリスクもある。

歴史書を読み返す理由はまだある。1970年代には、1973年のOPECによる石油禁輸とその6年後のイラン革命に関連した2つのエネルギー・スパイクが発生した。

ロシアのプーチン大統領がウクライナへの侵攻を命じてから数週間、原油価格は1バレル130ドルを超えたが、それ以外にもさまざまな価格変動が起きている。ロシアは小麦、肥料、ニッケルなどの主要な生産国であり、米国主導の制裁はこれらの市場を混乱させた。

1970年代も今日も、ショックはすでにインフレ問題を抱えていた国々を直撃している。例えば、木曜日に発表される予定のデータによると、アメリカの消費者物価指数は2月に前年比で7.9%加速し、1982年以来最も高くなると予想されている。ブルームバーグ・エコノミクスは、3月か4月に約9%のピークを迎えると見ている。

また、インフレの原因はいくつかある。1970年代には金本位制からの離脱、ドルの切り下げ、1960年代の景気刺激策の二日酔いなどがあった。1972年のエルニーニョ現象による漁獲量の減少は、飼料や牛肉の価格上昇につながった。

この1年、コロナウイルス感染症の遺産である供給網のほころび、多額の政府支出、金融緩和政策が価格に火をつけた。ヨーロッパは、ロシアの侵攻以前からエネルギー危機に直面していた。

ひとつ違うのは、先進国の経済が当時よりはるかにエネルギー集約的でなくなっていることだ。

UBSウェルス・マネジメントのグローバル・チーフ・エコノミスト、ポール・ドノバン氏は「GDPに占める石油消費量の割合ははるかに低く、エネルギー効率も向上している」と言う。

また、エネルギーだけでなく、「日用品への依存度もかなり低くなっている。パン1個の値段のうち、小麦は20%にすぎない」。

それでも、現在の危機の中で、その数字のいくつかは変化するかもしれない。

イングランド銀行の元幹部で、現在はブラックロック投資研究所のマネージングディレクターを務めるアレックス・ブレイザーによると、ロシアから石油とガスの大部分を調達しているヨーロッパでは、経済における「エネルギーコスト負担」が1970年代以降で最も高くなる可能性が高いという。

商品価格高騰の波は、持続的なインフレと成長の減速または反転のリスクを両立させなければならない中央銀行にとって、さらに難しいバランスを取ることを意味する。

少なくとも米国では、投資家は来週から年内に6回の利上げを見込んでいる。シティグループのエコノミストは、いずれ半値の利上げを実施すると予測している。

マサチューセッツ大学アマースト校のエコノミスト、イザベラ・ウェーバーは、FRBに物価抑制を依存することは、不必要な経済的ダメージを与える可能性があると指摘する。少なくとも、必要不可欠な商品の価格を政府がコントロールすることについて、真剣に話し合うべきだという。

この提案は12月にウェーバーが初めて行ったとき、正統派経済学者から激しい反発を受けたが、それは1970年代のアメリカの価格統制の記憶が一因である。

政府内外の主要な意思決定者が、物価と賃金の高騰を放置して1970年代の失敗を繰り返さないようにと切望している兆しがあるのだ。

米国では、バイデン大統領が企業に警告を発し、価格高騰を防ごうとしている。火曜日にロシアの石油輸入禁止を発表した際、バイデン大統領は、「過剰な価格上昇や利益の水増し」の兆候がないか、ガソリン業界を綿密に調査するつもりだと述べた。

ユーロ圏の物価上昇率は2月に過去最高の5.8%に加速した
ユーロ圏の物価上昇率は2月に過去最高の5.8%に加速した

賃金面では、アメリカやイギリスなど一部の国では、1970年代以降、交渉力が大きく低下し、労働者が交渉する余地がほとんどなくなっている。労働組合が比較的強く残っているドイツは、いくつかの教訓を伝える例を示している。

1973年のオイルショックの後、労働組合は8%近いインフレに対応し、2桁の賃上げを推し進めた。その結果、第二次世界大戦以来最悪の経済不況に陥り、完全雇用が事実上終焉した。

今、労働組合と雇用主は政府に助けを求めている。ドイツ最大の組合であるIGメタルと使用者団体Gesamtmetallは、3月4日の声明の中で、インフレを相殺するための「包括的な対策パッケージ」を求めて陳情している。

フランスやスペインなど他の国も、インフレのショックを和らげるために財政政策を用いており、インフレの請求が高い家計を助けるために補助金を出している。米国でも同様のアプローチを支持するエコノミストもいる。

バーイングスのチーフ・グローバル・ストラテジスト、クリストファー・スマートによれば、これらのことは世界経済が1970年代よりも回復力があることを示しているとのことです。スマートは、スタグフレーションは短期間で収束する可能性が高いと考えている。

それでも、ロシアのウクライナ侵攻は「何年も、もしかしたら何十年も続くかもしれない本当の危機」を引き起こした、と言うのだ。

-- Enda Curran、Vince Golle、Malcolm Scottの協力を得ています。

Shawn Donnan, Rich Miller, Jana Randow and Philip Aldrick. World Economy Can Avoid 1970s Rerun, But Not Without Some Hurt.

© 2022 Bloomberg L.P.