イスラエルによるガザ侵攻が近づく[英エコノミスト]

イスラエルによるガザ侵攻が近づく[英エコノミスト]
2023年10月18日水曜日、ニューヨーク州選出のブランドン・ウィリアムズ下院議員は、アメリカ・ワシントンDCのキャピトル・ヒルにあるキャノン・ハウス・オフィス・ビルで、「平和のためのユダヤの声」と共にデモを行い、イスラエル国旗を掲げた。カメラマン Kent Nishimura/Bloomberg
“The

イスラエル国防軍(IDF)は40年以上ぶりに、1,000両を超えると思われる全装甲部隊を招集した。また、2万人の民間防衛部隊を含む36万人の予備役も招集された。この追加人員は、IDFのフルタイム要員、およそ17万人を補強するためのものだ。これらの部隊の一部は、ヒズボラの過激派によるレバノンからの潜在的な攻撃を防ぐため、イスラエルの北部国境沿いに配備されているが、より多くの部隊がガザ地区近くの南部に集結している。イスラエルは、1982年のレバノン侵攻以来最大の軍事作戦を開始する構えだ。イスラエル指導者たちは、10月7日にイスラエル南部を血まみれで暴れ回った報復として、ガザを支配する過激派組織ハマスの壊滅を決意していると語っている。

英エコノミスト誌が報道を始めた時点では、攻撃は実現していなかった。遅れている最も明白な理由は、10月18日に米国のジョー・バイデン大統領がイスラエルを短期間訪問したことである。バイデン氏の訪問は、イスラエルへの支持を示すと同時に、ガザに閉じ込められたパレスチナ市民を助けるための何らかの合意を仲介しようとするものだった。

偶然にも、バイデン氏が10月17日にエアフォース・ワンに搭乗して現地に向かおうとした矢先、ガザの病院で致命的な爆発が起きた。同領土の保健省は、数百人が死亡したと発表した。ハマス側はIDFによる爆撃を非難した。イスラエルは、別のパレスチナ過激派組織「イスラム聖戦」が発射したロケット弾が誤作動し、病院の敷地に落下したと発表した。

独立したリサーチャーによる画像とビデオ映像の分析では、イスラエルの説明がより妥当であることが示唆された。IDFはまた、ロケット弾発射の追跡データやパレスチナ人同士の通信傍受データも公表しており、これらのデータもIDFの説明を裏付けているようだ。パレスチナのロケット弾は、ガザの間に合わせの工房でイランの設計に従って作られている。IDFは、10月7日以来イスラエルに向けて発射された7,000発以上のロケットのうち、少なくとも450発はガザ内に落下したと主張している。イスラエルは、爆発の余波の画像には、病院敷地の中心にある駐車場が黒焦げになり、隣接する建物にも多くの損傷が見られるが、空爆で使用する弾薬から予想されるようなクレーターや構造物の破壊は見られないと指摘している。

バイデン氏はイスラエルの言い分を支持した。米国政府関係者は、独自の赤外線衛星データと傍受データを証拠として挙げた。しかし、この悲劇は、イスラエルがガザを封鎖しているにもかかわらず、アラブ諸国の指導者たちと、ガザへの援助と、少なくとも一部の市民を脱出させるための包括的な合意に達するというバイデン氏の希望を台無しにした。

タイミングがすべて

どのような合意も、ガザとの国境が短く、食糧や医療機器の搬入が山積みになっているエジプトの同意にかかっている。しかし、アフリ・アラブ病院での殺戮はアラブ世界の怒りを買い、ヨルダンはバイデン氏がエジプトのアブデル=ファタハ・アル=シシ大統領とパレスチナ自治政府のマフムード・アッバス議長と会談する予定だった首脳会議をすぐにキャンセルした。

ヨルダンの外相であるアイマン・サファディは、「この戦争を止めること以外に、現時点で何かをする意味はない」と述べた。結局、バイデン氏にできたのは、援助物資の輸送を妨害しないというイスラエルの誓約と、1日20台のトラックをガザに入れるというエジプトの誓約を取り付けることだった。彼はまた、米国自身がパレスチナ人の苦境を和らげるために1億ドルの援助を提供すると発表した。

病院での悲劇は、迫り来る戦闘の矛先から逃れるため、パレスチナ市民をガザ地区南部に移住させようとするイスラエルの努力が、遅々として進んでいないことを浮き彫りにした。IDFによれば、ガザ北部の110万人の住民のうち、その呼びかけに応じたのはわずか60万人ほどだという。人道支援や市民が避難できる安全地帯に関する広範な取り決めを遅らせることで、アハリ・アラブ病院での爆発は、残留派を説得する努力を後退させたことになる。現状では、10月7日以降のイスラエルの空爆作戦だけで、ガザ地区を巻き込んだ過去のどの紛争よりも多くのガザ市民がすでに殺されている。必然的に、地上攻撃ははるかに多くの死者を出すことになる。

ガザ南部は極度の過密状態に陥っており、北部から到着した人々に対する食糧や避難所の組織的な提供はない。ハマス側は、ガザ住民にじっとしているよう伝えている。さらに、イスラエル軍の空爆はガザ南部でも続いており、北部からの難民が空爆で死亡したという報告もある。ガザ住民の間でよく言われるのは、領土内のどこにも安全な場所はなく、比較的快適な自宅にとどまったほうがいいということだ。

イスラエル軍将兵にとってのもうひとつの懸念は、2つの前線で戦争が起こるリスクだ。事情に詳しい関係者によれば、ハマスの同盟国であるイランは10月7日、不意を突かれた。しかし、イランはそれ以来、レバノンの大きな過激派組織であるヒズボラに参戦を促している。ヒズボラは15万発のロケット弾とミサイルを保有しており、その中にはハマスが配備できるものより精度の高いものも含まれている。

ヒズボラとの戦争の可能性は日に日に高まっている、とイスラエルの内部関係者は言う。ヒズボラは、悲惨な経済不況に陥っているレバノンに対するイスラエルの報復を招かないことを望むかもしれないが、最終的には一般のレバノン人ではなく、イランの金主に従おうとする。10月16日、イランのホセイン・アミール=アブドラヒアン外相は不吉な警告を発した。 「先制攻撃の可能性は...今後数時間のうちに予想される」と彼はイランの国営テレビに語ったのだ。イスラエル政府は同日、レバノンとの国境から2キロ以内にある28のイスラエル人村から避難するよう前例のない命令を出した。10月17日、イスラエル国防軍は防護柵を越えようとした4人を殺害した。

一部の閣僚や国防当局者は、イスラエルがヒズボラを先制攻撃する方が、北からの奇襲攻撃を待つよりもよいのではないかと示唆している。イスラエルの内閣は、ベンヤミン・ネタニヤフ首相と、元将軍を含むさまざまな政治的ライバルの両方を含むが、国境に多くの軍隊を派遣しながら待つ傾向にあるようだ。

イスラエルはまた、米国の火力がこの地域に到着するのを待っているのかもしれない。空母に率いられた船団はすでに地中海東部に入港している。もう1隻も向かっている。これらの部隊は、イラク、シリア、イエメンにいるイラン、ヒズボラ、その他のイラン系民兵が戦争に参加したり、湾岸にいる米国の権益を攻撃したりするのを抑止するためのものだ。米艦の防空システムは、ある程度の防御はできないまでも、イスラエルにミサイル攻撃の追加警告を与えることができるかもしれない。

イスラエルの戦争準備に支障をきたす可能性があるのは、人口約270万人のパレスチナ自治区であるヨルダン川西岸地区である。イスラエルが直接統治していない40%は、パレスチナ自治政府の手中にある。しかし、アッバス氏は弱く、不人気だ。アフリ・アラブ病院での悲劇後、アッバス政権に対する抗議デモが広まった。IDFが恐れているのは、イスラエルに対する民衆蜂起という第三の前線というよりも、イスラエル軍の増派を必要とする混乱である。また、ヨルダン川西岸とエルサレム東部では、パレスチナ人と約70万人のイスラエル人入植者との間で暴力の脅威が絶えない。

イスラエルが攻勢を遅らせた最後の理由は、10月7日に捕らえられたイスラエル人人質の少なくとも一部を解放するための努力だった。IDFは、ハマス、イスラム聖戦、その他のグループが203人を拘束していると考えている。イスラエルのスパイは、彼らがどこに拘束されているかについての情報を集めようとしている。

話し合いは中断

人質の解放を確保するための静かな話し合いが進められていた。ハマスの政治指導部を受け入れ、同グループと強いつながりを持つカタールが仲介役を務めていた。しかし10月17日、アフリ・アラブ病院での悲劇を受け、こうした外交努力は崩壊したかに見えた。アラブ首長国連邦(UAE)など、以前はイスラエルにいくぶん同情的に見えた国々も含め、ほとんどのアラブ諸国は、イスラエルの詳細な責任否認にもかかわらず、この惨事についてIDFを非難した。バイデン氏がこの地域を去った今、イスラエルが地上戦のための外交的支持を築くのははるかに難しくなり、遅らせる理由も少なくなった。

いずれにせよ、イスラエル軍の指揮官たちはうずうずしている。IDFは10月7日の残虐行為から数時間以内に招集を開始した。部隊はほぼ1週間前からほぼ定位置に就いている。「このレベルの即応態勢を維持できるのはせいぜい2週間だ」と大佐は言う。

侵攻が実現すれば、激戦と血なまぐさい戦いになるだろう。イスラエルの指導者たちは、ハマスの軍事力を永久に破壊し、16年間の支配を終わらせることを声高に繰り返し約束してきた。2009年と2014年のガザ侵攻は、単にハマスの軍事力を低下させることを目的とし、その後徐々に現状に復帰した。

しかし、ガザ地区はいくつかの理由から戦いにくい場所だ。第一に、ガザ地区には密集した団地が密集している。そのような場所では、侵略者の視線は制限され、高いビルが電波を妨げるため、通信が妨げられる。民間人はどこにいてもおかしくないし、ハマスの戦闘員が隠れる場所は無限にある。

さらに、ハマスはガザの40km×10kmの範囲の地下に500kmのトンネル網を築いた。その意図のひとつは、空から見て攻撃するというイスラエルの技術的優位性を削ぐことにある。最も洗練された無人偵察機でさえ、地下で何が起きているのかについての情報はあまり得られない。トンネルに入った部隊は、GPSによるナビゲーションも無線通信もできない。

2014年のガザ侵攻では、IDFはこのようなトンネルへの対処に苦戦した。それ以来、IDFは地下戦に多大な投資を行い、この任務のための特別部隊を設置し、訓練のためにハマスのトンネルの模造品を建設した。トンネルを捜索するためのさまざまな技術的手段も開発した。石油産業が実施する地下調査をモデルにしたものや、昔ながらの諜報活動に基づく方法、たとえば過激派の携帯電話の電波が突然消える場所を探す方法などである。とはいえ、トンネル網を発見し破壊するのは、数ヶ月、数年かかる。数日では済まないだろう。

第2の懸念は、多くのパレスチナ市民が存在することだ。イラク戦争中の米国主導の都市攻撃や、2016年から17年にかけてのイラク主導、西側の支援によるイスラム国からのモスル奪還は、綿密に計画され、膨大な情報の恩恵を受けて実施された。それにもかかわらず、モスルでの戦いだけでおそらく1万人もの民間人が死亡した。

理論的には、国際人道法は、戦争が始まれば軍隊の行動を規定するものであり、兵士は戦闘員と軍用物、民間人と民間物を区別しなければならない。意図的にそれらを標的にすることは常に違法である。しかし、何らかの軍事的目的のために必要であり、「予期される具体的かつ直接的な軍事的利益との関係において」釣り合いがとれていれば、民間人(たとえ多数であっても)を殺害する攻撃は合法となりうる。言い換えれば、イスラエルは、不釣り合いな武力を行使しなかった作戦で、十字砲火に巻き込まれて死亡した民間人である限り、民間人の死亡を合法的に正当化できるのである。

しかし、国際法がどうであろうと、民間人の犠牲が増えれば増えるほど、イスラエルに撤退と停戦を求める圧力も高まるだろう。イスラエルが過去にガザに侵攻したのは、2009年と2014年のごく短期間だった。イスラエル軍によるガザ侵攻は2009年と2014年の2回で、いずれも18日間程度だった。これでは、イスラエルが掲げた今回の目標を達成するのに十分な時間とはいえないだろう。イラク軍がモスルを制圧するのに9カ月かかったのは、家と家との戦闘だった。

このことは、ガザにおけるイスラエル軍の最大の課題である「泥沼化しないこと」を示唆している。9.11テロ後の米国のアフガニスタン侵攻とイラク侵攻、そして1982年のイスラエルのレバノン戦争(戦車が投入された最後の戦争)は、教訓を与えてくれる。

米国の「テロとの世界戦争」は勝利のうちに始まった。2001年9月のアルカイダによる米国攻撃からわずか2ヵ月後、米国主導の軍隊はアフガニスタンの首都カブールを制圧した。タリバン政権は消滅した。アルカイダは追い詰められた。指導者のオサマ・ビンラディンはパキスタンで追跡され、2011年に殺害された。しかし、タリバンは反乱を増大させた。2,400人以上の軍人を失った米国は、2021年に撤退した。アフガニスタン政府はほぼ即座に崩壊し、タリバンが政権に復帰した。

イラク戦争も不名誉なもので、はるかに血なまぐさいものだった。2003年4月、米国軍は再び首都バグダッドを占領した。ジョージ・W・ブッシュ大統領は、空母エイブラハム・リンカーンの飛行甲板で闊歩した。「任務完了」のサインだった。実際には、この国は内戦に突入しようとしていた。米国軍はイラクの独裁者サダム・フセインを捕らえたが、すぐにスンニ派とシーア派の民兵による流血の反乱に直面した。米国は約4,500人の軍人を失い、言うまでもなく約30万人のイラク人が亡くなったが、そのほとんどは民間人だった。

歴史の教訓

イスラエル自身の歴史も同様の警告を発している。1982年、民族主義者の総本山であるパレスチナ解放機構(PLO)による一連の攻撃のさなか、銃撃者がロンドンのイスラエル大使を射殺し負傷させた。イスラエル政府はこの殺人を契機にレバノンに侵攻し、PLOを解体しようとしたが、その犯人はPLOと敵対するアブ・ニダル組織(ANO)の過激派だった。イスラエル軍はベイルート西部のプロを包囲し、指導者のヤセル・アラファトと数千人の戦闘員を亡命させた。イスラエルのキリスト教徒であるバシール・ジェマイエルがレバノン大統領に選出された。

その後、すべてが崩壊した。ジェマイエルは爆殺された。イスラエル軍の目の前で、彼のファランヘ党 の戦闘員たちは、サブラとチャティラの難民キャンプでパレスチナ人を殺害して復讐を遂げた。イスラエルの調査委員会は、イスラエルの国防相アリエル・シャロンの間接的な責任を認めた。反戦デモの圧力にさらされたメナヘム・ベギン首相は1年以内に退任を表明した。

レバノン紛争がもたらした影響のひとつは、プロに代わって、2000年にイスラエルをレバノンから追い出すことに成功した、より手強いシーア派民兵組織ヒズボラが登場したことである。もうひとつの影響は、イスラエル占領下のヨルダン川西岸とガザ地区のパレスチナ人である。1987年に始まった彼らの最初のインティファーダ(投石などによってイスラエル占領地支配に抵抗する蜂起)は、1993年のイスラエルとアラファトとのオスロ合意の舞台をもたらした。アラファトは翌年、ガザに凱旋した。

ハマスが暴力的な拒否主義の中心勢力として台頭し、オスロ合意を破壊するために多くのことを行った。2005年にイスラエルをガザから追い出し、2006年のパレスチナ立法選挙で勝利した。翌年にはパレスチナ自治政府を追い出した。

米国のシンクタンク、アラブ湾岸諸国研究所のフセイン・イビシュにとって、その教訓は明らかだ。テロ集団や反乱集団は、非合理的な反応を引き起こすために派手な暴力に訴える、と彼は主張する。 「支配的なパワーに対して自分たちができる害は限られている」と彼は言う。「そして、支配的なパワーが自分自身に与える害は、限りなく大きいことを理解している」。 ■

From "As Israel’s invasion of Gaza nears, the obstacles get more daunting", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/briefing/2023/10/19/as-israels-invasion-of-gaza-nears-the-obstacles-get-more-daunting

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)