ビッグテック

ビッグ・テック」という用語は、同義語である「テック・ジャイアント」とともに、情報技術産業における最大かつ最も支配的な企業を指す言葉としてジャーナリズムで使用されてきた。2010年代末までに、アメリカのビッグ5テクノロジー企業であるアマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフトは、サウジアラビアのアラムコと並んで、世界で最も価値のある公開企業となった。これらのテクノロジー企業5社の時価総額の最大値は、それぞれの時点で約5,000億ドルから約1兆4,000億ドルに達している。これらの企業、特にグーグル、アマゾン、マイクロソフト、アップル、フェイスブックは、米国司法省と連邦取引委員会、欧州委員会などの独占的行為に対する懸念から、規制圧力の中心となってきた。

吉田拓史
無料会員 公開

Microsoft、VRから撤退しAIに倍プッシュ

Microsoftは、VR/ ARから事実上撤退し、AIへの賭け金を一気に増やした。同社のボスは、AIがモバイルやクラウドに次ぐ大きな波になると予想し、その波が始まる地点に我々はいると考えている。

吉田拓史
無料会員 公開

GoogleはChatGPTに対抗するために「金のなる木」の検索を殺せるか?

ChatGPTが検索を脅かしていると言われるが、Googleには強力な対抗馬が2つもある。しかし、上場企業のGoogleは毎年数兆円を稼ぐ「金のなる木」を失うリスクを許容できるだろうか。イノベーションのジレンマは「検索の20年選手」にも当てはまるのかもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

Apple、インドでの製造に弾みをつける

Appleの中国サプライヤー12社以上がインドでの事業拡大の初期許可を得ており、中国以外の組み立てネットワークの多様化を目指すハイテク大手の取り組みを後押ししている。

ブルームバーグ
無料会員 公開

ビッグテックは危機的状況にある…何が打開に必要か?―Parmy Olson

今回ばかりは、ハイテク企業は足元をすくわれることになる。止まらない成長と楽な役得を何年も続けてきた業界が、イノベーションに立ち返り、他の企業のためのスペースを増やすには、これが唯一の方法かもしれない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

大手テック企業のロビイング連合、超党派法案を阻止

国内最大のテクノロジー企業を抑制するための超党派の熱心な立法活動が今週、Amazon、Apple、Google、Metaによる壮大なロビー活動の犠牲となり、崩壊してしまった。

吉田拓史
無料会員 公開

急成長するアマゾン広告の「負の側面」

アマゾンの広告ビジネスは急成長しており、クラウドに次ぐ稼ぎ頭にまで台頭した。一方で、ユーザー体験の悪化や販売業者への「追加課税」の影響が懸念されている。アマゾンは危ない橋を渡ってはいないだろうか。

吉田拓史
無料会員 公開

米FTCが大手テック企業提訴を増やす理由

米連邦取引委員会(FTC)は大手テクノロジー企業の反トラスト慣行への法執行を強化するため、最近、関連法制の解釈を拡張した。この戦略が有効かどうかを知るには、より多くの事案を法廷に持ち込むこむ必要がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

FAANG時代終焉の見方が浮上、ハイテク株急落で

今年のテクノロジー株急落は、単なる弱気相場ではないと一部の投資家はみている。フェイスブックの親会社メタ・プラットフォームズやアマゾン・ドット・コムといった少数の大手企業にとって、一つの時代が終わったことを意味する。

吉田拓史
無料会員 公開

iPhone生産は中国からインドとベトナムへシフトするか

エレクトロニクス産業の中核的商品であるiPhoneの生産において、Appleが中国依存を分散しようとする機運が高まっている。習近平主席のゼロコロナ政策がインドとベトナムに絶好の機会を与えるかもしれない。

吉田拓史
無料会員 公開

AppleのiPhone生産がゼロコロナ政策で急減

Appleの売上の半分を占めるiPhoneの生産が、中国政府のゼロコロナ政策の影響を受け、低迷を強いられている。大手テクノロジー企業の中で最も安定的だと考えられていたAppleもまた、世界経済の荒波に巻き込まれた。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

大手テックとPEファームは事業分割を試みるGEと共通点がある

ブルームバーグ
無料会員 公開

メタのメルトダウンが示す「大手テック無敵時代」の終わり

今日、この5銘柄は依然としてS&P500の時価総額の13%以上を占めているが、FAANGの物語は永久に終わったかのように見える。技術系投資会社ループ・ベンチャーズの共同設立者ジーン・マンスター氏は、「投資家は成長に対する信頼の危機を迎えている」と語る。