ML

Machine learning (ML) is the scientific study of algorithms and statistical models that computer systems use in order to perform a specific task effectively without using explicit instructions, relying on patterns and inference instead.

編集部
無料会員 公開

一部のアートコミュニティでAI生成画像の投稿が禁止に

いくつかのオンライン・アート・コミュニティは、サイト上でのAIアートを禁止または抑制する措置を取ったことが、AIアートブロガーの調査で明らかになった。

編集部
無料会員 公開

AI画像生成がコロラド州の芸術コンテストで優勝し「芸術の死」論争が沸騰

ジェイソン・アレンという合成メディアアーティストが、コロラド州の美術コンテストにAIで生成した作品を出品し、デジタルアート部門で1位を獲得したと先週発表したと報じられた。

編集部
無料会員 公開

TikTok、流行のテキスト画像AIを搭載へ

TikTokは、ユーザーがテキストを入力すると、動画の背景として使用できる画像を受け取ることができる、新しいアプリ内テキストから画像へのAIジェネレーターを開始した、とThe Vergeが報じた。

編集部
無料会員 公開

前立腺がん向けAIレーザーが臨床試験へ

外科医がレーザーを使った針で前立腺がんを治療・縮小する際に、腫瘍組織をより正確にマッピングできるAIソフトウェアが、まもなく臨床試験で実際の患者さんに試用される予定だ。 米国食品医薬品局(FDA)は先週、同社の発明品にIDE(治験用機器免除)を認めた。このIDEにより、前立腺がんの治療において標準治療に対する優越性を示すための無作為化比較試験で、これら2つの技術を併用することが可能となる。 患者は、まずMRI撮影及び超音波検査融合画像に基づく前立腺針生検法を行う必要がある。そのデータは、AI医療新興企業AvendaのiQuestソフトウェアのAIアルゴリズムによって処理され、前立腺内のがん細胞の位置がマッピングされる。次に、コンピュータビジョン支援モデルが、焦点式レーザー焼灼装置をどこに挿入するのが最適かをシミュレーションし、外科医が患者の腫瘍を治療するのを支援する。 この焦点式レーザー焼灼装置は、Avenda独自の製品で「FocalPoint」と呼ばれる。FocalPointレーザーの熱は、がん細胞を優しく加熱して死滅させ、腫瘍全体を縮小して除去することを目的としている。 A

吉田拓史
無料会員 公開

突然注目を集めたAI画像生成Midjoureyを運営する社員10人の「零細企業」の裏側

各所で話題を呼んでいる「AI画像ジェネレーター」 のMidjourneyは、社員数わずか10人の会社によって運営されている。作者のデイヴィッド・ホルツは会社を「自己資金で運営される研究所」と形容しており、すでに利益が出ているという。資金力が物を言う分野で異色の存在だ。

ブルームバーグ
無料会員 公開

75歳のハーバード卒業生が中国トップAI人材のゴッドファーザーになる

75歳のハーバード大卒業生が、清華大学で中国のAI人材を多数排出している。アンドリュー・ヤオは、中国最大のスタートアップ企業に影響を与え、政府の政策に影響を与え、学者たちの世代を形成してきた。

吉田拓史
無料会員 公開

レゴの説明書を理解し組み立てられるAIが誕生 MITとスタンフォード、オートデスクが共同研究

スタンフォード大学、MIT、オートデスクAIラボの研究者が共同で、2Dの指示を解釈して3Dオブジェクトを構築できる、新しい学習ベースのフレームワークを開発した。

編集部
無料会員 公開

百度、AI企業化で再浮上

中国の検索大手百度は一時期はテンセントとアリババに突き放されたと見られていたが、AIがあらゆる産業の重要な競争要因となったことから、AI企業として再躍進しつつある。

編集部
無料会員 公開

AIが中国経済に年間6,000億ドルをもたらすとマッキンゼーが予測

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、AI技術を完全に商業化する取り組みは、中国本土で今後10年間で次々と結実し、国内総生産(GDP)の3.7%、つまり6,000億ドルに相当する価値を提供すると予想している。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

GPT-3に自分についての論文を書いてもらい出版しようとしてみた

AI研究者は、GPT-3に対して、「GPT-3に関する学術論文を500字で書き、本文中に参照元と引用を加える」という簡単な指示を入力した。学術的な言葉で書かれた斬新な内容で、根拠ある文献が適切な場所に、適切な文脈で引用されていたのだ。

編集部
無料会員 公開

OpenAI、画像生成AIシステム「DALL-E 2」へのアクセスを拡大

文章を与えて画像を生成したり、既存の画像を編集して改良したりできるOpenAIのAIシステム「DALL-E 2」は20日、より広く利用できるようになった。

吉田拓史
無料会員 公開

AI創薬の類まれな可能性 最新研究が雨後の筍のように発表されている

創薬はいま最も熱気を帯びている人工知能(AI)の応用分野である。従来の創薬を著しく効率化できる可能性が生じ、それを後押しするような研究が雨後の筍のように出てきている。