public

Neeva 元Google広告トップが創業したサブスク検索

Neebaは、元Googleの広告担当SVPが開始したサブスクリプション型の検索。広告にまつわる過剰なユーザーの追跡とユーザーの個人情報の流用などの「利益相反」の可能性を排した新しい選択肢を目指す製品だ。

19 days ago

Latest Post RISC−Vとは UCバークレー発「オープンソースの命令セット」 by Takushi Yoshida public

Neevaは、元Googleの広告担当SVPが開始したサブスクリプション型の検索。広告にまつわる過剰なユーザーの追跡とユーザーの個人情報の流用などの「利益相反」の可能性を排した新しい選択肢を目指す製品だ。

検索広告は1990年代以降、はるかに洗練されてきたが、依然としてユーザーと広告主の間の「利益相反」が多く残っている。企業はしばしば、広告主の利益に奉仕するか、ユーザーの利益に奉仕するかで悩むことになる。

Neevaは、そのような利益相反の現場で頭を悩ませてきた、スリダール・ラマスワミ(元Googleの広告担当SVP)とヴィヴェーク・ラグナタン(元YouTubeのマネタイズ担当VP)によって設立された。彼らはGoogleで検索広告開発の初期の頃に出会い、「ハイキングやコーヒーを飲みながら会話を交わすうちに」Neevaのアイデアを思いついたという。

Googleの故郷であるカリフォルニア州マウンテンビューに拠点を置くNeevaは、Greylock、Googleの初期投資家であるSequoia Capital、そしてラマスワミ自身から同額の出資を受けて、2020年6月、3750万ドルを調達した。従業員は25人。

取締役会には初期のGoogleのマネージャーを務め現在セコイア・キャピタルのパートナーであるBill Coughranと、LinkedIn創業者のリード・ホフマンらが名前を連ねている。

サブスクリプションモデルの検索製品

ラマスワミはNeevaを開始した理由をこう説明している。「2018年までGoogleの広告製品のリーダーを務めた私は、広告でサポートされた検索体験のメリットを心から信じていました。そして実際に、オンライン広告には、ユーザーと広告主の双方にメリットをもたらすことができると、今でも非常に信じている側面があります。しかし、広告は良い検索体験を損なうだけでなく、社会的に大きな影響を及ぼす多くの意図しない副作用があると考えるようになりました」。

ラマスワミはその要因を次のように指摘している。「まず、検索結果の上と右のオンライン広告の存在は、我々が検索している情報を押し下げ、優先順位を下げます。結局のところ、私たちのほとんどがインフルエンザの症状について検索しているとき、私たちは症状を知りたいと思っています」。

「次に、広告付き検索エンジンは、広告主と広告収入を優先して株主に価値を還元するという日々のプレッシャーに直面しています。これは、増え続ける広告による誤報や有害コンテンツ、ユーザーのプライバシーよりも利益を重視する慣行など、いくつかの意図しない結果をもたらしています」。

Google検索を構築した初期のエンジニアリングチームの一員であり、広告の部門長だったラマスワミは、Googleによる検索領域における独占についても言及する。

「これらの問題は、ほとんどの国で実行可能な検索エンジンが1つか2つしか存在しない傾向があるという事実によって、さらに悪化しています。検索空間における競争の欠如は、イノベーションにとってもユーザーにとっても良くありません。私たちは、人々の個々のニーズに合わせて、異なる種類の経験と好みを提供する、より多くの検索エンジンを必要としています」。

「広告のないプライベートな検索エンジンを目指した私たちのビジョン、Neevaが登場しました。一般的な情報を探している場合でも、重要なメール、カレンダーの招待状、パスポートのコピーなど、個人的な情報を探している場合でも、あなたの情報はあなた自身のものであり、広告主が広告であなたをターゲットにする手段として販売するものではないことを確信することができます」。

Image by Neeba

「Neevaの使い方の一例として、勉強をアップグレードする場合(最近は家で過ごす時間が長いので)、最適なスタンディングデスクとホームモニターを探すお手伝いをします。Neevaは、あなたの画面に有料の結果を氾濫させるのではなく、あなたが信頼できる質の高いレビューサイトやブランドを優先します。また、調査結果を保存して整理し、簡単に戻ってくることができるようにするためのお手伝いもします」。

Image by Neeba

Neevaは、皮肉なことに、彼らがスタンフォード大学の博士課程の学生だったときに1998年の研究論文でGoogleの創設者ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって提起された概念を想起させる。彼らは当時、"広告収入はしばしば質の低い検索結果を提供するインセンティブを提供する "と書いていた。スティーブン・レヴィの『グーグル ネット覇者の真実』によると、ペイジやGoogleの初期の開発メンバーは広告が検索の質を悪くするという考えを共有していた。

デジタル権利章典

Neevaは「デジタル権利章典」を掲げている。同社のウェブサイトはこのように記述している。「私たちの国の権利章典がすべてのアメリカ人の特権の中核を保証しているように、私たちNeevaは、インターネットを利用する際には基本的な権利を持つべきだと考えています。あなたが利用するサービスが無料であろうと有料であろうと、企業はあなたの権利を尊重する必要があります」。

  1. オンラインでのプライバシー。人々はハイテク企業が一挙手一投足を追跡しているという事実にうんざりしている。「あなたの家、あなたの所有物、あなたが作成したデジタル情報は、あなたの私有財産だ。企業は、オンラインとオフラインを問わず、あなたのプライバシーを尊重する必要がある」とNeevaは主張する。
  2. 合理的なデータ収集と管理。人々の関心事や住んでいる国など、人々に関する情報を知っていれば、より効果的に機能するテクノロジー製品が存在するのは確かだ。しかし、人々に関するあらゆる情報を収集し、それを無期限に保存している。企業があなたのデータをどのように使用するかのデフォルトは、合理的であり、あなたの期待に沿ったものでなければならない。
  3. 自分のデータがどのように使われているかを知る。テクノロジー企業があなたの閲覧データをどのように使用しているか。企業はデータを任意の方法で使用することができる。「製品は、ハッキングされた場合にアカウントを回復するために電話番号とメールアドレスを求めるが、その後、このデータを使用して広告主にオンラインでの購入を報告します。データ使用に関する継続的な透明性が、将来の標準となる必要があります」とNeevaは説明する。
  4. データの所有権と移植性。「あなたの情報はあなたのものです。製品は、製品が保存しているあなたに関するすべての情報を簡単にダウンロードできるようにしなければなりません。また、自分のデータを自分の好きなサービスで利用できるようにしなければなりません。一部の企業ではこの機能を提供していますが、お客様のデータをご希望のサービスに移植するには高度な技術的知識が必要となります。真のデータ所有権とは、あなたが望むようにあなたの情報を見て、使用して、移動することができることを意味します」。

共同創業者のラマスワミとラグナタン

ラマスワミはインド工科大学マドラス校でコンピュータサイエンスの学士号を取得し、ブラウン大学でコンピュータサイエンスの修士号と博士号を取得した。データベースシステムとデータベース理論に関する多数の論文を発表しており、この分野でいくつかの特許を保有している。

Googleに入社する前は、E.piphanyでアナリティクス・プラットフォームのエンジニアリング・ディレクターを務めていた。また、ベル研究所、Lucent Technologies、Bell Communications Research(Bellcore)でも研究職を歴任していた。

2003年にエンジニアとしてGoogleに入社して以来、AdWordsとGoogleの広告事業の成長に欠かせない存在となった。検索、ディスプレイ広告、動画広告、アナリティクス、ショッピング、決済、旅行など、Google の広告およびコマース製品のすべてを統括するシニアバイスプレジデントに就任した。

Google Ads時代のSridhar Ramaswamy. 2016 IAB Annual Leadership Meeting in Palm Desert, CA.

彼はGoogleの1150億ドルの収益を築いた人物として「オンライン広告で最も重要な人物」と称賛されている。ラマスワミはGoogleを去った後、ベンチャーキャピタリストへの道を歩み、数ヶ月後にグレイロック・パートナーズに入社した。しかし、その数ヶ月後には、共同創業者のラグナタンをはじめとする元グーグルの同僚を採用して、Neevaに取り組み始めた。

ラグナタンは2007年にソフトウェアエンジニアとしてGoogleに入社し、以来、社内でさまざまなエンジニアリングのリーダー的役割を担ってきました。2013年にプリンシパルエンジニアに任命され、2016年にはDistinguished Engineerに就任し、2018年4月にYouTubeでマネタイズ担当VPに進んだ。ラグナタンは、インド工科大学ボンベイ校で電気工学の学士号を取得し、イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校で電気・コンピュータ工学のMSとPhDを取得した。

参考文献

  1. "Neeva: A Different Way to Search". Sequoia Capital.
  2. Sridhar Ramaswamy, "A new way to search that works just for you". Neeva.
Takushi Yoshida

Published 19 days ago