32 articles

Google AI倫理チームの共同リーダー、AIのバイアスを強調する論文を投稿したため解雇されたと主張

有名なAI倫理研究者の一人であり、GoogleのAI倫理チームの共同リーダーでもあるティムニット・ゲブル(Timnit Gebru)は、GoogleのAIのバイアスを強調する論文を執筆したせいで解雇されたと主張した。Google AI側は辞意を受理したと反論しており、双方の主張が食い違っている。 [...]

Takushi Yoshida

米FTC、近くフェイスブックへの独占禁止法違反の提訴か

連邦取引委員会(FTC)は、フェイスブックに対して独占禁止法違反訴訟を提起することについての決定に近づいている。FTCの5人のメンバーは10月21日に会合を開き、フェイスブックへの調査と、同社が独占を維持するために小さなライバルを買収していたかどうかについて話し合ったという。 [...]

Takushi Yoshida

米下院、GAFAの「独占力」を非難し解体を促す

米下院は、世界最大の技術企業の慣行に関する16ヶ月間の調査の後、アマゾン、アップル、フェイスブック、グーグルがその独占的な力を濫用していたと述べ、独占禁止法への最も抜本的な変更を求めた。ニューヨークタイムズ紙などが報じた。 [...]

Takushi Yoshida

グーグルはスマホ位置情報履歴を警察に提供している

アンドロイド携帯の位置情報は、従業員がセンサーボルトと呼ぶGoogleのデータベースに保存されており、人々が携帯電話で位置情報アプリを使用していないときにも収集されている。驚くべきことに、このデータはユーザーが位置情報の履歴をオフにしても保存されており、ユーザーが多大な努力をしなければ削除できない。 [...]

Takushi Yoshida

Android 12ではサードパーティ製のアプリストア使用が容易になる

Googleは、開発者ポリシーへの新しい変更点を概説し、Android 12でサードパーティ製のアプリストアをより簡単に使用できるようにすることを約束した。この発表は、COVID-19のためにオンラインで移動するビジネスのための代替アプリ内の支払いシステムと困難をめぐる戦いを含む、Androidアプリ開発をめぐる最近の懸念に対応している。 [...]

Takushi Yoshida

大半の国でアンドロイドの検索設定からDuckDuckGoが排除

Googleの検索設定メニューオークションの2020年第4四半期の結果が発表され、「DuckDuckGo」はほとんどの国で排除された。EUの独占禁止法上の救済措置は、消費者が利用したい代替検索エンジンを排除し、Googleの優位性を強化することに貢献しているとDuckDuckGoは主張している。 [...]

Takushi Yoshida

マイクロソフト、GPT-3の独占ライセンスを取得

マイクロソフトは22日、GPT-3を、AIスタートアップのOpenAIから独占的にライセンス供与することを発表した。マイクロソフトのEVPであるケビン・スコットは、OpenAIの技術革新を活用して顧客にAIソリューションを開発・提供し、自然言語生成の力を活用した新しいソリューションを生み出すと述べている。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア