吉田拓史

吉田拓史

アクシオン創業者。記者、編集者、アナリスト、ビジネス開発、プロダクトマネジャー、フロントエンド・ソフトウェアエンジニア、経理、財務担当、DTMer、動画編集者。

吉田拓史
無料会員 公開

TSMCとサムスンが“共同”で値上げか コスト高騰の転嫁図る

世界の2大半導体委託製造業者であるTSMCとサムスンが製造価格の引き上げを計画していると報じられ、ファウンドリに依存しているNVIDIA、AMD、Appleなどに影響が及ぶ可能性が出てきた。

吉田拓史
無料会員 公開

ステーブルコイン崩壊が仮想通貨のドミノ倒しを引き起こすシナリオ

先週、暗号通貨エコシステム最大の脆弱性のひとつであるステーブルコインが業火に包まれた。ドルに連動するはずの無担保型ステーブルコイン・テラが暴落し、設計ではコイン1枚当たり1ドルの価値で取引されるはずのテラは15日午後3時現在、20セントで取引されている。 仮想通貨の市場崩壊はどれくらいひどいか?ドルに連動するはずの無担保型ステーブルコインUST(TerraUSD)が暴落。取り付け騒ぎの様相だ。仮想通貨業界には1つ大きな傷口が生まれたが、これが連鎖的なリスクを引き起こす可能性に留意しないといけない。アクシオン|経済メディアニューヨーク・タイムズステーブルコインは、暗号通貨界全体にとって不可欠なものである。その理由は、規模ではなく、流動性という重要な役割を担っていることにある。暗号通貨と実際のドルとの取引における技術的・法的問題を解決するために、暗号市場は独自の仮想ドルを考案した。これによりトレーダーは一度、法定通貨にお金を戻すことなく、トレーディングを続行する利便性が保証された。不安定なデジタルコインに賭ける合間に現金を安全に保管する場所となっているのだ。 いまや、暗号通貨市場の取引、ひいては流動性は、ステーブルコインに依存している。特に、分散型金融(De-Fi)はステーブルコインで動いているケースが多い。 テラが複雑でいかにも持続可能性の薄いメカニズムに依存してドルとのペッグを表現していたのに対し、流通するコインと同等のドル準備を持つと主張する伝統的なステーブルコインは安全だと主張する仮想通貨愛好家は多い。 ステーブルコインは複数あるが、テザー(USDT)、USDC、BUSD、テラの上位4種で市場の9割を占めている。それぞれのシェアは、46、24、10、10である。このうち10%が消失へのサイクルに入ったことは間違いない。

吉田拓史
無料会員 公開

クアルコム、VWと組んでNVIDIAの車載SoCの牙城に挑戦

VWのソフトウェア会社であるCARIADは、レベル4までのアシストおよび自動運転機能を実現するために設計されたソフトウェアプラットフォーム用のSoCをクアルコムが供給することを発表した。クアルコムが車載SoCにおいてNVIDIAの牙城に挑戦する事例の1つである。

吉田拓史
無料会員 公開

イーロン・マスク「サブスクでTwitterの収益2倍」と売り込む

イーロン・マスク、サブスクリプションだけでTwitterの収益を2倍にできると考えている。マスクは、2025年までに6900万人の「Twitter Blue」加入者を見込んでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

コネクテッドカーはサイバーセキュリティの莫大なビジネス機会を生みだす

自動車がネット接続されている場合、常に攻撃者にとって脆弱な存在となる。USBポート、Wi-Fi、インフォテインメント・システムなどがターゲットになる。多くの場合、ECUやコンピューティングデバイスの数が多いため、マルウェアの検出が非常に難しく、攻撃対象領域が広くなっている。

吉田拓史
無料会員 公開

クレディ・スイスのソフトバンクG提訴は今年後半か

クレディ・スイスはグリーンシル・キャピタルの破綻に関連した損失について、今年後半と目されるソフトバンクグループを相手取った提訴のための準備を着々と進めている。

吉田拓史
無料会員 公開

第2回公募を開催 1口50万円 6月4日〆切

株式会社アクシオンテクノロジーズはこの度、第二回の個人投資家向け公募を行います。

吉田拓史
無料会員 公開

中国のテック弾圧停止は一時的なものに過ぎない

中央政府は4月29日、規制を正常化し、「プラットフォーム経済の健全な発展を促進する」方針を明らかにした。しかし、いくつかの新規則は撤回されるどころか、単に先送りにされただけだという。

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾンの成長鈍化はインフレとエネルギー危機の「新常態」の難しさを表している

アマゾンは4月下旬、7年ぶりに四半期損失を計上したが、これはオンラインショッピングの不振、インフレやサプライチェーンの問題によるコスト増、電気自動車の新興企業をめぐる市場の動揺など、幅広い経済動向を反映した結果だった。

吉田拓史
無料会員 公開

マスク、Twitter買収でプライベート・エクイティと資金調達交渉中

Twitterの非公開化に合意したイーロン・マスクはプライベート・エクイティ等の投資家と資金調達交渉を進めている。新たな投資家が見つかれば、マスク個人のTwitter買収をめぐる負担が軽減することになる。

吉田拓史
無料会員 公開

滴滴の流血は止まらない

ディディ・グローバル(滴滴出行)の流血は止まっていない。北京の締め付けによって陣地を失い、政権と良好な関係を持つ競合にパイを食われている。米上場廃止が見込まれる中、次の上場先は不透明なままだ。

吉田拓史
無料会員 公開

マスクのTwitter買収でテスラのリスクが増す

イーロン・マスクがTwitterを買収した際にテスラ株を担保とした融資を受けたことで、マスクがテスラ株を大量に売らないといけない潜在的なシナリオが付け加えられた。