ユニコーンがケンタウロスに追い抜かれるとき - ライオネル・ローラン
Photo by Annie Spratt

ユニコーンがケンタウロスに追い抜かれるとき - ライオネル・ローラン

市況の変化がユニコーンの地位を落とし、経常収益1億ドル以上の非上場企業ケンタウロスを台頭させた。即時に大金を儲ける夢は潰え、実際に利益を出すという苦難の道へと向かっている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- マーク・アンドリーセンとベン・ホロウィッツの新興企業ラウドクラウドが、ドットコムブームが崩壊した2000年に8億2,000万ドルの評価額で資金調達を完了させたとき、経営陣はスタッフからの歓声を期待していた。しかし、最初の質問はこうだった。「なぜ、10億ドルの評価を得られなかったのか」。

ユニコーンへの羨望、つまり見出しを飾り財布を開くための9つのゼロの追求は、それ以来、雪だるま式に増えていった。CBInsightsによれば、AmazonやGoogleに憧れる人々が10年間にわたり安価な資金を投入し続けた結果、2月には世界で1,000社以上の10億ドル以上の非上場企業が誕生し、その総額は3兆3,000億ドルに上るという。ユニコーンを数えることは、国家の成功の指標となっている。フランスのマクロン大統領は、2025年までに25社のユニコーンを設立することを目標とし、3年早く達成した。

このような強迫観念にはマイナス面もある。現金を燃やし、何としても成長しようとする競争は、お金を失うことをほとんど流行にした(例えば、WeWorkがそうだ)。2020年のテクノロジー企業の新規株式公開(IPO)のうち、黒字の企業はわずか22%だった。テクノロジーの問題解決能力に関しては、ベンチャーキャピタルの森には、ワクチンメーカーよりもデジタル執事やクリプト(暗号通貨)アプリの方が多く生息する。

ユニコーン・バブルが終焉を迎えるのは喜ばしいことかもしれない。パンデミック後の戦争で荒廃した世界では、安価な貨幣の終焉が待っている。金融界の吹雪のように、株式市場の暴落と金利の上昇によって、ベンチャーキャピタルは避難所へと向かっている。GPBullhoundによると、ヨーロッパのベンチャーキャピタルの資金調達額は、今年の第1四半期から第2四半期にかけて50%減少し、61億ドルに達したという。成長率の低下と楽観主義の後退により、かつてはタイガー・グローバルが鼻血を出すような企業価値を積極的に与えてくれた新興企業も、コスト削減と現金の節約を指示されるようになった。Crunchbaseによると、今年、2万1,000人以上の米国のハイテク労働者が解雇された。

長期的な楽観論はまだかなりある。インデックス・ベンチャーズのマーティン・ミニョーは、ハイテク企業はドットコム不況や金融危機といった過去の不況を生き延びてきたと指摘する。しかし、資金調達の冬が18〜24ヶ月続くと予想される今、新興企業のキャッシュ創出能力は最も重要なものとなりつつある。ミニョーは、「品質への逃避が起こるだろう」と言う。

今こそ、時代にマッチした新しい動物「ケンタウロス」を狩る時なのかもしれない。ケンタウロスは、クラウドベースのサービスにおいて一般的な指標である年間経常収益が1億ドルの新興企業と定義され、Bessemer Venture Partnersによって新しいアンチユニコーンとして支持されている。クラウド業界では、ケンタウロスは世界で150社しかない。しかし、より多くの有料顧客、より多くのスタッフ、そしてより確立された製品と市場の適合性があれば、創業者のカリスマ性が薄れたときにゼロになる可能性は低くなる。

バズワードが何であれ、このシフトの根本的な要素は、私たちが過去に食べさせられてきたものよりも健全に見える。新興企業は、資金調達をパーティーのカクテルソーセージのトレイのようにとらえるように教えられてくる。ウェイターが二度と戻ってこないかもしれないので、できるだけ多くのものを手に入れるのだ。豊富な資金は、競合他社を打ち負かすために現金を燃やし、自らの高い評価を正当化するというユニコーンの「ブリッツスケーリング(総力を挙げて成長に集中する電撃戦)」の傾向を助長した。しかし、今日の世界では、そのようなことは困難であり、損失を埋めるために外部資金に依存する企業が少なくなるのであれば、それは良いことかもしれない。

Netflixやフードデリバリーの新興企業である Gorillasが学んだように、消費者志向の企業にとって、何年も成長を追い求めた後に価格を上げることは、高インフレの時代にはそう簡単なことではないだろう。顧客獲得のためのコストが持続不可能になったセクターもあるようだと、Partechのレザ・マレクザデは言う。アボカドトーストを自宅まで配達してもらうための「本当の」コストを覆い隠すようなビジネスモデルは、今後ますます珍しくなり、それは良いことでしかないだろう。

楽観的に考えるなら、世界を変えるようなテクノロジーは、ミノタウロス、あるいはLyftやDoorDashのように数十億ドルという驚異的な資金を調達したユニコーン、にあまり執着しない世界で成長するかもしれないと主張することもできる。シリコンバレーのベテラン、ティム・オライリーは、その理由をこう説明している。「運のいい人は、すべてが上昇しているときに天才のように見えるし、ハイプバブルのときにTheranosのようなモンスターを作るのも簡単だ。1971年にインテルが上場したとき、現在の価格で3億7,500万ドルの価値があり、年間収益は約7,000万ドルで、利益はわずかだった。インテルよりはるかに高いバリュエーションで、採算の取れないハイテクIPOの2020年の作物のうち、どれだけが社会に同様の影響を与えるだろうか?」

確かに、時代に合わせて獣神話を変えるというのは、少し陳腐な感じがする。ケンタウロスでさえ、不況の影響を受けないとは限らない。そして、めったに姿を変えない種族がいるとすれば、それはベンチャーキャピタルの投資家である。彼らは、失敗するかうまくいくかのどちらかの賭けの大部分を相殺する10倍のホームラン新興企業を常に探している。だから、マーク・アンドリーセンは、ケンタウロスとは無縁に見えるWeb3の伝道師なのだ。

しかし、気候変動からパンデミック、人工知能に至るまで、大きな挑戦の世界では、資金調達のスタートアップが評価額よりも利益について不平不満を持って迎えられるのは、それほど悪いことではないかもしれない。結局、ラウドクラウド自体はドットコム不況を生き残り、オプスウェアと改名して1億ドル近い収益を上げた後、2007年にヒューレット・パッカードに16億ドルで買収されたのである。ユニコーンが寒冷化した市場に適応できなければ、消滅の危機が迫っている。

Lionel Laurent. Tech’s $1 Billion Unicorns Eclipsed by Centaurs: Lionel Laurent.

© 2022 Bloomberg L.P.