暗号資産の暴落でロレックスとパテックが市場に溢れる
Photo by Hugo Delauney 

暗号資産の暴落でロレックスとパテックが市場に溢れる

暗号資産の暴落は、中古市場で最も人気のある高級腕時計の供給不足を緩和し、パテックフィリップやロレックスの価格を押し下げている。

編集部

暗号資産の暴落は、中古市場で最も人気のある高級腕時計の供給不足を緩和し、パテックフィリップやロレックスの価格を押し下げている。

米ビジネスメディア、ビジネス・インサイダーによると、人気の高いロレックス コスモグラフ デイトナ 116500LNは、3月中旬の約48,500ドルをピークに、16%以上下落し、現在は約39,500ドルと、数カ月にわたる下落を続けている。

オンライン時計取引プラットフォームChrono24はブルームバーグに対して、最近の暗号資産のバリュエーションの急減は「ロレックスやパテックフィリップといったブランドの高級時計の価格設定に直接影響を与えている」と語っている。

暗号通貨の評価額の急上昇は、新しいクラスの高級品購入者を生み出し、特にロレックス、オーデマ・ピゲ、パテックなどのブランドのモデルの前例のない価格上昇につながった。多くの暗号資産の価格が落ち込んだ今、これらの消費者は真逆の行動をとっている。

ブルームバーグのコラムニスト、アンドレア・フェルステッドが引用したジェフリースの分析によると、暗号資産と株の上昇によって膨らんだバブルが中古時計市場に出現し、暗号資産の富が米国での高級品販売の成長の少なくとも4分の1を占めたという。

もちろん、暗号資産だけがその要因とはいい難い。通常の株式投資家もまた、中古時計の投げ売りに寄与していると推定される。ゴールドマン・サックスの分析によると、一般に株式と債券のバランスをとる最も保守的な投資戦略として知られる古典的な60-40ポートフォリオは、今年上半期に17%の損失を出し、1932年以来最大の下げ幅を記録したそうだ。

また、興味深いことに、70年代から80年代にかけての地政学的な不安、市場の変動、高インフレが、代替投資としてのスイス高級時計の隆盛に大きく貢献したという。市場が高インフレと不況のセット(スタグフレーション)に直面しつつある現在、腕時計は重要な資金避難先の一つになる可能性があるだろう。少なくとも暗号資産よりも安全性は高い。