2017-2018年にフィンランドでベーシックインカムの実験が行われた。実験では、25歳から58歳までの合計2,000人の失業者を対象に、無条件で、毎月560ユーロの支払いを受けた。

この評価調査結果が2020年6月5日に公開された。雇用に関するデータが実験が行われた2017-2018年をカバーするようになり、調査結果の分析がより深化。さらに、ベーシックインカム受給者に対するインタビューベースの調査が全体像を補完しているという。

評価の予備計画に基づき、2017年11月から2018年10月までの期間について、ベーシックインカム実験の雇用効果を測定した。ベーシックインカム受給者の雇用率は、この期間に対照群よりも若干改善した。参考期間中、ベーシックインカムによって雇用日数が6日増加し、ベーシックインカム受給者は平均78日雇用されていた。

しかし、実験の効果の解釈は、2018年の初めにアクティベーション・モデルが導入されたことで、対照群と介入群の両群で非対称的に失業給付の受給基準がより厳しくなったことを意味し、より複雑になった。

アクティベーション・モデルがまだ導入されていなかった実験1年目は、ベーシック・インカムは、ベーシック・インカム受給者のグループ・レベルでの雇用効果はなかった。しかし、ベーシックインカムの効果はグループによって若干異なっていたようで、例えば、ベーシックインカムを受けている子どものいる家庭では、実験の両年で雇用率が改善された。異なるグループに対する結果は、観測数が少ないことと、多数の検定を行ったために、まだ不確実である。

ベーシックインカム受給者は、精神的・経済的な幸福度が高いとの認識を持っていた

ベーシックインカム実験のウェルビーイングへの影響については、実験終了直前に電話で行った調査で検討した。ベーシックインカムを受け取った調査の回答者は、対照群の回答者よりも肯定的に自分たちのウェルビーイングについて肯定的に説明した。彼らは自分たちの生活にもっと満足していたし、より少ない精神的な緊張、抑うつ、悲しみ、孤独感を経験した。また、認知能力(記憶力、学習能力、集中力など)についても、より肯定的な認識を持っていた。

ベーシックインカム受給者は、精神的・経済的な幸福度が高いとの認識を持っていた. 出典: Kela

さらに、ベーシックインカムを得ている回答者は、対照群よりも収入と経済的な幸福感について肯定的な認識を持っていた。Kela(フィンランドの社会保険機関)の調査チーム長であるMinna Ylikännöは、自分たちの経済状況が管理可能であり、経済的に守られていると感じる可能性が高いと述べた。

ベーシックインカム受給者は、対照群に比べて、他人や社会の機関をより大きく信頼し、自分の将来や物事に影響を与える能力に自信を持っていた。これは、ベーシックインカムが無条件であることに起因していると考えられ、これまでの研究では、人々の制度への信頼が高まることが確認されている。

この研究に基づいて、介入群の幸福度が向上したのがベーシックインカムの受給によるものだと断言することはできない。ただ、他の国で行われた地域や地方でのベーシックインカムの実験でも、同様の結果が得られていると、Ylikännöは言う。調査の回答率は23%(ベーシックインカム受給者31%、対照群20%)。

インタビューでは「個性」が浮き彫りに

また、Kelaは本研究のために、合計81名のベーシックインカム受給者にインタビューを行った。インタビューからは、実験の効果の多様性や、ベーシックインカム受給者の出発点や生活状況の違いが浮き彫りになった。

ベーシックインカム実験は明らかに雇用に効果があったという人もいれば、効果が小さいという人もいた。また、実験前のインタビュー対象者の出発点の違いも雇用に影響を与えていた。

ある人にとっては、実験が、ボランティアやインフォーマルケアなど、社会参加の新たな機会を提供してくれた。また、ベーシックインカムがあることで、自立心が強くなったとの意見も多かった。ベーシックインカムの効果についての記述は全体的にかなり肯定的なものであったが、一部の人にとっては、実験によって就職へのプレッシャーや対処する能力の難しさも生じていた。

ベーシックインカムは、それまで活動的だった人の中でも、さまざまな種類の活動を増加させたようである。また、実験前に困難な生活状況にあった人々にとって、ベーシックインカムは彼らの問題を解決したとは思えない、とヘルシンキ大学のヘレナ・ブロムバーグ=クロール教授は言う。

世界初の全国・法定・無作為化ベーシックインカム実験

ベーシックインカム実験は、社会保障制度の可能性について貴重な情報を提供してくれた。実験で得られた情報は、社会保障制度を改革する際にも活用できると、アイノ・カイサ・ペコネン社会保健相は言う。

フィンランドのベーシックインカム実験は、全国規模で法定化され、無作為化されたフィールド実験に基づいて行われた世界初のベーシックインカム実験であった。実験への参加は任意ではなかったため、任意参加を前提とした他の実験に比べて、実験の効果についてより信頼性の高い結論を導き出すことが可能であった。

実験の実施は成功し、実験がなければ得られなかったであろう新しい情報を提供した。また、フィンランドでは、大規模な社会実験の手配が立法の観点から可能であることを示したと、フィンランド・アカデミー戦略研究評議会のプログラム・リーダー、Olli Kangasは言う。

ベーシックインカムの実験では、2,000人の失業者に、他の収入の有無や積極的に仕事を探していたかどうかに関わらず、毎月560ユーロの非課税ベーシックインカムが支給された。ベーシックインカムの受給者は、2016年11月にケラから失業給付金を受け取った人の中から無作為抽出によって選ばれた。対照群は、2016年11月にKelaから失業給付金を受け取ったが、実験のために選ばれなかった人から構成された。

実験は2017年1月1日に開始され、2018年12月31日に終了した。実験の実施決定は、当時のJuha Sipilä首相の政府によって行われた。その目的は、フィンランドの社会保障制度をどのように再構築することが可能になるかを研究し、労働生活の変化がもたらす課題をより良く満たすことにあった。実験はKela(フィンランドの社会保険機関)によって実施された。

Kelaの実験結果

  1. Press release: Results of the basic income experiment: small employment effects, better perceived economic security and mental wellbeing
  2. Final report (in Finnish, overview in English pp. 187-190)
  3. Presentation: Results of the Basic Income Experiment
  4. Results of the basic income experiment: recording of the broadcast (in English from 1:24)

参考文献

  1. kela.fi/basic-income-experiment

Photo by Ethan Hu on Unsplash