サム・アルトマンのドラマが指し示すテック業界の深層[英エコノミスト]

サム・アルトマンのドラマが指し示すテック業界の深層[英エコノミスト]
サム・アルトマン。Photographer: David Paul Morris/Bloomberg
“The

11月17日の週末に起こった出来事は、テック業界のペースからしても前例のないものだった。金曜日、人工知能(AI)革命の最前線に立つ企業、OpenAIの共同設立者でありボスであったサム・アルトマンが、同社の取締役会から突然解雇されたのだ。取締役会がアルトマンへの信頼を失った理由は不明である。噂によれば、アルトマンは副業的なプロジェクトに不穏な空気を漂わせており、「人類の最大限の利益」のために技術を開発することを公約している会社において、安全性への影響を考慮することなくOpenAIの商業的提供を拡大しようとする動きが早すぎるとの懸念が指摘されている。その後2日間、同社の投資家と従業員の一部はアルトマンの復帰を求めた。

しかし、取締役会はその姿勢を貫いた。11月19日深夜には、ビデオストリーミングサービスTwitchの元代表であるエメット・シアーを暫定CEOに任命した。さらに異例なことに、翌日、OpenAIの最大の投資家の一人であるマイクロソフトのボス、サティア・ナデラがX(旧ツイッター)に、アルトマンとOpenAIの従業員グループが「新しい先端AI研究チーム」を率いるためにソフトウェア大手に加わることを投稿した。

OpenAIの出来事は、シリコンバレーにおけるより広範な分裂を最も劇的に現したものだ。一方は「ドゥーマー(破滅派)」で、野放しにすればAIは人類に存亡の危機をもたらすと考え、規制強化を主張する。これに対抗するのが「ブーマー(加速派)」と呼ばれる人々で、AIの黙示録に対する恐怖を軽視し、進歩を加速させる可能性を強調する。どちらの陣営が影響力を持つかは、規制強化を後押しするか阻止するかのどちらかであり、ひいては誰が将来AIから最も利益を得るかを左右することになる。

OpenAIの企業構造は、この両極にまたがっている。2015年に非営利団体として設立された同社は、3年後に営利目的の子会社を設立し、テクノロジーを推進するために必要な高価なコンピューティング能力と頭脳を調達した。ドゥーマーとブーマーの相反する目的を満足させることは、常に難しいことだった。

この分裂は、哲学的な違いを反映している部分もある。ドゥーマー陣営の多くは、AIが人類を絶滅させる可能性を懸念する運動である「効果的利他主義(EA)」の影響を受けている。心配性の人々には、OpenAIの元を去り、別のモデルメーカーであるAnthropicを立ち上げたダリオ・アモデイも含まれる。マイクロソフトを含む他の大手テック企業もAIの安全性を心配しているが、ドゥーマーほどではない。

ブーマーは「効果的加速主義」と呼ばれる世界観を支持しており、AIの開発は妨げられることなく進められるべきであるだけでなく、スピードアップされるべきであると反論している。その先頭に立っているのが、ベンチャーキャピタル、アンドリーセン・ホロウィッツの共同設立者であるマーク・アンドリーセンだ。他のAIの専門家もこの大義に共感しているようだ。Metaのヤン・ルカンとアンドリュー・ウン、そしてHugging FaceやMistral AIを含む多くの新興企業が、規制緩和を主張している。

アルトマンは両グループに共感しているようで、AIを安全にするための「ガードレール」を公に呼びかけると同時に、OpenAIにより強力なモデルの開発を促し、ユーザーが独自のチャットボットを構築するためのアプリストアなどの新しいツールを発表した。最大の投資家であるマイクロソフトは、OpenAIの49%の株式を取得するために100億ドル以上の資金を投入しているが、親会社の取締役会の席は与えられていない。

しかし、抽象的な哲学以上のことが起こっているように見える。偶然にも、2つのグループはより商業的な線でも分かれている。ドゥーマーは、AI競争の初期から動き、懐が深く、独自のモデルを信奉している。一方、ブーマーは、追随する企業である可能性が高く、規模が小さく、オープンソースのソフトウェアを好む。

初期の勝者から始めよう OpenAIのChatGPTはローンチ後わずか2ヶ月で1億人のユーザーを獲得し、OpenAIからの離反者によって設立され、現在250億ドルの評価を受けているAnthropicが僅差で追っている。グーグルの研究者は、ChatGPTを含むチャットボットを支える、膨大なデータで訓練されたソフトウェアである大規模言語モデルに関するオリジナルの論文を書いた。同社は、より大きく、より賢いモデルや、Bardと呼ばれるチャットボットを作り続けている。

一方、マイクロソフトのリードは、主にOpenAIへの大きな賭けによって築かれている。アマゾンはAnthropicに最大40億ドルを投資する予定だ。しかし、テック業界では、先手を打てば必ず成功するとは限らない。技術と需要の両方が急速に進歩している市場では、新規参入企業は既存企業を混乱させる機会を十分に持っている。

このことは、より厳しい規制を求める破滅論者たちにさらなる力を与えるかもしれない。アルトマンは5月の議会での証言で、この業界が「世界に重大な害をもたらす」可能性があるとの懸念を表明し、政策立案者たちにAIに対する具体的な規制を制定するよう促した。同月、OpenAI、Anthropic、Googleを含む350人のAI科学者や技術幹部が、核戦争やパンデミックに匹敵するAIによる「絶滅のリスク」を警告する1行の声明に署名した。恐ろしい見通しにもかかわらず、声明に賛同した企業はいずれも、より強力なAIモデルの構築に向けた自社の取り組みを一時停止しなかった。

政治家たちは、このリスクを真剣に受け止めていることを示そうと躍起になっている。7月、ジョー・バイデン大統領は、マイクロソフト、OpenAI、メタ、グーグルなど主要なモデルメーカー7社に対し、AI製品を一般に公開する前に専門家の検査を受ける「自発的な約束」をするよう促した。11月1日、英国政府は同様のグループに対し、規制当局がAI製品の信頼性や、国家安全保障を脅かすような有害な機能をテストすることを認める、拘束力のない協定に署名させた。その数日前、バイデンはより強力な大統領令を発表した。これは、ソフトウェアが必要とする計算能力によって定義される一定規模以上のモデルを製造するAI企業に対し、政府に通知し、安全性テストの結果を共有することを強制するものだ。

2つのグループの間にあるもうひとつの対立軸は、オープンソースAIの将来である。メタが2月に発表したLlamaは、オープンソースAIに拍車をかけた(グラフ参照)。オープンソースを支持する人々は、オープンソースのモデルは精査の余地があるため安全だと主張する。 反対する人々は、これらの強力なAIモデルを公開することで、悪意のある行為者が悪意のある目的で使用することを許すのではないかと懸念する。

image: The Economist
image: The Economist

しかし、オープンソースをめぐる対立は、商業的な動機を反映している可能性もある。例えば、ベンチャーキャピタルはオープンソースの大ファンであり、それはおそらく、彼らが支援する新興企業がフロンティアに追いつき、あるいはモデルへの自由なアクセスを得るための方法を伺っているからだろう。既存企業は競争上の脅威を恐れているかもしれない。5月にリークされたグーグルの内部関係者が書いたメモには、オープンソースモデルが一部のタスクでプロプライエタリ(専売的な)モデルに匹敵する成果を上げており、構築コストもはるかに低いことが記されている。このメモでは、グーグルもOpenAIもオープンソースの競合他社に対する防御的な「堀」を持っていないと結論付けている。

これまでのところ、規制当局は破滅論者の主張を受け入れているようだ。バイデンの大統領令は、オープンソースAIにブレーキをかける可能性がある。この大統領令の「デュアルユース」モデルの広範な定義は、軍事目的も民間目的もあり得るもので、そのようなモデルのメーカーに複雑な報告義務を課している。これらの規則が現在どの程度施行できるかは不明だ。しかし、新たな法律が制定されれば、時間の経過とともに歯止めがかかるかもしれない。

すべての大手ハイテク企業が、この溝のどちらかの側にきれいに収まるわけではない。メタはAIモデルをオープンソース化することで、革新的な製品を開発するための強力なモデルを新興企業に提供し、予想外の擁護者となった。メタは、オープンソースのツールが促すイノベーションの急増が、ユーザーを夢中にさせ、広告主を満足させる新しい形のコンテンツを生み出すことで、最終的に同社を助けることになると賭けている。アップルはもうひとつの異端児だ。この世界最大のテック企業は、AIについて特に沈黙を守っている。 9月に行われた新型iPhoneの発表会では、同社はAIという言葉に触れることなく、AIを駆使した数々の機能をパレードした。訊ねられると、同社の幹部はAIの別称である「機械学習(ML)」を称賛することに傾く。

それはスマートに見える。OpenAIのメルトダウンは、AIをめぐるカルチャー・ウォーズがいかに有害かを示している。しかし、このような争いこそが、テクノロジーがどのように進歩し、どのように規制され、そして誰が戦利品を手にするのかを形作るのである。■

From "The Sam Altman drama points to a deeper split in the tech world", published under licence. The original content, in English, can be found on https://www.economist.com/business/2023/11/19/the-sam-altman-drama-points-to-a-deeper-split-in-the-tech-world

©2023 The Economist Newspaper Limited. All rights reserved.

翻訳:吉田拓史

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)