SOMPO出資のパランティア、アムネスティが人権侵害に寄与と非難

アムネスティ・インターナショナルは28日、新しいブリーフィング「Failing to Do Right」を発表した。その中で同組織は、データマイニング企業パランティア(Palantir)が移民税関捜査局(ICE)との契約について人権デューデリジェンスを怠っており、同社の技術を通じ、亡命希望者や移民の人権侵害に寄与している危険性が高いと結論付けている。 [...]

Takushi Yoshida

パランティア、ロス市警が市民監視に利用で波紋

ロス市警の警官は、パランティアの物議を醸している法執行ツールを使用して、警察と接触した人の名前、住所、電話番号、ナンバープレート、友人関係、恋愛、仕事などをリストアップするように訓練されている。ロス市警の警官の半数以上(約5,000人の警官)が、世界最大の監視会社の1つであるパランティア社のアカウントを持っている。 [...]

Takushi Yoshida

パランティア、SOMPO出資時の2倍の”参照価格"

ニューヨーク証券取引所は29日、パランティアの直接上場の基準価格は1株あたり7.25ドルであると発表した。完全希薄化後の発行済株式数21.7億株(未確定オプションと株式を含む)に基づくと、参照価格は157億ドルの企業価値を示すことになり、7月の日系損害保険大手SOMPOが投資したときの企業価値75億ドルの二倍の水準だ。 [...]

Takushi Yoshida

中国の自給自足化、2021年後半に5G基地局とサーバー向け半導体で「具体的成果」

中国は半導体の自給率を高めるために全速力で動いており、5G基地局やサーバー向けのチップソリューションに焦点を当てており、具体的な成果は早ければ2021年の後半に見られるという。中国のチップメーカーがそのようなチップセットの自己供給を高めることができれば、中国は効果的に2つの重要なセグメントで米国の影響力から自分自身を離すことができる。 [...]

Takushi Yoshida

中国工程院幹部「北京はArm買収を承認しない」

中国のコンピュータ大手Lenovo Groupの元チーフエンジニアは、北京がNvidiaのソフトバンク所有のチップアーキテクチャ会社Armの買収をブロックする可能性があると考えていると、技術が米国の輸出規制の下に落ちることを懸念している。 [...]

Takushi Yoshida

IT後進国日本、サイバーパワー指数で世界9位

ハーバード大学のベルファーセンターが新たに発表した「国家サイバーパワー指数」では、30カ国を野心と能力のレベルでランク付け。コンピュータネットワーク内やネットワークを介して危害を加える能力などを指標化した [...]

Takushi Yoshida

SPAC (特別目的買収企業) で知っておくべきこと

SPACは「一種の調理済みのIPO」である。スポンサーによってシェル会社が設立される。SPACはIPOを通じて証券取引所に上場される。その後、スポンサーは、その収益を元手にして民間企業を探す。未公開会社は、株主投票の結果、スペース社と合併する。その後、公開企業となる。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア