EU、デジタルサービス法に大筋合意 GoogleやMetaへの規制強化

欧州連合(EU)は土曜日の早朝、EUはデジタルサービス法(DSA)について大筋で合意した。DSAはオンライン・プラットフォームの説明責任についてこれまでにない新たな基準を定めるものだ。

EU、デジタルサービス法に大筋合意  GoogleやMetaへの規制強化
Photo by Christian Lue on Unsplash

欧州連合(EU)は土曜日の早朝、EUはデジタルサービス法(DSA)について大筋で合意した。

欧州議会と欧州理事会の政治的合意は、今後、両共同立法者による正式な承認が必要となる。採択されれば、DSAはEU全域に直接適用され、発効後15カ月または2024年1月1日のいずれか遅いほうから適用されることになる。超大型オンラインプラットフォームおよび超大型オンライン検索エンジンについては、DSAは指定後4カ月間、より早い時期から適用される。

DSAがもたらす新たな義務としては、違法なコンテンツや商品をより迅速に削除すること、ユーザーや研究者に自社のアルゴリズムの仕組みを説明すること、誤った情報の拡散に対してより厳しい措置を取ることなどがある。違反した場合、企業は年間売上高の最大6%の罰金を科される。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は声明で「オフラインで違法なものはオンラインでも違法であるべきだという原則を、現実的なものにするもの。規模が大きくなればなるほど、オンライン・プラットフォームの責任も大きくなる」と述べている。

DSAは、3月に合意されたDMA(デジタル市場法)とは別のものだ。DSAは企業が自社のプラットフォーム上のコンテンツをどのように取り締まるかを扱うため、インターネットユーザーに対してより直接的な影響を与える可能性が高い。

この法律はEU市民だけに適用されるが、この法律の影響は世界の他の地域にも確実に及ぶだろう。グローバルなハイテク企業は、コンテンツを取り締まる単一の戦略を実施する方が費用対効果が高いと判断し、EUの比較的厳しい規制をベンチマークとする可能性がある。米国では、独自の規制でビッグテックを抑制しようとする議員たちが、すでにEUの規則を参考にし始めている。

DSAは、DMAと同様に、テクノロジー企業の規模を区別し、大企業により大きな義務を課すことになる。最大手の企業、つまりMetaやGoogleのようにEU内に少なくとも4,500万人のユーザーを持つ企業は、最も厳しい監視の目にさらされることになる。これらのハイテク企業は、DSAの要件、特にターゲット広告や外部の研究者へのデータの引き渡しに関する要件を緩和するよう強く働きかけてきた。

DSAの最終文書はまだ発表されていないが、欧州議会と欧州委員会は、DSAに含まれる多くの義務について詳述している。

DSAが課すことが想定される義務

  • 個人の宗教、性的指向、民族に基づくターゲット広告は禁止されている。未成年者はターゲット広告の対象にはならない。
  • 「ダークパターン」(特定の選択をさせるためにユーザーを混乱させたり、欺いたりするユーザーインターフェース)は禁止される予定。
  • Facebookのような大規模なオンラインプラットフォームは、レコメンドアルゴリズム(ニュースフィードのコンテンツの並べ替えやNetflixのテレビ番組の提案に使われるなど)の仕組みをユーザーに対して透明化する必要がある。また、ユーザーには「プロファイリングに基づかない」推薦システムを提供する必要がある。
  • ホスティングサービスやオンラインプラットフォームは、違法なコンテンツを削除した理由を明確に説明し、ユーザーが削除に異議を唱えることができるようにしなければならない。しかし、DSA自体は、どのようなコンテンツが違法であるかを定義しておらず、各国の判断に委ねている。
  • 最大手のオンライン・プラットフォームは、「オンライン・リスクがどのように進化していくかをより深く理解する」ために、研究者に重要なデータを提供しなければならなくなる。
  • オンラインマーケットプレイスは、違法な商品やサービスを販売する個人を追跡するために、プラットフォーム上の取引者の基本情報を保持しなければならない。
  • 大規模なプラットフォームは、危機の際に誤報に対処するための新たな戦略を導入しなければならない(この規定は、最近のウクライナ侵攻に触発されたものである)。

Read more

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAI、法人向け拡大を企図 日本支社開設を発表

OpenAIは東京オフィスで、日本での採用、法人セールス、カスタマーサポートなどを順次開始する予定。日本企業向けに最適化されたGPT-4カスタムモデルの提供を見込む。日本での拠点設立は、政官の積極的な姿勢や法体系が寄与した可能性がある。OpenAIは法人顧客の獲得に注力しており、世界各地で大手企業向けにイベントを開催するなど営業活動を強化。

By 吉田拓史
アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)