iPhone 14 Proはホールパンチカメラを搭載か

iPhone 14 Proのラインナップは、前面カメラにピル型のホールパンチデザインを採用し、AppleのFace IDハードウェアの大部分は(目障りなノッチの代わりに)ディスプレイの下に配置されるとの観測が浮上した。

iPhone 14 Proはホールパンチカメラを搭載か
Photo by Howard Bouchevereau on Unsplash

Appleが2022年に発表する「iPhone」に関する噂が続々と流れている。Twitterのリーク情報提供者であるDylanDKTは、iPhone 14 Proのラインナップは、前面カメラにピル型のホールパンチデザインを採用し、AppleのFace IDハードウェアの大部分は(目障りなノッチの代わりに)ディスプレイの下に配置されると主張している。

この報道は、昨年末にAppleの著名なアナリストであるMing-Chi Kuoが発表した、2022年の「iPhone 14 Pro」および「iPhone 14 Pro Max」では、カメラがホールパンチ型に変更されるというを裏付けるものだ。

Appleは、昨年の「iPhone 13」のラインナップで、iPhoneのFace IDノッチに初めて大きな変更を加え、2017年の「iPhone X」からAppleが採用してきたオリジナルデザインよりもわずかに小さいノッチを採用した。

切り欠きを維持しながらFace IDアレイをスクリーンの下に移動させることは、理にかなっている。Face IDのIRベースのセットアップは、現在のディスプレイ下の前面カメラに存在するかすみや弱い色の影響を受けにくくなる。

また、iPhone 14 Proのノッチを小さくすることで、AppleはAndroidの競合他社と互角の立場に戻ることになる。Appleは、価格の高いiPhone 14 Proのラインナップと、既存のFace IDノッチを維持すると言われているiPhone 14の標準モデルとの間のデザイン上の差別化要因として、スリム化されたノッチに注目しているのかもしれない。

さらに、Appleのアンダーディスプレイの野望は、やはりFace IDのカメラアレイにしか及ばないようだ。Kuoの2021年後半のレポートでは、Appleがかねてから噂されているTouch IDセンサーをアンダーディスプレイの指紋スキャナーの形で復活させる計画は、早くても2023年までは実現しないと主張している。

また、DylanDKTは、Appleが2022年にiPhone SEのアップデートモデルをリリースすると主張している。このモデルは、現行の2020年版SEと同じ大まかなデザインを維持しつつ、5Gやスペックの向上が追加されるとのことだ。一方、折りたたみ式のiPhoneはまだ試作段階にあると言われており、Appleは消費者向けのデバイスにコミットする前に「技術の進歩を見るために長いゲームをしている」と報じられているが、この主張はKuo氏の以前のレポートとも一致している。

Read more

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表  往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビ、日本語バリアブルフォント「百千鳥」発表 往年のタイポグラフィー技法をデジタルで再現

アドビは4月10日、日本語のバリアブルフォント「百千鳥」を発表した。レトロ調の手書き風フォントで、太さ(ウェイト)の軸に加えて、字幅(ワイズ)の軸を組み込んだ初の日本語バリアブルフォント。近年のレトロブームを汲み、デザイン現場の様々な要望に応えることが期待されている。

By 吉田拓史
新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)