YouTubeに課金することは理にかなう…しかし、Facebookは? - Parmy Olson
Photo by Javier Miranda

YouTubeに課金することは理にかなう…しかし、Facebookは? - Parmy Olson

Meta Platformsは、プレミアム機能を販売するアイデアを検討する最新のソーシャルメディア大手となった。Facebook、Instagram、WhatsAppの新しいウィジェットのためにお金を払う人がいるかどうかを確かめたいのだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- The Vergeの報道によると、Meta Platformsは、サービスの一部としてプレミアム機能を販売するアイデアを検討する最新のソーシャルメディア大手となった。Metaは、Facebook、Instagram、WhatsAppの新しいウィジェットのためにお金を払う人がいるかどうかを確かめたいと考えている。

しかし、それは難しい挑戦になるだろう。

この質問を自問してみてください。「あなたはFacebookでどのような特別な機能を使用するためにお金を払うだろうか?」。過去10年間、同社は、Messengerの気の利いたデジタルアシスタントから大規模な暗号通貨プロジェクトまで、ユーザーを獲得するのに失敗した一連の新サービスを実験してきたことを考慮してください. すべて炎上し、無料化された。

Facebookの観点から, それは彼らのニュースフィードから広告を削除するために人々を充電するような単純な修正があった場合、それは素晴らしいことだ。YouTubeは、広告を消すためにユーザーが喜んでお金を払うほど不快にさせることで、登録者を獲得しているのだ。しかし、Facebookのユーザーは、ただスクロールして通り過ぎるだけだ。

過去7年間で、YouTubeの有料会員数は着実に増えている。現在では5,000万人以上が、YouTube PremiumかYouTube Musicのどちらかに月々1,000~11,99ドルを支払っている。

YouTubeはこれらのサブスクリプション・サービスの収益を明らかにしていないが、控えめに見積もっても、毎月5億ドル、年間60億ドルのサブスクリプション料を得ており、この部門の総売上高の5分の1近くを占めている(残りは広告収入である)。

これは、YouTubeをソーシャルメディアにおける異端児にすることになる。Meta、Snap、Twitterはいずれも多角化に取り組んでいるが、広告への依存度を下げることに成功している企業はほとんどない。

収益の99%を広告から得ているSnapは、スマートグラスを販売する試みで苦戦を強いられている。6月には、「Snapchat Plus」という月額3.99ドルのサブスクリプション・サービスも開始した。機能は地味だ。例えば、Snapchatのアイコンのスタイルを変更することができる。今のところ、100万人のユーザーが有料に登録している。これは悪くないスタートだが、他の3億2900万人のアクティブユーザーの多くが同じことをするとは考えにくい。

一方、Facebookは壁にスパゲッティを投げつけ、何がくっつくか試しているが、ほとんどくっつかない。この数ヶ月の間に、ゲーム部門、ライブショッピングツール、Nextdoorに対抗するための近隣機能を閉鎖している。また、ニュースレターのプラットフォームも縮小している。

Twitterのデータライセンス事業は、昨年、収益の約11%、5億7,000万ドルをもたらした、まともな多角化の努力であるが、ユーザーデータに依存しているため、広告モデルとそれほど大きな違いはない。

YouTubeは、インターネット上で最も迷惑な広告の一つであるため、広告からうまくシフトすることができた。多くの人気動画の冒頭に表示される4秒以上の広告カウントダウンは、まるで永遠のように感じられまる。そのコマーシャルは、スクリーン上のスペースだけでなく、私たちの時間を著しく奪っている。YouTube Premiumに関するツイートをいくつか見てみると、歯磨き粉やウェブデザイン会社の広告を見ることを強いられることなくウェブサイトを利用できることがいかに爽快であるかということが書かれているものが多い。「私はYouTube Premium(広告なし)を始めた。私は自信を持って私は決してそれを止めないと断言できる」とあるユーザーは、最近言った。

パンデミックの間、YouTubeの加入者の伸びは加速し、この部門は非常に成功しており、親会社のAlphabetは、非広告事業の成長を牽引していると述べている。

Vergeのレポートでは、Facebookは将来の加入者に対して広告表示を残すと述べている。YouTubeで逆のことがうまくいったことを考えると、それはクレイジーに聞こえるが、Facebookは広告における自らの成功の犠牲者になってしまったのだ。その膨大なデータ収集の実践は、その広告が非常によくターゲット化され、パーソナライズされ、ニュースフィードで非常にうまくカモフラージュされていることを意味し、ユーザーの多くはおそらくそれらを過ぎてスクロールし続けることを気にしないでしょう」

このことは、迫り来る問題を示唆している。Facebookのようなソーシャルメディア企業は、その収益の97.5%を広告から得ており、デジタル広告の成長が止められないように見えたため、高値で評価された。しかし、市場調査会社eMarketerの最近の予測によると、この成長は今後数年で減速し、今年の約16%から2026年には約7%になるとされている。FacebookとSnapは広告モデルに縛られているため、多様化する以外の選択肢はほとんどない。

「Facebookは、そのアプリが死んでいることを内部的に知っている」とソーシャルメディアコンサルタントのマット・ナバラは述べている。「それは今、それができるすべての最後の数セントを絞り出そうとしている」。 マーク・ザッカーバーグの仮想現実(VR)への数十億ドル規模の投資は、手を広げるための大きく危険な試みである。有料機能に手を出したのもその一つだ。

Facebookが約30億人のアクティブユーザーの5%でも、InstagramやFacebookの気の利いた機能に月3ドルを支払ってもらえれば、年間約54億ドルの収入になる。これは、Facebookが昨年広告から得た1170億ドルのほんの一部だが、デジタル広告支出の今後の減速を相殺するのに役立つ可能性がある。

また、調査会社Insider Intelligenceによると、昨年のAppleの財政的に破滅的なプライバシーアップデートによって残された真空の一部を埋めるだろう。このアップデートは米国のiPhoneやiPadユーザーの37%が広告主によって追跡されないようにすることにつながった。調査会社Lotame Solutionsは、この動きによって2022年にMetaが145億ドルの収益損失を被るだろうと予測している。

Facebookがその不足分を新しいウィジェットで補うとは考えにくいが、やってみるしかないだろう。ザッカーバーグは、その過程で、YouTubeよりも迷惑な広告を作る誘惑に駆られないことを祈る。

Paying for YouTube Makes Sense. But Facebook?: Parmy Olson

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ