public

Megvii 顔認識技術Face++で有名な中華AI企業

Megviiは2011年に設立された中国の企業で、Face++システムで広く知られている、顔認識と人工知能技術の世界的リーダーの1社。Megviiは、アルゴリズム、ソフトウェア、AIを活用したIoTデバイスを包含するフルスタックソリューションを顧客に提供している。

a month ago

Latest Post 「複雑な生態系」としての市場を定量的なモデルにできるか; 『適応的市場仮説』 by Takushi Yoshida public

Megviiは2011年に設立された中国の企業で、顔認識技術Face++システムで広く知られている、顔認識と人工知能技術の世界的リーダーの1社。Megviiは、アルゴリズム、ソフトウェア、AIを活用したIoTデバイスを包含するフルスタックソリューションを顧客に提供している。Megviiは、MIT Technology Reviewが2017年と2019年に発表した最新の2つの「最もスマートな企業50社」リストにそれぞれランクインしている。

北京に本社を置き、2,000人以上の従業員を擁するMEGVIIは、中国に4つの研究開発センター(北京、上海、南京、成都)を有しています。MEGVIIの多様な顧客基盤には、金融テクノロジー企業、銀行、スマートフォン企業、サードパーティシステムインテグレーター、不動産管理者、学校、物流会社、メーカーなどが含まれている。

Megviiは、AI技術の商業化に取り組んでおり、さまざまな業種の企業に効果的なソリューションを幅広く提供する。MegviiのパーソナルIoTソリューションは、スマートフォン上で瞬時に顔のロックを解除したり、高度な計算写真撮影機能を提供したり、モバイルアプリケーションにID認証機能を統合したりすることで、製品やサービスの安全性を向上させる。

MegviiのシティIoTソリューションは、様々な都市環境におけるIoTデバイスのインテリジェントな展開と管理を可能にし、視覚データの効率的かつ正確な分析を通じて、公共の安全を強化し、交通管理を最適化し、都市資源計画を改善する。MegviiのサプライチェーンIoTソリューションは、企業の工場、倉庫、小売店のデジタル化とアップグレードを支援し、サプライチェーン全体の効率を向上させる。

Face++

Megviiが世界的に注目されるようになった主な理由のひとつは、法執行機関が犯罪者を見つけるためにFace++を使用していることと、この技術が市民を監視するために使用されるのではないかと疑問が生じたことにある。中国にはすでに広大な監視ネットワークがあり、1億7,000万台の監視カメラが同社の「スカイネットシステム」(天網)に使用され、さらに4億台の監視カメラが追加される予定だ。

Face++は、顔を検出し、顔の106のデータポイントを分析し、高い精度で人物の身元を確認することができる。また、オープンなプラットフォームであり、開発者なら誰でもそのアルゴリズムを使ってアプリを作成することができるため、世界150カ国から30万人の開発者が利用する世界で最も広範な顔認識プラットフォームとなっている。これにより、世界150カ国から30万人の開発者が利用しており、世界で最も広範な顔認証プラットフォームとなっている。

法執行への技術応用は、Face++が最も注目されているものであることは間違いないが、その技術はほかにもいくつかの方法で使用することができる。

  1. 顔認証ソフトウェアは、支払いや詐欺防止に利用できる。アリババの関連会社であるAnt FinancialはMegviiに投資し、KFCのコンセプトストアでの「Smile to Pay」サービスの電源にFace++を使用している。
  2. Face++は、中国で圧倒的なモバイル決済アプリを提供するMeituでも利用されている。
  3. 配車企業のDidi Chuxingは、顔認証技術を利用して身元を確認することで、ドライバーと乗客の安全確保を試みている。また、紛争や法的な問題が発生した場合、運転手と乗客の両方を追跡することができる。
  4. 住宅や商業用の不動産物件でも同様に顔認証技術を使用して、許可された人だけがアクセスできるようにすることができる。
  5. 北京の一部の鉄道駅では、国民IDと乗客の顔を照合して列車の切符を確認する。
  6. 小売店は、顔認証技術を使って特典会員を識別し、追加サービスを提供することで、より収益性の高い店舗になる可能性があり、また、店舗が最も混雑している時間帯や、どのエリアが最も交通量が多いか、どのような人々が来店し、何を買うかを判断することもできる。
  7. Face++はすでにアリババの「シティブレイン」のプラットフォームに統合されている。これは、配備されている都市のCCTVネットワークを分析して交通の流れを最適化し、警察や医療の手当てを必要とする事件を「見る」ために使用されている。

顔認証以外の事業

Megviiは、独自のディープラーニングフレームワークを開発している世界でも数少ない企業の一つ。Megvii独自のディープラーニングフレームワークである「Brain++」は、統一された基礎アーキテクチャとして機能し、アルゴリズムのトレーニングとモデル改善プロセスを重要なサポートを提供する。Brain++により、Megviiは半自動アルゴリズム生産ラインを構築することができ、常に自己改善を行い、時間の経過とともに自動化されていく。これにより、MEGVIIは、より少ない人間の努力と短い時間で、それぞれの新しいアルゴリズムを開発することができる。

現在、Megviiの全従業員は、サードパーティが開発したディープラーニングフレームワークに頼ることなく、Brain++を使用してアルゴリズムをトレーニングし、展開している。Brain++は、Megviiが国際的なAIコンテストで22の優勝を獲得するのに貢献している。Brain++に支えられたMegviiは、個人のIoT、都市のIoT、サプライチェーンのIoTという3つの主要産業にまたがる包括的なフルスタック人工知能ソリューションを開発している。

Megviiは20億元(2億9,390万ドル)を投資して物流分野でのロボット利用を推進し、北京アレスロボットテクノロジー社(Beijing Ares Robot Technology)を買収した。この投資は、同社がもはや顔認識技術のリーダーであるだけでは満足していないことを示している。現在では、サプライチェーンのデジタルトランスフォーメーションに影響を与えるために、そのリソースを活用している。

MegviiのHetu(River Map)システムは、アリババのEコマースプラットフォーム「Tmall」に採用されている。Hetuシステムは、Tmallの倉庫内で500台のロボットをコーディネートして効率を高め、人間の荷物仕分け人が1日に歩かなければならない距離を劇的に短縮した。このロボティクス・オペレーティング・システムは、Internet of Thingsと人工知能を組み合わせたもの。同社は、「Face++」で開発したのと同じコンピュータビジョン技術をベースに、世界のサプライチェーンを強化するためのインテリジェントなオペレーションシステムに豊富な機会を見出している。

コロナウイルスへの対応をするための体温検知システムの利用例もある。MegviiのAIを搭載した体温検知システムは、3メートルを超える距離や、かなりの乗客の往来がある中でも正確に体温の上昇を検知することができる。このシステムは、手持ちの体温計や他の従来の発熱スクリーニングシステムよりも効率的で効果的であることが証明されている。

最適化された検出モデルを利用して、人がマスクや帽子をかぶっていたり、他のアイテムで顔を覆っていたりしても、高体温を正確に検出してフラグを立てることができる。検出された群集の温度偏差は±0.3℃以内。人々はマスクや他の保護装置を外したり、温度チェックのために列に並ぶ必要がなく、公共空間での安全性をさらに高め、乗客の流れを最適化することができる。

高体温の人が確認されると、事前に設定された警告システムが作動し、スタッフがその人に近づいて手動で二次スクリーニングを行うことができます。Megvii独自の身体ReID検出と検索技術を組み合わせることで、このシステムはスタッフが高体温者を素早く見つけ出し、追加のチェックを行うことができます。出典: Megvii

投資家と創業者

Megviiは、友人で清華大学を卒業したYin Qui、Yang Mu、Tang Wenbinによって考案されたコンセプトを会社化したもの。Ant Financial、Vivo(スマートフォン製造企業)、Didi Chuxing(滴滴出行)、中国銀行、国有ベンチャーキャピタルファンド、中国ロシア投資ファンド、Ant Financial(アリババの決済関連会社)などの個人投資家からの投資を受け、中国で大成功を収めた後(特に中国の膨大なデータプールからアルゴリズムを訓練することができた)、Megviiはグローバル展開を進めている。日本、ヨーロッパ、中東、東南アジア、米国でのプロジェクトを予定しており、タイでの販売代理店を確保した。

共同創業者の1人Yin Qiは、清華大学Yao研究室を卒業し、コロンビア大学でコンピュータサイエンス(計算センサー)の修士号を取得。2019年世界経済フォーラムの「ヤング・グローバル・リーダーズ」の1人に、2018年MITテクノロジー・レビューの「35歳以下のイノベーター」の1人に選出されている。

共同創業者の1人Tang Wenbinは、清華大学でコンピュータサイエンスの学士号と修士号を取得。2015年の全国情報学オリンピック(NOI)では、ヤオ賞を初めて受賞し、金メダルを獲得。2007年から2013年までの7年間、中国のNOIチームのコーチを務めた。

共同創業者の1人Yang Muは、清華大学で工学の学士号と修士号を取得。2007年の国際情報学オリンピック(IOI)で金メダルを獲得。以前は複数のオープンソースプロジェクトに参加し、大規模並列システムの作成を指揮した。

Image courtesy of Megvii

Takushi Yoshida

Published a month ago