エコノミスト(英国)

エコノミスト(英国)

エコノミスト(The Economist)は時事問題、国際ビジネス、政治、テクノロジー、文化などをテーマにした雑誌形式の国際週刊紙世界の権威あるニュースと分析。エコノミストは世界の政治、経済、ビジネス、科学、その他の分野について、事実を確認した上で、公正な報道を行っています。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ロシアのウクライナ侵攻はまたしても力尽きる

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

苦難の1年を終えさらなる痛みに備えるソフトバンクG

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

インドは今年世界で最も急速に成長する経済大国となる可能性が高い

インド経済の試練と変革は、19世紀のアメリカを彷彿とさせる壮大さを持っている。広大な国内市場が形成され、企業は規模の経済によって成長することができる。何千万人もの貧困層が国内移動し、大胆な消費者層が生まれ、新しい技術で帝国が築かれている。莫大な投資を行う大物たちは、自分たちがインドのロックフェラーなのかカーネギーなのか、嬉々として議論している。 ナレンドラ・モディが首相として1期目を始めた2014年、インドは世界第10位の経済大国だった。その後7年間で40%の成長を遂げ(図表1)、大国では中国だけが53%の成長を遂げた。国際通貨基金(IMF)によれば、今年の成長率は8%で、大国の中では最高となる。IMFは、2027年までにインドは世界第5位の経済大国になり、GDPは市場価格でおよそ5兆ドルに達すると予測している。株式市場の規模では、アメリカ、中国、日本に次いで、すでに第4位となっている(図表2)。また、ユニコーン(10億ドル以上の価値を持つ未上場新興企業)の数は約100社で、アメリカ、中国に次いで3位である。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

Facebookの好ましい衰退の仕方

Facebookの米国の若者のエンゲージメントは急落し、InstagramやWhatsAppでも同様の傾向がみられる。Facebookが再びクールになることはないだろう。しかし、派手でないお金儲けの方法はたくさんある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

金利の嵐に最も左右されるのはどの住宅市場か?

多くのエコノミストは、2008年のような世界的な不動産暴落はあり得ないと考えている。金融危機以来、家計は強化され、融資基準も厳しくなっている。ただ、住宅ローン返済額上昇の痛手が大きい地域とそうでない地域がある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

超監視オフィスとビッグブラザー上司の時代へようこそ

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

様々な健康指標を測定できるウェアラブルデバイスが登場

外見上は、結婚指輪と見分けがつかないほど平凡な「Oura」のリング。しかし、指と指輪の隙間から断続的に漏れるかすかな緑の光は、それが単なるジュエリーではないことを示唆している。 指輪の内側には電子機器がぎっしりと詰まっている。緑色の光は、発光ダイオード(LED)である1対の長方形の金属片から発せられる。水滴ほどの大きさの3つのドーム状の突起には、赤色と赤外線のLEDと一対の受光素子が入っている。その周囲には、7つの温度センサー、薄型バッテリー、あらゆる動きを検出する小型の3次元加速度センサーが配置されている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウェアラブルデバイスはヘルスケアと日常生活をつなぐ

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ビッグテックの秘密:アップルやアマゾンの財務の内側

アメリカのハイテク大企業は、とんでもない額の金を稼いでいる。2021年、アルファベット、アマゾン、アップル、メタ、マイクロソフトの合計収益は1兆4,000億ドルに達した。この富は、電話や医薬品からビデオストリーミングやバーチャルアシスタントまで、幅広く、絶えず拡大しているソースから生まれている。アナリストは、2022年1~3月のハイテク五人組の合計売上高が3,400億ドルを超え、前年同期を約7%上回ると予想している。 4月26日にキックオフされた四半期ごとの儀式で、ビッグ5が最新の業績を報告し始め、驚異的なヘッドラインの数字が再び話題を呼んだ。アルファベットは、前年同期比23%増の680億ドルの売上高を発表したが、広告の伸びが鈍化したため、純利益は164億ドルに落ち込んだ。マイクロソフトは同日、売上高494億ドル(前年同期比18%増)、純利益167億ドルを発表した。その翌日、メタは売上高279億ドル、純利益75億ドルを発表した。アマゾンとアップルはエコノミスト誌4月30日号が発行された後に報告した(編注:本記事は4月30日号に掲載された)。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

北京の大手テック規制は緩和されたがダメージは大きい

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ウォール街はFRBのバランスシート縮小の準備ができていない

明らかな解決策がない中、FRBがバランスシートを縮小したことによる影響は未知数であり、金利上昇、スタグフレーション、地政学的混乱が生み出す不確実性に拍車をかけている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

FRBは誤った…次は正しいインフレを実現できるか?