Tagged

テクノロジー政策

技術政策の本質と範囲を定義するには、いくつかのアプローチがある。アメリカの科学者であり政策顧問でもあるルイス・M・ブランズカムによれば、技術政策は「国家の目標や利益のために、それらの能力を育成し、その応用を最適化するための公的手段」に関わるものである。ブランズカムは、この文脈で技術を「有用なサービスや製品を成功裏に生み出すために必要な能力、設備、技能、知識、組織の集合体」と定義している。他の学者は、技術政策と科学政策を区別しており、前者は「技術の支援、強化、発展」を目的としているのに対し、後者は「科学の発展と科学者の育成」に焦点を当てていると指摘している。フランスのデヴェロップメント研究センターのリガス・アルヴァニティスは、「科学技術政策は、科学技術資源の創出、資金調達、支援、動員を目的としたすべての公共部門の措置を対象としている」と指摘している。