AI

人工知能(AI)とは、人間の知能をコンピュータ上で再現・模倣する技術のことです。AIは、機械学習、自然言語処理、画像認識、ロボット工学など、さまざまな分野で研究・開発されています。AIは、すでに私たちの生活にさまざまな形で浸透しています。例えば、自動運転車、音声認識、顔認識、翻訳ソフト、画像検索、医療診断など、さまざまな分野でAIが活用されています。

AIでは後発の欧州が規制では主導権を握る[英エコノミスト]

AI

AIでは後発の欧州が規制では主導権を握る[英エコノミスト]

欧州の議員たちが評価されるべきは、スタミナと不味い食べ物に対する並外れた寛容さである。欧州議会、加盟国政府、そして欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会の代表者たちは、12月9日未明までブリュッセルの暗い会議室で40時間近くを費やし、人工知能を規制する欧州の画期的な法律である「AI法」についての取り決めを行った。オブザーバーたちは、食べかけのサンドイッチやファーストフードが会場のゴミ箱に山積みになっている写真をネット上で共有し、交渉の進捗状況を測っていた。 この交渉の超マラソンは、これまでで最も勤勉な法律制定プロセスの終着点だった。2018年初頭、長時間に及ぶ公開協議と52人からなる「ハイレベル専門家グループ」によって始まり、2020年には誰もがオンラインでコメントできる白書が作成された(1,250の団体と個人がコメントした)。法案はまだ公表されていないが、その草稿は100ページ近くあり、条文数もほぼ同じであった。 それだけの価値があったのだろうか? 徹底的なプロセスは、多くの製品安全法制とは異なり、論理的に首尾一貫した法的アプローチにつながったことは間違いない。

By エコノミスト(英国)
OpenAI内紛の新事実:株式を現金化したい従業員、アルトマンへの不信感…

AI

OpenAI内紛の新事実:株式を現金化したい従業員、アルトマンへの不信感…

OpenAIの内紛における従業員の熱狂的なサム・アルトマン支持は、投資家による株式買い取りのもたらす臨時収入に起因していたようだ。対立は「AIをめぐる思想の違い」と説明されたが、数ヶ月間続いたアルトマンへの不信が背景にあったという新事実が明らかになっている。

By 吉田拓史
サム・アルトマンのドラマが指し示すテック業界の深層[英エコノミスト]

AI

サム・アルトマンのドラマが指し示すテック業界の深層[英エコノミスト]

11月17日の週末に起こった出来事は、テック業界のペースからしても前例のないものだった。金曜日、人工知能(AI)革命の最前線に立つ企業、OpenAIの共同設立者でありボスであったサム・アルトマンが、同社の取締役会から突然解雇されたのだ。取締役会がアルトマンへの信頼を失った理由は不明である。噂によれば、アルトマンは副業的なプロジェクトに不穏な空気を漂わせており、「人類の最大限の利益」のために技術を開発することを公約している会社において、安全性への影響を考慮することなくOpenAIの商業的提供を拡大しようとする動きが早すぎるとの懸念が指摘されている。その後2日間、同社の投資家と従業員の一部はアルトマンの復帰を求めた。 しかし、取締役会はその姿勢を貫いた。11月19日深夜には、ビデオストリーミングサービスTwitchの元代表であるエメット・シアーを暫定CEOに任命した。さらに異例なことに、翌日、OpenAIの最大の投資家の一人であるマイクロソフトのボス、サティア・ナデラがX(旧ツイッター)に、アルトマンとOpenAIの従業員グループが「新しい先端AI研究チーム」を率いるために

By エコノミスト(英国)
OpenAIのボスは天才か、それとも日和見主義者か?[英エコノミスト]

AI

OpenAIのボスは天才か、それとも日和見主義者か?[英エコノミスト]

技術界の「バーニングマン」理論。先見の明を持った技術者の夢や希望が、周囲の人々によって燃やされそうになることはよくあることだ。1985年、スティーブ・ジョブズは自らが創設したアップルを解雇され、11年間復帰しなかった。2000年、イーロン・マスクの共同創業者たちは、後にデジタル決済プラットフォームのペイパルとなるX.comのCEOであった彼を追放した。2008年、ジャック・ドーシーはツイッターの共同創設者たちによって、ソーシャル・メディア・アプリの最高経営責任者(CEO)としての短い任期に終止符を打たれた。 11月17日、サム・アルトマンは、2015年に共同設立した人工知能(AI)企業であるOpenAIから、率直さに欠けると非難した取締役会によって追放され、ベイエリアの次の火あぶりになるかと思われた。しかし11月21日、彼と彼の従業員、そしてマイクロソフトなどのOpenAIの投資家たちが彼の復職を熱烈に求めた4日間を経て、彼はOpenAIの経営に復帰した。このドラマの最中、「なんと、イエス・キリストの復活まで3日かかった」とツイートした人がいた。アルトマンの代わりに、彼

By エコノミスト(英国)