Z世代はTikTokをGoogleのように使う
Photographer: Hollie Adams/Bloomberg

Z世代はTikTokをGoogleのように使う

Z世代はTikTokをGoogleのように使い、古いインターネット秩序を揺るがしている。TikTokは検索と楽しいクリップの組み合わせで若者を魅了している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- Googleは検索用。TikTokはエンターテインメントのためのもの。少なくとも、かつてはそうだった。

しかし、10代や20代の若い世代にとって、TikTokは情報を見つける場所となりつつあり、既存のインターネット大手の機能を担っている。10億人以上のユーザーを誇るこのサービスは、10代から25代の若者がビデオクリップを見るだけのアプリを超え、年配者にも注目されている。

EMarketerによると、TikTokの売上は今年、3倍の120億ドルに達すると予想されている。TikTokのユーザーの3分の1はZ世代で、米国内だけでも6,700万人が利用している。この層はまだ買い物の習慣を形成中であり、広告主やテクノロジー企業にとって重要な見込み客となっている。また、若いユーザーが新興企業に親近感を抱くことは、反トラスト法に違反するという批判に対して、技術系企業が対抗する材料にもなっている。

「TikTokがなかったら、今の職場にいなかったでしょう」と、ダラス地域のソフトウェア販売員、エジンヌ・オグボンナさん(24)は言う。"実は、ある人のTikTokを通じて研修プログラムを見つけ、その研修プログラムをこなし、今の仕事に就いた。

最近の若者のおよそ40%は、おすすめのランチを検索する際に、GoogleよりもTikTokやFacebookの親会社であるMeta Platformsが所有するInstagramを使っていると、Google上級バイスプレジデントのプラバカル・ラガバンは今月のTechCrunchとのインタビューで述べている。このデータは、18歳から24歳の米国のユーザーを対象にした調査によるものだ。複数の反トラスト法違反訴訟を抱える検索大手は、このような調査結果を指して、競合の強さを訴えている。

「我々は、新しいインターネットユーザーが、我々が慣れ親しんだ期待や考え方を持っていないことを、何度も何度も学び続けている」とラガバンはインタビューの中で述べている。「彼らが尋ねるクエリ(検索ワード)は、まったく異なるものだ」

それは、インターンシップを開始するためにジュネーテンスの週末にニューヨークに到着したレイア・ゲタフンにも当てはまった。20歳のカリフォルニアの大学4年生は、TikTokを使って、一般消費者や新しくつながった友人が作成した検索結果にアクセスした。15秒のクリップは、彼女が複数のタブを開いたり、長いビデオに苦しんだり、何年も前のクリップを整理したりする時間を無駄にしないことを意味する。

「ニューヨークに来て最初の週に、『よし、黒人がたくさんいて、いい音楽が聴けるクラブはどこだろう?』といろいろ見て回った後、TikTokで見つけた市内のイベントに行ってみたら、すごく楽しくて、雰囲気も最高だった」

中国のバイトダンスが所有するTikTokに、誰もがそれほど夢中になっているわけではない。アメリカの規制当局は、アメリカのユーザーのデータが中国政府の手に渡ることにならないか、疑問を投げかけている。同サービスの経営陣は、中国にいる従業員が米国ユーザーの情報にアクセスできるとしているが、中国共産党に渡ることは否定している。調査会社のセンサータワーによると、このアプリは米国で3億2,000万回以上ダウンロードされている。

しかし、マーケティング担当者の重要なターゲットである若い消費者とつながろうとする企業にとって、TikTokはすぐにアクセスできる環境を提供している。

世界初のオートミール・アイスクリーム店、Whipped Urban Dessert Labの創業者であるコートニー・ブラグローブとザン・B・Rは、TikTokが自分たちのビジネスにいかに役立つかを身をもって学んだ。ニューヨークのローワーイーストサイドにある姉妹の店は、パンデミックに襲われたとき、わずか2週間しか営業していなかったそうだ。ようやく営業を再開した姉妹は、TikTokのような場所での存在感を高めるために、ソーシャルメディア・マネージャーを雇った。

動画クリップの効果

新鮮なアイスクリームにキャラメルソースをかけたり、カップからクッキーを落としたりする短いクリップは、73,000人以上のTikTokユーザーを引きつけて、この代替アイスクリームをフォローさせた。

「ソーシャルメディアは、自分では体験できない製品を人々に見てもらうだけでなく、マスメッセージとしても非常に重要だった」とザン・B・Rは述べている。

現在では、1日に約500人が来店し、行列ができることもあるそうだ。ユーザーの「For Youページ」に登場することで、中小企業は全国・全世界の視聴者や潜在顧客を惹きつけることができる。

「お客さまが自分の存在を求めてくれるのは、ビジネスにとって夢のようなことです」とブラグローヴは言う。

TikTokの若いユーザーにとって、その魅力はクリップであり、彼らの問いかけに対する楽しくて視覚的な答えだ。

カリフォルニア大学バークレー校に通うゲタフンは、「私たちは、本を読むのが嫌いな子供と同じだ。絵本を与えると、突然ビジョンが見えてくる」という。

--Mark Bergenの協力を得ている。

Norah Mulinda, Amina Niasse. Gen Z Uses TikTok Like Google, Upsetting the Old Internet Order.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ