Company 会社案内

ニュースサイト「Axion」は、株式会社アクシオンテクノロジーズによって運営されています。弊社は、ニュース製品のビジネスモデルを広告からサブスクリプションに転換し、フェイクニュース、トロール(扇動)、スマートフォンへの過度の依存などの近年のインターネットの課題の解決をミッションとしています。

Latest Post 都市インフラの再配置と政治学の深い関連性 『Redeploying Urban Infrastructure』 by Takushi Yoshida public

代表者挨拶

ニュースサイト「Axion」は、株式会社アクシオンテクノロジーズによって運営されています。弊社は、ニュース製品のビジネスモデルを広告からサブスクリプションに転換し、フェイクニュース、トロール(扇動)、スマートフォンへの過度の依存などの近年のインターネットの課題の解決をミッションとしています。

弊社は「人類をあらゆる制約から自由にし、その幸福の追求を最適化する」というビジョンを掲げており、短期的な利益の追求ではなく、長期の利益の実現を内在的なロジックとする長期主義の現代的な企業です。

我々はニュース製品を扱っておりますが、この領域は近年のインターネットの変化の中で、激しい変化を迫られ続けています。そのなかで、終身雇用、年功序列などのガバナンスを採用する大手の日本企業では実現できないような飛躍的な目標を設定することは、この企業の設立趣意のなかの非常に重要な要素です。

従来型のメディア企業とは異なり、テクノロジーをその経営思想の中核にすえ、権威主義や経営封建主義を排し、難解な問題を解く、あるいは、非常に有用な新奇性の高い製品を想像する、ことに注力する企業です。

資本主義のメカニズムの中で、必要性の怪しいスタートアップ企業が無数に生まれており、資本の力で一定の地位を築くことがありますが、我々はスタートアップでありながら、これらの企業とは全く異なる位置にあると自認しています。我々は人類を本当に前にすすめるためのプロジェクトのみを採用し、資本のいたずらへの関与を拒否します。

人類を進化させるというのは、この技術の進歩の速度が指数関数的な増大を見せる現代において、非常に重要な視座であることは確かです。われわれは人類を進化させる試みの最初として、ニュース事業を想定していますが、より広い空間への探索を開始する時期があると、我々は確信しています。

2020年 6月16日. 代表取締役  吉田拓史

代表取締役:吉田拓史

株式会社アクシオンテクノロジーズ

沿革

事業内容

事業紹介ビデオ
Axion Mobile App UI

事業現況

代表取締役

吉田拓史

早稲田大学政治経済学政治学科卒。卒業後、東南アジア地域での経済記者・リサーチャー、米系デジタルマーケティング企業の日本支社立ち上げを経て、アジア地域の”デジタル経済”の急速な成長を目の当たりにし事業性を見出し、2017年9月からアジア地域経済ニュースを推薦システムで提供するニュースアプリケーションサービス”アクシオン”を開始。2019年4月に正式に株式会社を登記。

記者、編集者、政治経済の情勢分析、ミクロ経済学を基にした分析のほか、事業開発、ソフトウェア開発、ベンチャーファイナンスも守備範囲。英語、日本語、インドネシア語がビジネスレベル。

Linked inプロフィールサイトTwitterBlogYou TubePodcast

公開文書

https://taxiyoshida.github.io/axion-docs-for-public/

創業者プロフィル

https://www.linkedin.com/in/takushi-yoshida-a7749961/

https://taxiyoshida.github.io/profile/