社会

生活空間を共有したり,相互に結びついたり,影響を与えあったりしている人々のまとまり。また,その人々の相互の関係。the aggregate of people living together in a more or less ordered community: drugs, crime, and other dangers to society.

吉田拓史
無料会員 公開

マッキンゼー、中毒死多数のオピオイドの販売助成金を提案

コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーは、ニューヨーク・タイムズが入手し、調査した破産申請書によると、中毒性のある鎮痛剤オキシコンチン(オピオイドの一種)の製造元である製薬会社パーデュー・ファーマに対して、リベートを医薬品販売業者に与えるよう助言していた。

吉田拓史
無料会員 公開

超監視社会で常時追跡されているあなたが身を守る方法

デジタルの世界で本当に「見えなくなる」ためには、メッセージを暗号化する以上のことをする必要がある。それには、本当のIPアドレスを削除する。ハードウェアとソフトウェアを隠蔽する事が必要だ。オンラインのウェブサイトに接続すると、ハードウェアとソフトウェアのスナップショットがサイトによって収集されることがある。

吉田拓史
無料会員 公開

人類学者で『ブルシットジョブ』の著者であるデヴィッドグレーバー、59歳で死去

『ブルシットジョブ』をはじめとするベストセラーの著者である人類学者でアナーキストのデビッド・グレイバー氏が死去した。去年、59歳。

吉田拓史
無料会員 公開

マイクロソフトチャイナの社員、元アリババ、ファーウェイの社員に996労働の停止を要求

マイクロソフトチャイナの社員が、かつてファーウェイやアリババで働いていた同僚に「996」の勤務表を止めるよう呼び掛け、会社の労働文化を乱していると指摘したことが話題になっている。

吉田拓史
無料会員 公開

フェイスブック、オレゴン州沖に6,500ガロンの掘削液を放置

フェイスブックは4月、オレゴン州沖の海底で、壊れた掘削機器と数千ガロンの掘削液を放棄していたことが判明した。同社は、海底通信ケーブルの着陸場所を建設していたときに、予想外の障害にぶつかった。4月28日に海底下約50フィートの硬い岩にぶつかった後、ドリルビットが折れて立ち往生した。

吉田拓史
無料会員 公開

デトロイト警察の顔認識システムが二度目の黒人男性の誤認逮捕を招く

デトロイト警察が使用した顔認識ソフトによって窃盗犯と間違えられた男が起訴された。デトロイトに住むマイケル・オリバーは、昨年、犯してもいない犯罪で逮捕された。彼は車の窓に手を伸ばし、携帯電話をひったくり破壊したと告訴された。

吉田拓史
無料会員 公開

コロナ禍とBLMのさなか米国民が犯罪報告アプリCitizenを使用する理由

コロナの感染拡大とともに米国の社会が不安定化する中、犯罪をユーザーが報告し、他の利用者に動画やアラートを提供することを可能にするアプリ「Citizen」がユーザー数を増やしている。監視社会や人種差別の温床になる可能性を宿したサービスの台頭は米国社会の歪みを物語っている。

吉田拓史
無料会員 公開

世界は不安期的に突入 歴史の数理解析が示唆

歴史は株式市場のようにランダムな歩みをたどっているわけではない。それどころか、株式市場がランダムウォークをとることにすら疑義が呈されている。むしろ歴史の中である種のパターンを示すことは容易である。しかし、そのパターンがいつどのように特定の社会で特定の結果をもたらすかを予測することは、星占いのようなものだ。しかし、コネクティカット大学教授のピーター・ターチンは、パターンとデータを結びつけることで、非常に説得力のある、そして非常に裏付けのある方法を提供する努力をしている。

吉田拓史
無料会員 公開

ベーシックインカムは雇用効果は小さいが幸福感が向上する

フィンランドのベーシックインカム実験では、受給者の雇用率は、この期間に対照群よりも若干改善し、受給者は対照群よりも収入と経済的な幸福感について肯定的な認識を持っていた。調査チーム長であるMinna Ylikännöは、自分たちの経済状況が管理可能であり、経済的に守られていると感じる可能性が高いと述べた。

吉田拓史
無料会員 公開

Facebookがテクノロジー帝国主義を築いた方法

無数のスキャンダルが続いた後でも、Facebookは、その姿勢を改めていないように見えます。どんなに非難にさらされても、同社のターゲティング広告は継続的に成長を続けてきました。

吉田拓史
無料会員 公開

ケンブリッジ・アナリティカの内部告発者が営業プレゼン手法を暴露

ケンブリッジ・アナリティカ元取締役であるブリタニー・カイザーが回想録を出版。同社が世界各国の政治家にどのように売り込んだのかが詳細に説明されています。

吉田拓史
無料会員 公開

エドワード・スノーデンがデジタル時代の市民の自由について教えてくれたこと

元CIA、NSAオフィサーのエドワード・スノーデンにとって、米国市民に対する大量のデータ収集は、プライバシーの重大な侵害でした。彼は新著の回想録で、告発を決意した根拠、その経緯を説明医しています。