要点

迫害されたゲイとレズビアンのチェチェン人を題材にしたHBOのドキュメンタリー映画で、ディープフェイクを用いて出演者の身元を守るため、ディープフェイクによって本人の顔を隠した。機械学習で人の脳を騙している映像をノンフィクション映画と呼ぶべきか、この作品は問題を提起している。


元ニューズウィークの編集者からドキュメンタリー製作者に転身したデイヴィッド・フランスが、チェチェンで恐怖と暴力の波を巻き起こした反ゲイとレズビアンの粛清を記録しようと決意したとき、彼はディープフェイクによるデジタル操作を利用することにした。

避難所のネットワークを介して地域から逃げてきた危険な状態にあるゲイとレズビアンのチェチェン人のアイデンティティを、彼らの感情や愛情、表現を保護しながら、どうやって保護するか、という課題があったからだ。フランスの挑発的な解決策はディープフェイクである。HBOで放映されたこの『チェチェンへようこそ(Welcome to Chechnya)』は大規模なポストプロダクション作業を伴うものとなり、それは、高度なコンピュータ技術を駆使して、狩られた23人の人物の上に、完全に捏造された顔を重ね合わせている。

ディープフェイクの活用は、今までは匿名のネット上のいたずらに限られていた。コンテンツを厳しく取り締まらないフェイスブックでさえ、1月にディープフェイクを禁止することを約束した。

『チェチェンへようこそ(Welcome to Chechnya)』。アカデミー賞にノミネートされたデビッド・フランス監督の『Welcome to Chechnya』は、抑圧的で閉鎖的なロシアの共和国チェチェンで現在進行中の反LGBTQ迫害に命をかけて立ち向かう活動家たちの姿を描いたパワフルで目を見張るようなドキュメンタリー。

フランスの最新作を観ることは、ドキュメンタリー映画製作の道徳的な側面に直面することであり、アイデンティティの性質そのものについての深い問いに直面することでもある。冒頭から、特定の被写体は安全のために「デジタルで偽装されている」と免責事項が書かれている。

ニューヨーク・タイムズ紙によると、視覚効果スーパーバイザーののライアン・レーニーは厳しい予算のドキュメンタリーであっても、コンピュータによる深層学習プロセスが最も簡単な答えであると監督を説得した。彼は編集手法をセットアップし、顔の補綴、バーチャルな頬の移植などをすすめ、1年に及ぶ骨の折れる映像制作を行った。

もともとの出演者のために顔を貸したのは、「インスタグラムなどで見つけたニューヨークのクィア活動家がほとんどだった」という。

この技術の融合について、人間以外の顔に対する共感の尺度である、いわゆる「不気味の谷」の研究が行われており、人が感じる不気味さを取り除く映像の加工、あるいは生成手法が生み出されている。

現在、現実世界に近い音声や映像を作る方法は2つある。1つ目は、カメラやマイクを使って、月面着陸のような瞬間を記録する方法だ。もう一つは、人間の才能を活用して、多くの場合、多額の費用をかけて、複製を依頼する方法だ。もし月面着陸がデマだったとしたら、熟練した映画チームはニール・アームストロングの月面ギャンブルを慎重に演出しなければならなかっただろう。機械学習アルゴリズムは今では第三の選択肢を提供している。それは、ある程度の技術的知識を持っている人であれば、既存のコンテンツをアルゴリズム的にリミックスして新しい素材を生成することができるというものだ。

当初、ディープラーニングで生成されたコンテンツは、フォトリアリズムに向けられたものではありませんでした。2015年にリリースされたGoogleの「Deep Dreams」は、ディープラーニングを使ってサイケデリックな風景や多眼のグロテスクを生み出した初期の例だった。2016年には、Prismaと呼ばれる人気の写真編集アプリがディープラーニングを使って、スナップ写真をモンドリアンやムンクへのオマージュに変えるなど、芸術的な写真フィルターを実現しました。Prismaの根底にある技術はスタイル転送と呼ばれるもので、ある画像(『叫び』など)のスタイルを取り、それを2枚目のショットに適用するというものだった。

Image via HBO