ビッグテック

ビッグ・テック」という用語は、同義語である「テック・ジャイアント」とともに、情報技術産業における最大かつ最も支配的な企業を指す言葉としてジャーナリズムで使用されてきた。2010年代末までに、アメリカのビッグ5テクノロジー企業であるアマゾン、アップル、グーグル、フェイスブック、マイクロソフトは、サウジアラビアのアラムコと並んで、世界で最も価値のある公開企業となった。これらのテクノロジー企業5社の時価総額の最大値は、それぞれの時点で約5,000億ドルから約1兆4,000億ドルに達している。これらの企業、特にグーグル、アマゾン、マイクロソフト、アップル、フェイスブックは、米国司法省と連邦取引委員会、欧州委員会などの独占的行為に対する懸念から、規制圧力の中心となってきた。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

ビッグテックの秘密:アップルやアマゾンの財務の内側

アメリカのハイテク大企業は、とんでもない額の金を稼いでいる。2021年、アルファベット、アマゾン、アップル、メタ、マイクロソフトの合計収益は1兆4,000億ドルに達した。この富は、電話や医薬品からビデオストリーミングやバーチャルアシスタントまで、幅広く、絶えず拡大しているソースから生まれている。アナリストは、2022年1~3月のハイテク五人組の合計売上高が3,400億ドルを超え、前年同期を約7%上回ると予想している。 4月26日にキックオフされた四半期ごとの儀式で、ビッグ5が最新の業績を報告し始め、驚異的なヘッドラインの数字が再び話題を呼んだ。アルファベットは、前年同期比23%増の680億ドルの売上高を発表したが、広告の伸びが鈍化したため、純利益は164億ドルに落ち込んだ。マイクロソフトは同日、売上高494億ドル(前年同期比18%増)、純利益167億ドルを発表した。その翌日、メタは売上高279億ドル、純利益75億ドルを発表した。アマゾンとアップルはエコノミスト誌4月30日号が発行された後に報告した(編注:本記事は4月30日号に掲載された)。

エコノミスト(英国)
無料会員 公開

北京の大手テック規制は緩和されたがダメージは大きい

吉田拓史
無料会員 公開

アマゾンの成長鈍化はインフレとエネルギー危機の「新常態」の難しさを表している

アマゾンは4月下旬、7年ぶりに四半期損失を計上したが、これはオンラインショッピングの不振、インフレやサプライチェーンの問題によるコスト増、電気自動車の新興企業をめぐる市場の動揺など、幅広い経済動向を反映した結果だった。

編集部
無料会員 公開

EU、デジタルサービス法に大筋合意 GoogleやMetaへの規制強化

欧州連合(EU)は土曜日の早朝、EUはデジタルサービス法(DSA)について大筋で合意した。DSAはオンライン・プラットフォームの説明責任についてこれまでにない新たな基準を定めるものだ。

編集部
無料会員 公開

プライバシー規則はAppleエンジニアをも苦しめている

Appleの厳格なプライバシーポリシーがサービス開発を阻害しGoogleなどとの競争を難しくしている。規則はエンジニアがApple TV+やApple Mapsなどをユーザーがどのように利用しているかの分析を制限していると報じられた。

ブルームバーグ
無料会員 公開

アップルとグーグルがアプリストアの商慣行を巡り同業者と対立

アップルとグーグルはアプリストアの将来をめぐって同業者と争っている。アプリストア法案は、ハイテク企業を抑制することを目的とした数ある法案の中で、最も成立の可能性が高い。

吉田拓史
無料会員 公開

ビッグテックによる現金報酬の積み増し競争

グーグルは新しいボーナス制度を採用し、アマゾンはインフレと競争激化の中で株式の魅力が薄れ、基本給上限を倍増させた。いま、ビッグテックによる引き抜き合戦の中で、現金報酬の重要性が再び高まっている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ビッグテックにとってオフィスは時代遅れじゃない

ビッグテックは、コロナパンデミック以降もオフィスを重視している。リモートワークでの操業が継続している間も、米大手テクノロジー企業は国内各地で急速に不動産の購入やリースを行っている。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ビル・ゲイツは離婚前から疑わしい行動で知られていた

離婚のずっと前から、ビル・ゲイツは疑わしい行動で評判になっていた。メリンダ・フレンチ・ゲイツは夫とジェフリー・エプスタインとの関係や、側近のセクハラへの対応に不満があったという。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

ウクライナ戦争でビッグテックの力が試されている

ロシアのウクライナ侵攻は、世界最大のハイテク企業にとって地政学的な決定的瞬間となった。彼らのプラットフォームは情報戦の主要な戦場となり、彼らのデータとサービスは紛争の重要な要素となった。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

メタがトラブルに見舞われる6つの理由

【ニューヨーク・タイムズ】メタは、1日で過去最大の時価総額の消失を経験するなど、大きな波乱に見舞われている。ここではトラブルに見舞われている6つの理由を紹介する。

ニューヨーク・タイムズ
無料会員 公開

メタは2021年にメタバースに100億ドルを費やし、利益を引き下げた

【ニューヨーク・タイムズ】メタは2021年にメタバースに100億ドルを費やし、利益を引き下げた。マーク・ザッカーバーグは昨年、自分の会社がメタバースに全力で取り組むと言っている。