社会

生活空間を共有したり,相互に結びついたり,影響を与えあったりしている人々のまとまり。また,その人々の相互の関係。the aggregate of people living together in a more or less ordered community: drugs, crime, and other dangers to society.

吉田拓史
無料会員 公開

【文字起こし】SNS戦争の背後で相克する2つの政治思想|会田弘継|メディアの未来#4

以下はインタビュー「SNS戦争の背後で相克する2つの政治思想|会田弘継|メディアの未来#4」の文字起こし。読みやすくするため編集を加えている。以下のやり取りはポッドキャストで聴ける。

ブルームバーグ
無料会員 公開

効果的利他主義の生みの親である哲学者がFTX凋落の意味を語る

1972年、哲学者のピーター・シンガーは、近くで溺れている子供を助けるために自分の服を泥まみれにするなら、会ったこともない子供を助けるために少なくとも少額でもお金を出すべきだと主張する倫理的枠組みを提案した。

ブルームバーグ
無料会員 公開

北京のコロナ感染者数は週末に倍増

中国首都のコロナ感染者は週末にほぼ倍増した後、依然として高止まりしており、政府の強硬な封鎖体制への反発が街頭で爆発している。北京市民が移動するのを防ぐため、当局が様々な制限を設ける中、この感染拡大が続いている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

加洲のテック大富豪、EVのための課税に反対

LyftとUber、そして多くの赤字のオンデマンドプラットフォームの同業者は、ベンチャーキャピタルの大盤振る舞いで何年も生き延び、その資金を得るために成長した。今回の提案は、ある意味で同じような資金の移動であり、それが州の財源を経由していることを除けば、である。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

コカイン生産の急増は麻薬戦争の失敗を示唆している

コロンビアの人里離れた地方では、コカがいたるところで栽培されている。農民たちは高地に生えるこの丈夫な潅木を植え、その葉を収穫して、この国を世界最大のコカイン生産国にした地元の小さな研究所に大量に売りさばく。ラスパチーネ(Raspachines)と呼ばれる収穫人は、ほとんどがベネズエラやコロンビアの他の地域からの貧しい移住者である。茎から葉を引き剥がす労働のため、彼らの手はしばしば千切れ、血まみれになる。しかし、合法的な作物を栽培するよりも多くの報酬を得ることができる。そして、麻薬ビジネスの最下層に位置することで、ある種の魅力が生まれる。「俺は周確認だ」と、人気フォークバンド、ロス・バカンス・デル・スールの2015年のヒット曲でシンガーは口ずさむ。「そして俺はすべての女を手に入れる」。 コカを植え、収穫する意欲のある人は後を絶たず、コカインにも事欠くことはない。国連薬物犯罪事務所(UNODC)によると、2020年の世界生産量は過去最高の1,982トンを記録した。この数字は前年比11%増で、2014年の生産量の約2倍だ(図表1参照)。1971年、当時のアメリカ大統領リチャード・ニク

吉田拓史
無料会員 公開

ギグエコノミーの賞味期限:通常の雇用体系では持続不能

先週、日本と米国で「ギグワーカー」の法的位置づけが問われた。このグレーゾーンを利用した低賃金労働に依存する新興企業は、ルールが変われば、持続可能ではなくなる恐れがある。

吉田拓史
無料会員 公開

暴露本がマッキンゼーの「高潔なイメージ」を揺るがす

ニューヨーク・タイムズのジャーナリストが出版したマッキンゼーの暴露本が話題だ。世界的に急成長している同社は、近年、世界中で様々なスキャンダルにさらされ、高潔なイメージが揺らいでいる。

吉田拓史
無料会員 公開

公共圏を担う次世代メディアがない|佐々木俊尚|メディアの未来#1

デジタル化、スマホ化、そして近年のSNSをめぐる様々なトラブル。「メディア」は再び岐路に立たされている。そこでアクシオンでは「メディアの未来」と題し、編集長の吉田拓史が様々な識者にインタビューを行うことにした。第1回のインタビュイーはジャーナリストの佐々木俊尚。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ピーター・ティール率いるパランティアが英国民保健サービスを攻略するための秘密計画

パランティアはNHSにサービスを提供する中小企業を「徹底的に追い詰める」ことで「多くの地を手中に収め、多くの政治抵抗を取り押さえる」戦略を遂行しようとしていたことがブルームバーグの取得した電子メールの記録から明らかになった。

吉田拓史
無料会員 公開

中国の不動産ローンボイコットが再組織:経済危機の引き金引くか?

中国での住宅ローンボイコット運動は、当局が支援策で危機を食い止めようとしているにもかかわらず、勢いを増している。キャッシュフローを失った不動産プロジェクトが塩漬けになれば、経済システムを揺るがす可能性がある。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

経済が豊かになると少子化が始まる?

豊かな国々が高齢化するにつれ、介護者の需要が高まり、保育士の雇用コストが高くなる。ロボット乳母のような生産性革命が起こらなければ、育児は国が資金を提供しない地域では富裕層の特権にとどまるだろう。また、家庭とキャリアのトレードオフを容易にする規範が今後も普及し続けるかどうかも不明である。

ブルームバーグ
無料会員 公開

子育て負担増加で韓国の出生率は世界最低水準に

韓国人の記録的な出産への消極性が、経済成長と社会福祉制度に重くのしかかる人口危機を食い止めようとする新たな取り組みを促している。