ML

Machine learning (ML) is the scientific study of algorithms and statistical models that computer systems use in order to perform a specific task effectively without using explicit instructions, relying on patterns and inference instead.

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

AI創薬システムが化学兵器の製造に再利用される可能性を研究者が警告

AI創薬システムが化学兵器の製造に再利用される可能性を研究者が警告した。研究者たちは、分子の正確な構造を入力せずに、VXに似た物質を生成するようにソフトウェアに依頼しただけだった。

吉田拓史
無料会員 公開

NVIDIAのAIは「人間より優れた設計」のチップを生み出す

NVIDIAはGPU設計を効果的に改善し、高速化するためにAIを使い始めている。GPU設計企業が、設計を円滑に行うためにGPU駆動の機械学習モデルを利用する、というカイゼンの円環だ。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

AIは気候変動対策のゲームチェンジャー

人工知能を、気候変動対策の手段に変えようとする研究者がいることは興味深い。「気候AI」がゲームチェンジャーとなり、広く存在が確認される利益至上主義、偏見増幅、誤情報拡散のアルゴリズムとは異なる働きが期待される。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

ハエの複眼に着想を得たドローン検知AI

コンピュータ科学者はハエの視覚系を調べ、同様のメカニズムでノイズの多いデータを除去するツールを開発した。研究者は従来のAIだけよりも最大50パーセント遠くまでドローンを検知できると主張している。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

AIによる音声解析は精神疾患の特定に役立つのか?

AIによる音声解析は精神疾患の特定に役立つか。初期のテストは有望だったが、バイアス、プライバシー、ブラックボックス化したアルゴリズムへの不信感などの問題があり、これが落とし穴になる可能性がある。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

「ノーコードAI」が大衆に力を与える: 専門知識や資金がなくともアクセス可能

「ノーコードAI」は大衆に力もたらす可能性がある。コンピュータのコードを一行も書かなくても、誰でもAIを応用できる製品が増えている。これは人々の能力を増幅する装置になるかもしれない。

編集部
無料会員 公開

リード・ホフマンのAIスタートアップ、GoogleとMetaから人材を引き抜く

リンクトイン創業者の億万長者リード・ホフマンとDeepMindの共同創業者ムスタファ・スレイマンが今月初めに立ち上げた新興企業Inflection AI(インフレクションAI)は、GoogleとMetaから人工知能(AI)の達人を引き抜いたとみられる。

編集部
無料会員 公開

英病院がAI技術を利用して救急病院の混雑を予測

英テック企業ファカルティがNHSと提携し、救急病院の入院患者数の予測を実現した。ソフトウェアは最大3週間先まで必要なベッド数を予測することができる。少なくとも100の病院事業体で採用される見通し。

編集部
無料会員 公開

メタのAI研究所からトップ人材が続々離脱

Facebookの親会社であるMetaはメタバースへの軸足を移しつつあるため、今年に入ってからトップ人工知能(AI)研究者を何人か失っている。

吉田拓史
無料会員 公開

自然言語処理スタートアップがブーム: AIで最も進歩が早い分野

自然言語処理(NLP)スタートアップがブームだ。NLPはAIで最も進歩の早い分野で、基盤的なモデルを様々なユースケースに適応させる点において、既存ビジネスを塗り替える広範なビジネス機会が望まれている。

吉田拓史
無料会員 公開

AIとスパコンがコロナワクチンの創薬を高速化

コロナワクチンの分子構造から冷凍庫の分布まで、すべてに機械学習が関与しているとファイザーの技術責任者が語った。創薬から臨床試験、サプライチェーン管理、人々への配布までのプロセスをスピードアップさせた。

吉田拓史
無料会員 公開

グーグル、パーキンソン病を診断するAIロボットの開発に協力

グーグルがパーキンソン病診断のためのロボットの開発に協力している。24時間稼働するロボットは試験管やピペットを操作し、皮膚細胞を撮影して病気を機械学習によって分類する。