吉田拓史

吉田拓史

アクシオン創業者。記者、編集者、アナリスト、ビジネス開発、プロダクトマネジャー、フロントエンド・ソフトウェアエンジニア、経理、財務担当、DTMer、動画編集者。

吉田拓史
無料会員 公開

アント、ディディ、バイトダンスの上場は来年3月まで塩漬けか

アントグループ、ディディグローバル、バイトダンス、といった中国大手企業による新規株式公開(IPO)は、習近平氏の3選とそれに伴う官僚の配置換えを見越し、少なくともあと6カ月は承認されない可能性が高いようだ。

吉田拓史
無料会員 公開

サムスンはArmを買うか?

サムスンがArmの買収候補として浮上した。可能性は低い。それでも、サムスンとの会談によって他の潜在買収者やIPO引受証券会社を刺激できる。ソフトバンクは昨年から模索するArmの現金化を実現できるか。

吉田拓史
無料会員 公開

22年上半期の事業報告 - (株)アクシオン

ニュースアプリケーションのアクシオンは2022年上半期、非常に好ましい結果を残し、エンジェル投資家から集めた2,200万円で、通常なし得ない将来性を証明した。この会社は、さらに資金を調達すれば、急激な成長が約束されているだろう。あるいは、自己資金での運営に目処をつければ、あとは自らの力だけで成長していくはずだ。

吉田拓史
無料会員 公開

SPACキングが全面降伏 流行に終止符

「特別目的買収会社(SPAC)キング」と呼ばれたチャマス・パリハピティヤは、自身のSPACのうち2つを閉鎖し、投資家に資金を返還する予定であることが明らかになった。王様が手を引くというのだから、この怪しげな上場手法は潮時ということだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

若年層が好むTikTok検索に大きなリスク

世界の若者がTikTokで検索を行うことは定説だ。しかし、検索結果における偽情報の密度は高く、直感的な体験がユーザーに誤った情報を容易に信じさせるリスクがある。しかもそれが中国のキャンペーンである可能性も否定できない。

吉田拓史
無料会員 公開

中国の不動産ローンボイコットが再組織:経済危機の引き金引くか?

中国での住宅ローンボイコット運動は、当局が支援策で危機を食い止めようとしているにもかかわらず、勢いを増している。キャッシュフローを失った不動産プロジェクトが塩漬けになれば、経済システムを揺るがす可能性がある。

吉田拓史
無料会員 公開

世界経済は4つのリスクに直面、シンガポールMAS長官が警告

シンガポールの中央銀行のラヴィ・メノン氏は、世界経済は来年の景気後退を含め1つではなく4つの重要な不確実性に直面しており、政策当局が消火活動を長く続けることになるというシグナルを発した。

吉田拓史
無料会員 公開

アドビがFigmaを200億ドルで買収した理由

アドビのFigma買収は、頻繁に大型買収を行い事業領域を拡大する、10年以上継続された戦略が、頂点に達したことを示している。アドビほど買収を効果的に使えた例は珍しいが、そろそろ当局の網にかかってもおかしくはない。

吉田拓史
無料会員 公開

バイトダンス、Metaの1ヵ月前に新型VRヘッドセットを発表へ

バイトダンスのVR子会社である小鳥看看科技(Pico)は、今週、新しいヘッドセットを発表する準備をしている。 同社は17日にリンクトインの投稿で、9月22日にオンラインイベントを開催することを明らかにした。 Picoは「新製品の発表」を約束し、VRヘッドセットのシルエットを投稿し、「私たちが持っているものをお見せするまで待ちきれません」と発表した。 10月に新型VRヘッドセットを発表する予定のMetaに先んじた格好だ。MetaはソーシャルメディアでバイトダンスのTikTokに手厳しくやられている中で、メタバースでも同社の圧力を受けている。バイトダンスが急速にメタバース領域で追い上げていることは、この記事で伝えた。 TikTokはメタバースでもMetaの畑を荒らすTikTokを運営するバイトダンス(字節跳動)が急速にメタバースへの賭けを増やしている。メタバースでもメタの畑を荒らすことになるだろうか。アクシオン|経済メディア吉田拓史 このデバイスは、Pico 4またはPico Phoenixのいずれかのブランドで、2つの構成で提供され、Proバージョンは顔および視線追跡機能を提供する

吉田拓史
無料会員 公開

ベンチャーキャピタルが不動産投資家に変身?

ベンチャーキャピタル(VC)が第三者割当増資と引き換えに不動産の持分を受け取るという異例の取引が注目を集めている。コンピュータ産業のために生まれたVCが新たな変身を遂げようとしているのだろうか。

吉田拓史
無料会員 公開

駐米中国大使、EV供給網から自国を切り離す動きに警鐘を鳴らす

中国の駐米大使は、デトロイト自動車ショーへの訪問を機に、世界2大経済大国の「絡み合った」利益を強調し、中国を切り離そうとする潜在的リスクに対して警告を発した。

吉田拓史
無料会員 公開

米国による中国半導体産業への「水攻め」の戦果は?

バイデン政権は、中国の半導体産業を妨害するために新たな制裁措置を準備していると伝えられている。多くの米企業にとって不可欠な巨大市場を分離する米国の目論見は成功するのだろうか。