週3(月水金)の無料ニュースレター登録はこちら
アクシオン|次世代ビジネスニュースメディア
エコノミスト(英国)
無料会員 公開

中国の不動産不況は緩和されつつあるが、緩和は短期間に過ぎない

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

世界経済のインフレ問題は緩和されつつあるが、景気後退の可能性は依然高い

この3年間の混乱の後、投資家は世界経済について楽観的になるべきいくつかの理由を得た。米国ではインフレ率が低下し、景気後退を伴わずに物価上昇を抑制する「ソフトランディング」への期待が高まっている。ヨーロッパでは、暖冬の影響でエネルギー価格が急落し、幸運が訪れた。中国経済は、習近平国家主席の破壊的な「ゼロ・コロナ」政策から解放され、回復の兆しを見せている。市場は歓喜している。米国株のS&P500指数は年初から5%上昇した。欧州や新興国の株価はさらに上昇している。 残念ながら、世界経済の問題に終止符を打つにはまだ早すぎるようだ。アメリカでは12月に消費者物価が下落し、エネルギーや商品の価格低下により、今年の年間インフレ率は2%を下回る可能性がある。しかし、物価上昇率の低下と同時にGDP成長率も低下している。小売売上高と工業生産高は12月に減少し、生産高の先行指標は大幅に低下している。これは通常、景気後退が近いことを示す。経済の中で最も健全なのは労働市場である。連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレが抑制されていることを確認するのが難しくなる。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

アマゾンは高騰するコストと停滞するレガシー事業に苦闘している

アマゾンに畏敬の念を抱かないわけにはいかない。歴史上最も偉大な企業の一つである。ジェフ・ベゾスは、1994年に設立した小さなオンライン書店から、コーンシロップからクラウドコンピューティングまで、あらゆるものを販売する巨大なテクノロジー企業に成長させ、アマゾンがほぼ発明した将来の1兆ドル産業となった(図表1参照)。今日、アマゾンは世界で5番目に価値のある企業であり、3番目に大きな収益を生み出し、2番目に大きな民間雇用主である。その倉庫、データセンター、店舗、オフィスは、ほぼマンハッタンと同じ面積を占めている。消費者、競合他社、政治家は、アマゾンが世界を征服するのではないか、と考えるようになった。アマゾンは、衛星ブロードバンドのベンチャー企業であるKuiperに多額の投資をしている。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ゴールドマン・サックスが捕食者の頂点からウォール街の落ちこぼれになってしまった理由

13年前、ローリング・ストーンズ誌がゴールドマン・サックスを「人類の顔に巻きつく偉大な吸血鬼イカ、金の匂いのするものには容赦なく血道を上げる」と評したとき、その描写が鮮明だっただけでなく、少しばかり真実味があったため、その言葉には説得力があった。ゴールドマンは、ウォール街の誰よりも多くのお金を稼いだ。2007年から2009年にかけての世界金融危機の後、生き残ったほとんどの大手金融機関は、救済措置の返済と許しを請い、傷を癒すことになった。2009年、ゴールドマンは134億ドルの利益を上げ、当時としては過去最高、そしてこの記録は10年以上続いている。 ローリング・ストーン誌はゴールドマンを「至るところに浸透した会社」と非難したが、それもまた真実から遠いものではなかった。ゴールドマンの優秀な人材は、ゴールドマンのトレーディング・フロアやウッドパネル張りの会議室で巨大な取引について学んだ後、強力なヘッジファンドや巨大なプライベート・エクイティ・ファームを設立した。ゴールドマン本社と米国財務省の間の回転ドアは、ホワイトハウスがどの政党のものであろうと、自由に回転しているように見えた。連邦準備制

吉田拓史
無料会員 公開

テスラの弱気予想、今年のEV業界の軟調をほのめかす

テスラは過去最高益を上げたものの、今年の生産・納車台数については弱気な見通しを示した。これは、急速なEV市場の成長が一時的に軟化するシグナルだろうか。

吉田拓史
無料会員 公開

世界4位資産家のインド成金政商を高勝率の米空売り屋が「史上最大の詐欺」と狙い撃ち

米空売りファンドが世界4位の富豪ゴータム・アダニの財閥について徹底的な調査を行い「史上最大の詐欺」を働いていると主張した。モディ政権との縁故で知られる成金政商と、数々の嘘を暴いてきた高勝率の空売り屋という絶好のマッチメイク。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アダニ・グループの空売りは投資家のインドへの信頼に疑問を投げかける―Andy Mukherjee

効率性は資本市場の一部でしかない。何よりも信頼が重要であり、それを破った者にはエンロンやバーニー・マドフのように模範的な処罰が必要だ。インド証券取引委員会(SEBI)は、市場を浄化するために世論の反発を待っているのだろうか?

吉田拓史
無料会員 公開

「次の中国」になれないインド:製造業育成に躓き続ける

インドの製造業振興は遅々として進んでいない。iPhoneの生産の一部が中国から移転しても、投資先として魅力的であるとは必ずしも言えない。インドは今の所、「次の中国」にはなりえないだろう。

ブルームバーグ
無料会員 公開

微生物が世界の肥料問題を解決する方法

鉱物性肥料に代わる肥料を探す動きが活発化し、成果を上げ始めている。大企業や新興企業は、従来の肥料の使用を減らすために、微生物やリサイクル有機廃棄物、低排出ガス・無化学物質の代替品などの解決策に迫りつつある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ミラノ・ブームには暗黒面がある―Rachel Sanderson.

成長、不公平、気候危機の緊張関係は、多くの先進都市で市長に課題を突きつけている。しかし、ミラノでは、それがさらに緊急性を帯びている。イタリアが衰退していく中で、イタリアの牽引役としてのミラノの役割はより重要なものとなっている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

米独の戦車提供がウクライナ戦争の膠着を打破する

米国とドイツはウクライナに主力戦車を提供すると発表する構えで、キエフにロシアに対抗する強力な新兵器を提供するとともに、同盟国の結束を分断する恐れがあった不一致を克服することになる。

ブルームバーグ
無料会員 公開

世界的なEVの普及で自動車メーカーのグリーンボンド販売が倍増する可能性

ブルームバーグ・インテリジェンスによると、電気自動車への移行を目指す自動車メーカーは今年、世界で約280億ドルのグリーンボンドを借り入れる可能性があり、昨年の調達額の2倍に上る。