モバイル

携帯電話、セルラーフォン、セルフォン、ハンドフォンは、単にモバイルフォン、セルフォン、あるいは単にフォーンと短縮されることもあるが、ユーザーが電話サービスエリア内を移動中に無線周波数リンクを介して電話をかけたり、受けたりすることができる携帯電話である。無線周波数リンクは、公衆交換電話網(PSTN)へのアクセスを提供する携帯電話事業者の交換システムへの接続を確立します。

吉田拓史
無料会員 公開

iPhone 14 Proはホールパンチカメラを搭載か

iPhone 14 Proのラインナップは、前面カメラにピル型のホールパンチデザインを採用し、AppleのFace IDハードウェアの大部分は(目障りなノッチの代わりに)ディスプレイの下に配置されるとの観測が浮上した。

吉田拓史
無料会員 公開

Appleがプライバシーポリシーで自社検索広告に利益誘導か

Appleは、iPhoneにプライバシーに関する変更を導入し、Facebookを含むライバル企業が消費者に向けて広告を出すことを妨害してから6ヶ月間で、広告事業の市場シェアを3倍以上に伸ばした。

吉田拓史
無料会員 公開

TwitterがMoPubを10.5億ドルで売却した理由

iOSのアップデート以降、Twitterにとって外部のモバイル広告を扱う旨味が薄まった。Twitterの関心は、決済をプラットフォームに呼び込むビットコインやフィンテックに移っている。

吉田拓史
無料会員 公開

米上院、アプリストア規制法案でAppleとGoogleに圧力

Epic Gamesの提訴が法案として実現するか

編集部
無料会員 公開

Huaweiが折りたたみスマホMate X2を発表、HarmonyOSは4月から

Huaweiは23日にその最新の折り畳みスマートフォンのMate X2を発表した。4月に自社開発のHarmonyOSにアップデートされる同ブランドの最初の携帯電話の1つになるという。

編集部
無料会員 公開

サブスクがゲーム主導型のアプリ市場にシフトをもたらす; Sensor Tower報告書

AppleのApp Store主導型のアプリエコノミーの成長は継続するが、Sensor Towerはサブスクリプションモデルがゲーム主導型のアプリ市場にシフトをもたらす、と予測している。

吉田拓史
無料会員 公開

Huaweiのサプライヤー、P50スマホ用の部品の提供を開始か

Huawei(華為)のサプライチェーン企業の1社がスマートフォン「P50シリーズ」の部品供給を開始したが、受注は例年よりも少ないと地元メディア「中国証券報」が2月19日に報じた。

編集部
無料会員 公開

IDC: 2020年のインドのスマホ市場は前年比2%の落ち込み

IDCの「Quarterly Mobile Phone Tracker」によると、インドのスマートフォン市場は数年間の成長を経て、2020年には前年比1.7%減の1億5,000万台で終了した。

吉田拓史
無料会員 公開

Xiaomi、第4四半期にサムスンを抜いてロシアのオンラインスマートフォン市場で1位に

Xiaomiがサムスンを抜いて2020年第4四半期のロシアのオンラインスマートフォン市場で1位となったことがCounterpointの新しいレポートで明らかになった。Appleが初めてトップ3に入り、Huaweiのシェアは14.8%に低下して4位。

吉田拓史
無料会員 公開

新しいウェアラブルデバイスは人体を電池に変える

コロラド大学ボルダー校の研究者たちは、人体を生体電池に変える、低コストの新しいウェアラブルデバイスを開発した。体内の温度を電気に変換するために熱電発電機を採用している。

吉田拓史
無料会員 公開

ガートナー、世界のスマートフォン販売は2021年に11%成長すると発表

米ガートナー(Gartner)によると、2021年のエンドユーザー向けスマートフォンの世界販売台数は15億台となり、前年比11.4%増となる見込み。

吉田拓史
無料会員 公開

広告IDをめぐるAppleとFBの応酬の経緯とその背景

ATTの導入で最も困るのはFacebookではなく、Audience Networkやその他のアドテク業者からの広告出稿で収益を得ている、中小のゲームデベロッパーたちだ。