クアルコムは31日(現地時間)、超高速ミリ波(mmWave)の伝送距離の画期的な改善を発表した。これにより、3.8km(2.36マイル)の距離で5Gデータ接続を実現することに成功した。5Gネットワークが世界中に普及し続ける中、mmWaveタワーの最大の問題は、伝送距離が短く、一般的にマイルではなく街区単位で計測されることだったが、

この記録はスマートフォンではなく、ブロードバンドモデムに特化したものである。これにより、通信事業者は、これまで有線の家庭用ブロードバンドの選択肢が少なかった可能性のある農村部、郊外、都市部のコミュニティでも、ファイバースピード5G(光ファイバーネットワークと同等の速度)のカバレッジを提供できるようになる。このテストは、オーストラリアのビクトリア州で行われたが、おそらく送受信デバイス間の物理的干渉は最小限に抑えられていたと想定される。

ネットワーク事業者は、既存のモバイルネットワーク資産を使用して固定ワイヤレスサービスを提供し、都市部から農村部までの新しい地域に簡単にサービスを拡大することができる。さらに、このマイルストーンは、農村部や郊外など、従来のブロードバンドでは到達が困難な地域へのFWAのカスタマー・プレミス機器(CPE)デバイスの普及を促進し、世界中のより多くの顧客がファイバーのような速度で優れた接続性にアクセスできるようにする。

「Snapdragon X55 5G Modem-RFシステムの一部としてQualcomm QTM527 mmWaveアンテナモジュールを導入したことで、通信事業者やOEMは、高性能で拡張範囲の広いマルチギガビット5Gブロードバンドを顧客に提供できるようになりました。この重要なマイルストーンは、拡張5Gデータ転送にmmWaveを利用する最初のステップであり、Casa Systems社およびEricsson社との協力により、都市部、郊外、および農村部の環境で広範囲に適用可能な固定ブロードバンドサービスを実現する道が開かれることになります」と、クアルコムのプロダクトマネジメント担当シニアディレクターのGautam Sheoranは述べている。

電波スペクトルの簡略化

携帯電話は、小型のラジオから無線通信能力を得ている。カーラジオとは異なり、ユーザーは手動で信号を受信する88.9FMや1020AMなどの「ステーション」を選択する必要はない。代わりに, 携帯電話のラジオチューナーは、自動的にコール、テキストメッセージ、およびデータを送信するために最適な無線周波数を選択して、近くの電波塔のリストを使用している。

ミリ波の5Gは、利用可能な無線スペクトルの一般的に巨大なブロックのおかげで、1秒間に複数のギガビットの転送速度を可能にし、新しい携帯電話規格の中で最速のフレーバーとなる可能性を秘めている。米国では、ベライゾンはこれまでのところ、ミリ波のみを利用した5Gサービスを提供しており、家庭用ブロードバンドモデムや携帯電話は、5Gタワーの近くにあれば、1-2Gbpsの速度に達することができるとされる。高速なネットワーク応答性(低遅延)と組み合わせることで、リアルタイムの混合現実ストリーミングから次世代の産業用アプリケーションまで、あらゆるものが可能になると期待されている。

しかし、これまでmmWaveは長距離のデバイスに到達するのに苦労しており、通信事業者はカバレッジを達成するためだけに短距離の「スモールセル」(通常の基地局を補完するために用いられる、小出力でカバー範囲の狭い基地局)を大量に展開しなければなりませんでした。射程距離が2倍になるごとに、必要なスモール・セルの密度が大幅に減少するため、通信事業者にとっては敷設コストが低くなり、実際の5Gサービスの展開にはより現実的なものになるはずだ。しかし、これまでのところ、航続距離の改善は家庭用ブロードバンドモデムに焦点を当てたものであり、ハンドヘルドデバイスに焦点を当てたものではなかった。

このテストでは、クアルコムの既存の2つのハードウェアソリューション(Snapdragon X55モデムとQTM527アンテナ)を使用して、Ericsson社のAir5121およびBaseband 6630タワーハードウェアと通信し、距離拡張ソフトウェアによって拡張された民生機器用ブロードバンドモデムを使用した。接続速度などの詳細は提供されていないが、クアルコムは、今回の距離テストの成功を「mmWaveを5Gデータ転送の長距離化に利用する最初のステップ」とし、速度などに妥協があった可能性があることをほのめかしているかもしれない。同社は以前、QTM527が800MHzのmmWaveスペクトルをフルに利用できれば、通信事業者は最大7Gbpsのダウンロード速度を実現できると述べていた。既存のタワー型ハードウェアでは、1台のデバイスで4.3Gbps、2台のデバイスで8.5Gbpsを達成している。

クアルコムは、X55の後継として、より高性能なSnapdragon X60モデムをすでに発表しているが、1年弱前に発表されたQTM527の後継アンテナソリューションはまだ明らかにしていない。mmWaveの長距離性能の向上は、クアルコムとそのパートナーにとって最優先事項となっているようで、今後もコンシューマー向けやキャリア向けの製品では、継続的な向上が見られる可能性が高いと思われる。

Photo by Qualcomm