ML

Machine learning (ML) is the scientific study of algorithms and statistical models that computer systems use in order to perform a specific task effectively without using explicit instructions, relying on patterns and inference instead.

与信審査アルゴリズムの改善要求を飲んでも融資は得られない
ML

与信審査アルゴリズムの改善要求を飲んでも融資は得られない

ハーバード大学とマイクロソフトの研究者による最新研究では、リコース生成アルゴリズムが結果を改善しないという強い証拠が見つかった。それは、銀行や金融機関などの利害関係者がモデルを再教育して更新したり、データの新しいパターンに適応するためにフレームワークを使用したりすると、アルゴリズムによって生成されたリコースが無効になる傾向があるからだ。

Google AI研究者ら、機械学習のデータセットには文化の変化が必要と主張
AI Ethics

Google AI研究者ら、機械学習のデータセットには文化の変化が必要と主張

機械学習コミュニティ、特にコンピュータビジョンと言語処理の分野では、データセットの収集と利用において深刻な文化の問題を抱えている、と今月初めに発表された、Google ResearchのリサーチサイエンティストEmily Dentonらが共著した論文は主張している。

DeepMind、ルールを自ら学習し囲碁や将棋、チェス、アタリをマスターするAIを発表
ML

DeepMind、ルールを自ら学習し囲碁や将棋、チェス、アタリをマスターするAIを発表

Alphabet傘下のAI研究所DeepMindは23日、ゲームのルールを自ら学習し、より現実世界への応用可能性の高い最新モデル「MuZero」に関する論文をネイチャー誌に発表した。MuZeroは57種類の異なるAtariゲームで業界をリードする性能を達成し、囲碁、チェス、将棋では前作のAlphaZeroに匹敵する性能を発揮している。

Amazon、クラウドでの機械学習トレーニング用カスタムチップ「Trainium」を発表
Cloud

Amazon、クラウドでの機械学習トレーニング用カスタムチップ「Trainium」を発表

Amazonは1日、AWS Trainiumを発表した。これは、同社が費用対効果の高い機械学習モデルのトレーニングをクラウド上で提供するためにカスタム設計されたチップ。これは、インテルの新しいHabana Gaudiプロセッサを搭載したHabana GaudiベースのAmazon Elastic Compute Cloud (EC2) インスタンスが、機械学習トレーニングのために特別に構築されるのに先駆けて発表されたものである。

DeepMindのAIシステム、50年来の「タンパク質の折り畳み問題」を解明
ML

DeepMindのAIシステム、50年来の「タンパク質の折り畳み問題」を解明

DeepMindのAIシステムAlphaFoldの最新バージョンは、2年に1度開催されるタンパク質立体構造予測技術を客観的に評価するコンテンスト「CASP」の主催者によって、この問題の解決策として認められた。この画期的な成果は創薬設計や環境の持続可能性などの進歩を劇的に加速させる可能性を示している。

MCUNet: IoT機器での深層学習を高速化する軽量ニューラルネット
ML

MCUNet: IoT機器での深層学習を高速化する軽量ニューラルネット

MITの研究者は、「モノのインターネット」(IoT)を構成するウェアラブル医療機器、家庭用電化製品、2500億の他のオブジェクトに搭載されている小さなコンピュータチップのような、新しい場所にディープラーニング(深層学習)のニューラルネットワークをもたらすことができるシステムを開発した。

トラフィックからオンラインゲームのチートを高精度で検出する機械学習モデル
ML

トラフィックからオンラインゲームのチートを高精度で検出する機械学習モデル

テキサス大学ダラス校のコンピュータ科学者らは、チートをするビデオゲームプレイヤーに対する新しい武器を考案した。研究者らは、人気のある一人称視点シューティングゲーム「Counter-Strike」を使って、不正行為者を検出するアプローチを開発した。このメカニズムは中央サーバーにデータトラフィックを送信する多人数参加型オンライン(MMO)ゲームであれば、どのようなゲームでも機能することができる。

機械学習で次世代バッテリーを探索: アルゴンヌ国立研究所
ML

機械学習で次世代バッテリーを探索: アルゴンヌ国立研究所

アルゴンヌ国立研究所の研究者たちは、機械学習と人工知能の力を利用して、電池の発見プロセスを劇的に加速させた。2019年末に発表された2つの新しい論文に記載されているように、アルゴンヌ国立研究所の研究者はまず、電池の電解質の基礎となりうる約133,000個の低分子有機分子の高精度なデータベースを作成した。

GoogleのAIがウェブページを動画に変換
ML

GoogleのAIがウェブページを動画に変換

Googleの研究者によると、ウェブページを自動的に短い動画に変換するAIシステムを開発した。このシステムは、HTMLソースからテキストや画像などのアセットと、フォント、色、グラフィックレイアウトなどのデザインスタイルを抽出し、アセットを一連のショットに整理して、ソースページと同様のルック&フィールを維持しながら実行する。

マイクロソフトとOpenAI、AIによる輸出規制のDXを提案
ML

マイクロソフトとOpenAI、AIによる輸出規制のDXを提案

マイクロソフトとAI研究所のOpenAIは10日、「デジタルに変換された」輸出管理システムがどのように機能するか、そしてそれが提供しうる利益を説明した文書を米国政府に提出した。両団体は、ソフトウェア、AIを全活用するソリューションは、ユーザーに商業的な利益をもたらすだけでなく、基盤技術の米国輸出を管理するためのより強力な方法を提供できると提案している。

テスト時間を98%削減、EV向けバッテリー開発を加速する新たなAI手法
ML

テスト時間を98%削減、EV向けバッテリー開発を加速する新たなAI手法

しかし現在、スタンフォード大学のステファノ・エルモンとウィリアム・チュエが率いるチームは、機械学習をベースにした手法を開発し、これらのテスト時間を98%削減している。このグループは、この方法をバッテリーの充電速度でテストしたが、この方法はバッテリー開発パイプラインの他の多くの部分や、非エネルギー技術にも適用できるという。

バッテリーの寿命と安全性を向上させるAI技術
Chemistry

バッテリーの寿命と安全性を向上させるAI技術

ケンブリッジ大学とニューカッスル大学の研究者たちは、電池に電気パルスを送り、その反応を測定することで電池を監視する新しい方法を考案した。測定値は機械学習アルゴリズムによって処理され、電池の劣化状態と耐用年数を予測する。この方法は何らかのマイナスを伴うものではなく既存のバッテリーシステムに簡単に追加できる。結果は今春、Nature Communications誌に報告されている。

自律型川船が3時間、アムステルダムの運河の航行に成功
Autonomous Systems

自律型川船が3時間、アムステルダムの運河の航行に成功

MITの研究者たちは、高速で移動する水域で乗客を運ぶことができる自律型の川船「Roboat II」を開発したと発表した。CSAIL、MIT Senseable City Lab、およびアムステルダムのアドバンスト・メトロポリタン・ソリューション(AMS)研究所が過去5年間に開発した自律型ボートの最新のものだ。

Nvidia、AIベンチマークMLPerfの提出物の85%を占拠
Chip

Nvidia、AIベンチマークMLPerfの提出物の85%を占拠

機械学習のベンチマークを提供するMLPerfコンソーシアムは21日、MLPerf Inference v0.7の結果を発表した。提出物の85%がNvidiaアクセラレータを使用していた。他のAIアクセラレータであるCerebras(CS-1)、AMD(Radeon)、Groq(Tensor Streaming Processor)、SambaNova(Reconfigurable Dataflow Unit)、Google(TPU)の存在感は薄かった。

物議を醸すピーター・ティール出資の顔認識システム新興企業「Clearview AI」
Computer Vision

物議を醸すピーター・ティール出資の顔認識システム新興企業「Clearview AI」

米国の主要な移民法執行機関である司法省、ベストバイやメイシーズなどの小売業者、アラブ首長国連邦の政府系ファンドは、ソーシャルメディアやウェブ上の数十億枚の写真をスクレイピングしてデータベース化し、物議を醸している顔認識スタートアップClearview AIの顧客として世界中の数千の政府機関や民間企業の中にリストアップされている。

Nvidia、AIテレビ会議サービス「Maxine」を発表
ML

Nvidia、AIテレビ会議サービス「Maxine」を発表

Nvidiaは5日、GPUで加速されたAI会議ソフトウェアを開発者に提供し、ビデオ品質を向上させるプラットフォーム「Nvidia Maxine」を発表した。同社はMaxineを「クラウドネイティブ」ソリューションとして説明しており、サービスプロバイダが視線補正、超解像、ノイズキャンセル、顔の再照などのAI効果をエンドユーザーに提供することを可能にする。

You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア!
Could not sign up! Invalid sign up link.