習近平、市場の安定確保声明で株式市場に命綱

習近平、市場の安定確保声明で株式市場に命綱

中国政府は資本市場の安定を確保すると宣言。連日売り浴びせが続いた中国株式市場では、ハンセン中国企業株指数は12.5%上昇し、2008年10月以来の上昇を記録した。

ブルームバーグ

中国株にとって過酷な12カ月を経て、水曜日のセッションは、ヘッドラインが流れるまでは数年来の安値からの緩やかな反発のように見えていた。その後、ここ数日のパニック売りに代わって、すぐに市場参加者が欲を見せ始めた。

香港で午後4時過ぎに取引が終了する頃には、ハンセン中国企業株指数は12.5%上昇し、2008年10月以来の上昇を記録した。アリババは27%、JD.comは36%急騰した。不動産株は過去10年以上で最も上昇した。

国営メディアに掲載された短い声明の中で、中国トップの金融政策機関は、資本市場の安定を確保し、海外株式上場を支援し、不動産開発業者に関するリスクを解決し、「できるだけ早く」大手テクノロジー企業の取り締まりを完了させると宣言した。中国人民銀行の易綱総裁は、中央銀行が銀行監督機関と同様に政策の実施を支援するとの声明を発表した。

習近平国家主席の公約は、目標達成のために当局が何をすべきかについてほとんど明確ではなかったが、中国がすべての懸念を一挙に公に取り上げたのは初めてのことであった。今年秋に開催される共産党大会で、習近平国家主席はさらに5年間の政権を確保すると見られており、その前に安定を実現することが急務であることを示している。

中国株、政府が安定優先を宣言して急上昇
中国株、政府が安定優先を宣言して急上昇

サクソバンクの株式・クオンツ戦略責任者であるピーター・ガーンリーは、「屈服の終わりである」と述べた。「中国政府は、健全で強い株式市場が今後の中国にとって重要であると考えていることが確認された。中国株に対する逆風は依然として大きいが、株式市場は今、完全にセンチメント主導で、誰もが買う口実を探している」

政府が行動する必要性はますます高まっている。中国の金融市場に対する世界の信頼は、2008年の金融危機以降で最も低い。株価は暴落し、信用は失墜し、国債からの記録的な資金流出が通貨の強さを損なっているのだ。

習近平はまた、経済を強化するための政治的圧力にも直面している。コロナウイルス感染症の感染の拡大は、成長を妨げ、何百万人もの人々の生活を破壊する恐れのある都市封鎖に拍車をかけている。国務院の声明は、習近平の政治的要請を暗に示し、経済と市場の安定を維持するために「『2つの確立』の意義を深く理解する」よう各方面に呼びかけた。2つの確立とは、共産党の最も重要な人物としての習近平の立場を肯定する専門用語である。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

経済政策全般を担当する劉鶴副首相が率いる金融安定発展委員会の会合によれば、政府部門は「市場に利益をもたらす政策を積極的に導入する」べきであるとしている。

国営新華社通信によると、中国は企業の海外上場を支援し、米国の取引所における中国株に関するワシントンとの話し合いで前向きな進展を得たとし、双方は詳細な協力計画の策定に取り組んでいると付け加えた。

北京の政策が昨年からの低迷の引き金となった。政府はハイテク企業と不動産開発業者を取り締まり、2つの重要な富の創出者を抑圧した。投資家は、中国がロシアを支援しているとみなされたことによる制裁や、中国の海外上場の終了など、最悪のシナリオが現実のものとなることを恐れはじめた。ロシアがデフォルトの危機に瀕し、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げに踏み切るなど、世界的に市場のパニックが高まっているときに、このような事態が起こったのである。

2008年と同水準まで下落した中国株。
2008年と同水準まで下落した中国株。

売りのペースは凄まじかった。ハンセン中国企業指数は火曜日までに今月24%急落した。水曜日の急騰の後でも、この指数は過去1年間で約40%下落し、世界的に見ても最悪のパフォーマンスとなっている。米国の中国株は2021年のピークから75%下落した。中国のドル建てジャンク(投資不適格)債の利回りは初めて27%を超える水準に急騰した。

人民元も脆弱に見え始めた。月曜日に中国のオフショア通貨で売りの勢いが強まったのは、過去5年間でほんの一握りしか見られなかったことだ。シティグループの顧客取引に基づく計算では、人民元は先週、世界の新興国通貨の中で最大の実質的な資金流出に見舞われた。

中国の政策立案者は行動を起こす必要がある。市場の安定を保つという約束は、1月に証券監督当局によって表明されたが、それ以来、介入したことは知られていない。中国企業の米国預託証券(ADR)の監査について、米国との対話を確約したことは以前からある。不動産会社の資金調達ルールの緩和は、今のところ段階的なものである。

また、今回のハイレベル会合では、原油価格の高騰や中国企業が制裁の対象になるのではという投資家の懸念を煽るロシアのウクライナ侵攻についても言及されなかった。中国の主要都市に広がる感染力の強いオミクロン株、FRBの引き締め路線、世界的なポートフォリオのリスク回避など、北京がコントロールできないリスクもあり、マネーマネージャーたちは2008年以来、国際経済について最も悲観的な見方をしている。

Eurizon Capital AsiaのCEOであるSean Debowは、「私は、これが転換点だとは思っていない。落ちるナイフを捕まえるには、非常に強い信念が必要だが、我々はまだそれを持っていない」。

ショートスクイーズが上昇を加速させたのかもしれない。月曜日と火曜日の香港の一日の売買高の約4分の1は空売りで占められていた。こうした投機筋は月曜日に1,000万株以上のテンセント株を取引し、過去1年以上で最多となった。

中国の金融市場における外資の役割は、かつてないほど重要なものとなっている。2019年初めから2021年末までの間に、海外の現地株保有額は242%以上増加し、3兆9,000億元(約6,130億円)となった。国内の債券市場への資金流入は129%増の4兆1,000億元となった。

世界の投資家の信頼喪失は、中国の支配的エリートにとって重要な意味合いを持つ時期に来ている。秋には共産党が10年に2度の指導部再編を発表する。習近平は党首の座を延長し、盟友を重要ポストに据える一方、李克強首相は退陣するとの見方が強い。

中国はこれまでにも金融市場を強化するために強硬策を講じてきたが、その成果はまちまちだった。

2年前、中央銀行と各業界の規制当局は、コロナ禍発生の影響に対抗するため、30以上の支援策を発表した。また、規制当局は投資信託や証券会社の自己勘定取引を禁止し、買った株数より売った株数の方が多くなるようにした。国内のCSI300指数は、長期休暇明けの取引開始時に9.1%も下落したが、年間では27%上昇した。

市場の変動を管理するための強引なアプローチは、2015年の株式バブル崩壊後に中国が誤った介入によって売りを加速させたように、裏目に出る可能性がある。CSI300指数が2015年の高値を回復したのは、それから5年後のことだった。

-- Daniel Ten Kate、Jing Li、Lucille Liuの協力を得ています。

Sofia Horta e Costa. Xi Spurs Frantic Stock Buying With Lifeline for China Markets. © 2022 Bloomberg L.P.