アクシオン|最高峰のビジネスニュースレター
アクシオン|経済メディア

Featured Posts

無料会員 公開

第2回公募を開催 1口50万円 6月4日〆切

株式会社アクシオンテクノロジーズはこの度、第二回の個人投資家向け公募を行います。

無料会員 公開

マイクロソフトCEOのサティア・ナデラ、メタバースを語る

マイクロソフトCEO、サティア・ナデラがメタバースについて、フィナンシャル・タイムズのインタビューに応じた。テック業界のフロンティアを虎視眈々と狙うエンタープライズソフトウェアの雄の戦略とはなにか?

無料会員 公開

もはや労働は報われない デジタル経済の台頭で揺らぐ従来型資本主義

世界中で進行するデジタル化は、多数派にとっての労働の対価を報われないものへと変えている。超巨大テクノロジー企業が他を圧倒する収益性を達成する中、サービス産業における自動化は、我々を労働から開放するのだろうか。

無料会員 公開

サーベイランスの中心で愛を叫んだけもの 中国のAI技術が生んだ功利主義的監視国家

中国の高度監視社会は、欧米の政治思想のフレームでは功利主義的と捉えることができる。人々の自由を減じる代わりに安全や利便性という幸福の要素をもたらしているからだ。だが、そもそも我々が信じる自由とは何か。ヒトが技術で生み出すあたらしい世界を説明する思想が必要になっている。

Recent Posts

ブルームバーグ
無料会員 公開

11兆ドルが消失…世界的な株安は終わらないか

大量の資金が流出し、11兆ドルが一掃され、2008年の金融危機以来、世界の株式は最悪の連敗を喫した。悪いニュースは、株安はまだ終わっていないかもしれないということだ。

吉田拓史
無料会員 公開

ステーブルコイン崩壊が仮想通貨のドミノ倒しを引き起こすシナリオ

先週、暗号通貨エコシステム最大の脆弱性のひとつであるステーブルコインが業火に包まれた。ドルに連動するはずの無担保型ステーブルコイン・テラが暴落し、設計ではコイン1枚当たり1ドルの価値で取引されるはずのテラは15日午後3時現在、20セントで取引されている。 仮想通貨の市場崩壊はどれくらいひどいか?ドルに連動するはずの無担保型ステーブルコインUST(TerraUSD)が暴落。取り付け騒ぎの様相だ。仮想通貨業界には1つ大きな傷口が生まれたが、これが連鎖的なリスクを引き起こす可能性に留意しないといけない。アクシオン|経済メディアニューヨーク・タイムズステーブルコインは、暗号通貨界全体にとって不可欠なものである。その理由は、規模ではなく、流動性という重要な役割を担っていることにある。暗号通貨と実際のドルとの取引における技術的・法的問題を解決するために、暗号市場は独自の仮想ドルを考案した。これによりトレーダーは一度、法定通貨にお金を戻すことなく、トレーディングを続行する利便性が保証された。不安定なデジタルコインに賭ける合間に現金を安全に保管する場所となっているのだ。 いまや、暗号通貨市場の取引、ひいては流動性は、ステーブルコインに依存している。特に、分散型金融(De-Fi)はステーブルコインで動いているケースが多い。 テラが複雑でいかにも持続可能性の薄いメカニズムに依存してドルとのペッグを表現していたのに対し、流通するコインと同等のドル準備を持つと主張する伝統的なステーブルコインは安全だと主張する仮想通貨愛好家は多い。 ステーブルコインは複数あるが、テザー(USDT)、USDC、BUSD、テラの上位4種で市場の9割を占めている。それぞれのシェアは、46、24、10、10である。このうち10%が消失へのサイクルに入ったことは間違いない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

中国ロックダウン発のサプライチェーン・ショックが継続

中国のコロナウイルス感染症による経済的影響は、世界中の企業や消費者が感じ始めており、その余波は強くなる一方との見方が出ている。世界中のさまざまな製造業がコスト増と生産渉外に苦しんでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

テキサス州のSNS管理法制をテック業界団体が緊急提訴

(ブルームバーグ) TwitterとFacebookは、テキサス州のソーシャルメディア法を阻止しない限り、ロシアのプロパガンダやホロコーストを否定するネオナチ、クー・クラックス・クラン(KKK)の叫びの拡散を認めざるを得ないと、企業を代表するテック業界団体が連邦最高裁に訴えた。 テキサス州法(HB20)の阻止を求める緊急提訴は、連邦控訴裁判所の判断が分かれた2日後に行われ、テック業界団体が提出した法的異議申し立てが前進する間、同法が施行されることになった。ニューオーリンズにある第5巡回区控訴裁判所の命令は、説明なしに出され、裁判長が12月に出した仮処分命令を保留にした。 「第5巡回区は、通常の審査プロセスを短絡させ、テキサス州に、世界有数のウェブサイトに大規模な変更を加える権限を与えた」と、テック業界団体は申請書で述べている。「ウェブサイトの操作を刷新するコストは、いくつかのプラットフォームの現在のシステムを開発するために費やされた長年の作業と数十億ドルを元に戻すでしょう」。 この要求は、第5巡回区を監督するサミュエル・アリト判事宛に出されている。アリト判事は、この要請に対して自ら行動することもできるし、この問題を法廷全体に付託して検討させることもできる。 業界団体のNetChoiceとComputer and Communication Industry Associationは、Twitter、Facebook親会社のMeta Platforms、Google親会社のAlphabetなどの会社を代表している。TwitterやFacebookのように、5,000万人以上のユーザーを持つプラットフォームは、この法律の基準に該当する。 業界団体は、過激な意見を受け入れることによって、そのようなコンテンツと関連付けたくない広告主からボイコットされる危険性があると主張している。 過去には、

ブルームバーグ
無料会員 公開

テラの450億ドル崩壊は大量の仮想通貨の敗者を生み出す

かつて人気を博した暗号通貨のペアが急速に崩壊したことで、業界全体に波紋が広がり、デジタル資産市場から数千億円の市場価値が消え、デジタル資産ベンチャーの潜在的な脆弱性に対する懸念が煽られることになった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

仮想通貨の市場崩壊はどれくらいひどいか?

ドルに連動するはずの無担保型ステーブルコインUST(TerraUSD)が暴落。取り付け騒ぎの様相だ。仮想通貨業界には1つ大きな傷口が生まれたが、これが連鎖的なリスクを引き起こす可能性に留意しないといけない。

編集部
無料会員 公開

Twitter頼みの株式売買は危ない? ツイート株価予測を騙す手口が発見される

何年もの間、Twitterの投稿やその他のオンラインメッセージは、株式市場の動きを予測するために、金融アルゴリズムによって収集・分析されてきた。しかし、これらのスマートなシステムは簡単に騙されることが判明した。 金融に関心のある開発者は、ドナルド・トランプやイーロン・マスクなど、広く支持されている公人のツイートを取り込み、彼らのつぶやきの感情に基づいて取引を行うプログラムを作成した。 金融の専門家は、単一の情報源に過度に依存しないように、より多くの人々のネット上の投稿を分析する、より高度なソフトウェアに依存する傾向がある。しかし、彼らの目標は、利益を生む市場予測を行うことであることに変わりはない。 しかし、データが過度に信頼されると、より複雑になる。米国の3つの大学とIBMの6人の研究者が発見したように、破壊的なツイートは、Twitterを使った株価予測を失敗に終わらせる可能性がある。 イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校のYong Xieは「A Word is Worth A Thousand Dollars: Adversarial Attack on Tweets Fools Stock Prediction(一語は千金に如かず。ツイートに対する敵対的な攻撃は株価予測を愚弄する)」というタイトルの論文で彼らのアプローチについて説明している。 何が問題なのかを説明するために、彼らは2013年4月23日にAP通信のツイッターアカウントに不届き者が投稿した誤報「ホワイトハウスで2つの爆発、バラク・

ブルームバーグ
無料会員 公開

クリプト億万長者の莫大な財産が数週間で崩壊

暗号億万長者の莫大な財産は数週間で崩壊した。コインベースのブライアン・アームストロングの純資産は84%減の22億ドルになった。コインベースでの取引量は今年に入ってから着実に減少。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

ベンチャーキャピタル、注目のクリプトスタートアップ案件を確保するため取締役の席を譲る

過去3年間で、400社以上の暗号通貨の新興企業が「シリーズA」の資金調達を行い、その後の資金調達は行っていない。そのうちの半数は、取締役が1人か2人しかいないことが分かっている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ビットコインの値動き、ほぼナスダックのテック株

1月1日以降、ビットコインとナスダックの相関性スコアの30日平均は1に近づき、今週は0.82に達し、これまでで最も正確な1対1の相関関係に近づいた。同時に最もよく比較される資産である金の値動きからは乖離している。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

まだ観てるの?ネットフリックスとストリーミングの未来

2018年から2021年にかけて、Netflixはテレビ番組と映画に550億ドルを注ぎ込み、大手ネットワークやハリウッドスタジオに対抗しようと躍起になっている。Netflixの推進は業界全体の“領地争奪戦”を引き起こし、どの企業も勝つために大きな支出をしなければならなくなった。

フィナンシャル・タイムズ
無料会員 公開

ドルの高騰で「逆通貨戦争」の懸念が浮上

ドルの急騰により、アナリストや投資家の中には、多くの中央銀行が長年にわたる為替レート安への嗜好を捨て、「逆通貨戦争」の新時代が訪れると予想する人もいる。