iPhone 14 Proはホールパンチカメラを搭載か

iPhone 14 Proのラインナップは、前面カメラにピル型のホールパンチデザインを採用し、AppleのFace IDハードウェアの大部分は(目障りなノッチの代わりに)ディスプレイの下に配置されるとの観測が浮上した。

吉田拓史

Appleが2022年に発表する「iPhone」に関する噂が続々と流れている。Twitterのリーク情報提供者であるDylanDKTは、iPhone 14 Proのラインナップは、前面カメラにピル型のホールパンチデザインを採用し、AppleのFace IDハードウェアの大部分は(目障りなノッチの代わりに)ディスプレイの下に配置されると主張している。

この報道は、昨年末にAppleの著名なアナリストであるMing-Chi Kuoが発表した、2022年の「iPhone 14 Pro」および「iPhone 14 Pro Max」では、カメラがホールパンチ型に変更されるというを裏付けるものだ。

Appleは、昨年の「iPhone 13」のラインナップで、iPhoneのFace IDノッチに初めて大きな変更を加え、2017年の「iPhone X」からAppleが採用してきたオリジナルデザインよりもわずかに小さいノッチを採用した。

切り欠きを維持しながらFace IDアレイをスクリーンの下に移動させることは、理にかなっている。Face IDのIRベースのセットアップは、現在のディスプレイ下の前面カメラに存在するかすみや弱い色の影響を受けにくくなる。

また、iPhone 14 Proのノッチを小さくすることで、AppleはAndroidの競合他社と互角の立場に戻ることになる。Appleは、価格の高いiPhone 14 Proのラインナップと、既存のFace IDノッチを維持すると言われているiPhone 14の標準モデルとの間のデザイン上の差別化要因として、スリム化されたノッチに注目しているのかもしれない。

さらに、Appleのアンダーディスプレイの野望は、やはりFace IDのカメラアレイにしか及ばないようだ。Kuoの2021年後半のレポートでは、Appleがかねてから噂されているTouch IDセンサーをアンダーディスプレイの指紋スキャナーの形で復活させる計画は、早くても2023年までは実現しないと主張している。

また、DylanDKTは、Appleが2022年にiPhone SEのアップデートモデルをリリースすると主張している。このモデルは、現行の2020年版SEと同じ大まかなデザインを維持しつつ、5Gやスペックの向上が追加されるとのことだ。一方、折りたたみ式のiPhoneはまだ試作段階にあると言われており、Appleは消費者向けのデバイスにコミットする前に「技術の進歩を見るために長いゲームをしている」と報じられているが、この主張はKuo氏の以前のレポートとも一致している。