製薬

世界の肥満の蔓延に終止符を打つ新薬

製薬

世界の肥満の蔓延に終止符を打つ新薬

新しいタイプの薬が、富裕層と美容家たちの間で話題を呼んでいる。1週間に1回、注射を打つだけで体重が落ちていく。イーロン・マスクが太鼓判を押し、インフルエンサーたちがTikTokで絶賛し、ハリウッドのスターたちが突然スリムになったかと思えば、使用したことを否定する。しかし、最新の減量剤は、単なる化粧品の強化剤ではない。その最大の受益者は、ロサンゼルスやマイアミのセレブリティではなく、体重によって不健康になっている世界中の何十億人もの一般人だ。 体重減少のための治療法は、長い間、善意の効果的でないものから、まさにいかがわしいものまで様々だった。GLP-1受容体作動薬と呼ばれる新しい種類の薬剤は、実際に効果があるようだ。デンマークの製薬会社ノボノルディスクが開発したセマグルチドは、臨床試験で約15%の体重減少をもたらすことが明らかにされている。この薬は、アメリカ、デンマーク、ノルウェーでWegovyという商品名ですでに販売されており、まもなく他の国でも販売される予定だ。低用量版のOzempicは糖尿病薬で、減量のために「適応外使用」されてもいる。アメリカのイーライ・リリーが製造するライバル

By エコノミスト(英国)