ML

Machine learning (ML) is the scientific study of algorithms and statistical models that computer systems use in order to perform a specific task effectively without using explicit instructions, relying on patterns and inference instead.

吉田拓史
無料会員 公開

Microsoft、VRから撤退しAIに倍プッシュ

Microsoftは、VR/ ARから事実上撤退し、AIへの賭け金を一気に増やした。同社のボスは、AIがモバイルやクラウドに次ぐ大きな波になると予想し、その波が始まる地点に我々はいると考えている。

吉田拓史
無料会員 公開

GoogleはChatGPTに対抗するために「金のなる木」の検索を殺せるか?

ChatGPTが検索を脅かしていると言われるが、Googleには強力な対抗馬が2つもある。しかし、上場企業のGoogleは毎年数兆円を稼ぐ「金のなる木」を失うリスクを許容できるだろうか。イノベーションのジレンマは「検索の20年選手」にも当てはまるのかもしれない。

吉田拓史
無料会員 公開

急速に進歩する言語AIが人々の意見を操る恐れ

新研究は、目覚ましい進歩を遂げている言語AIが、現在インターネット上で活発に行われている世論操作を高度化してしまう恐れについて警鐘を鳴らしている。

吉田拓史
無料会員 公開

ChatGPTに強力なライバル:DeepMindのSparrow

Alphabet傘下のAI研究所DeepMindが開発するチャットボット「Sparrow」は、市場投入時には、ChatGPTより優れた製品になる可能性がある。Sparrowは、証拠となる出典を示し、嘘やなりすましのようなリスクを抑制する工夫をしている。

吉田拓史
無料会員 公開

AIのビジネス応用は優等生と落ちこぼれの二極化進む

AI活用の必要性は広く認知されている。一部の先進的な企業はそれを比類なき財務的リターンにつなげることに成功している。一方、AI採用の前で長期的な足踏みが続く落ちこぼれグループの存在も発見されている。

吉田拓史
無料会員 公開

ChatGPTはBingと組み合わせない方が便利

ChatGPTをBingと統合しても、Bingが邪魔だったということになりうる。検索単体の品質を見れば、BingはGoogleに圧倒されており、Bingを選ぶユーザーは余りいない。Bingで最も多いクエリがGoogle.comというのがその状況を雄弁に物語っている。

編集部
無料会員 公開

Microsoft、BingにChatGPTを統合か

Microsoftは、Googleに対抗するため、OpenAIのChatGPTをBingに統合しようとしていると報じられた。3月末までにChatGPTを搭載したBingのバージョンを立ち上げる可能性がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

チャットボットがGoogleの優位を揺るがす―Julia Love

AlphabetのGoogleは、検索分野において基本的に手出しができない存在だったが、元Googlerが設立した数社の企業は、それが変わろうとしている、と考えている。

吉田拓史
無料会員 公開

大規模言語モデル(LLM)の快進撃

ChatGPTは、大規模言語モデル(LLM)の有用性を多くの人に知らしめた。様々なタスクがLLMの手によって自動化、あるいは高度化していくことはもはや既定路線と言ってもいいだろう。

吉田拓史
無料会員 公開

BigScienceの大規模言語モデルBLOOM

完全な透明性をもって訓練された初の多言語LLMがBLOOM(BigScience Large Open-science Open-access Multilingual Language Modelの略)である。BLOOMは、46の自然言語と13のプログラミング言語で学習した1760億パラメータの言語モデルで、数百人の研究者の共同作業により開発・公開された。

吉田拓史
無料会員 公開

今年はAIにとって画期的な年になった

今年は生成型モデルが話題をさらい、チャットボットが大規模モデルの日常的なユースケースの可能性を切り開いた。生命科学で進行中の革命は見逃せず、すでにAIに意識を見出した人も現れた。米政府が発出したAI権利章典は政策的対応のパイオニアとなった。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

いよいよビジネスに浸透する人工知能