Spotify、オーディオブックでアマゾンに挑戦状を突きつける

Spotifyは買収を通じてオーディオブック市場で、閉鎖的なアマゾンの商慣行に対して、オープンな商慣行で対立する後発者の戦略を開始した。対Appleで奏功した戦略は今回も奏功するか?

Spotify、オーディオブックでアマゾンに挑戦状を突きつける
Photo by @felipepelaquim on Unsplash

要点

Spotifyは買収を通じてオーディオブック市場で、閉鎖的なアマゾンの商慣行に対して、オープンな商慣行で対立する後発者の戦略を開始した。対Appleで奏功した戦略は今回も奏功するか?


2019年、Spotifyは音楽ストリーミング企業からオーディオプラットフォームへと戦略を変えることを発表した。CEO兼創業者のダニエル・エクは、投資家への手紙の中でこう書いている。

「2008年に消費者に向けてサービスを開始したときに知らなかったのは、音楽だけでなくオーディオがSpotifyの未来を担うということだった。このチャンスは、オーディオの次の成長段階であるポッドキャスティングから始まる。すべては、世界No.1のオーディオプラットフォームになることを目標にしている」。

その同じ発表には、GimletとAnchorの買収も含まれていた。それ以来、Spotifyは複数のスタジオを買収し(The Ringer、Parcast)、大物アーティストと独占ライセンス契約を結び(Joe Rogan、Dax Shepard)、ポッドキャストの広告技術と機械学習による推薦を行う新興企業を買収し(Megaphone、Podz)、Live Audioに参入した(Locker Room、現Greenroom1)。その間、Spotifyは米国をはじめとする61の国でNo.1のポッドキャスト提供者となった。

11月、Spotifyは、オーディオブックの配信会社であるFindawayの買収を発表した。これは、急成長するオーディオブック業界にSpotifyが参入することになり、ポッドキャストの次のステップとして自然な流れであることから注目されている。今回の買収により、Spotifyはオーディオブック業界への参入を果たし、ポッドキャストの次のステップとして注目されている。

今回の買収と戦略を理解するためには、オーディオブックのエコシステムに目を向ける必要がある。オーディオブックは、ポッドキャストと似ている部分があり、意外にも音楽とも似ている。また、オーディオブックには独自の特徴があり、Spotifyがオーディオファースト戦略を推進し、クリエイターのオーディエンスの成長と収益化を支援するためのツールキットやフレームワークを提供し始める可能性もある。

オーディオブック - ポッドキャスト、音楽との類似性と違い

5億人の人々がオーディオブックを聴いており、その市場規模は2020年の33億ドルから2027年には150億ドルになると予想されている(年平均成長率24%)。オーディオブックは、話し言葉のオーディオ全体の10%程度を占めているが、ポッドキャストはその2倍以上、ラジオは50%と依然として優位にあるが、その割合は減少している。

出典:Axios Axios, 2021 Word Audio report NPR and Edison Research
出典:Axios, 2021 Word Audio report NPR and Edison Research

オーディオブックは、本の朗読を録音したものだ。オーディオブックは、文字で読むことを前提とした書籍の派生物。音楽と同じように、一握りのゲートキーパーが、ビッグタイトルについては業界を支配している。

重要なのは、本の制作を含めるとオーディオブックの制作には通常何年もかかることだ。これは、例えば毎週のように一貫したリリーススケジュールがあらかじめ設定されているポッドキャストとは大きく異なる。多くの作家は、1冊の本に何年もかけて取り組み、それが唯一の本になる。これは、非常に高い生産性を持つ製品であり、最高の本は、ほんの一握りの時間で消化できるような多くの価値を持つことができ、言うまでもなく、非常に長い保存期間を持つ。

オーディオブックを作るには、本のスタイルに合ったナレーターを雇う必要がある。一定のリズム、エネルギー、トーンで7時間連続して何かを読むのは大変なことだ。最終的にすべての小売プラットフォームに配信して収益化するためには、音声を最適な状態に編集し、マスタリングする必要があり、数千ドルを請求するのが普通で、完成品は完璧でなければならない。

オーディオブック産業のあらまし

書籍、ひいてはオーディオブック業界は、音楽業界との共通点もある。著者(アーティスト)は、編集(録音)、マーケティング、製造、流通などを支援する出版社(レーベル)を必要とし、それが物理的な書籍(CD、レコード)やKindle、Apple Booksなどの電子書籍プラットフォーム(Spotify、Apple Music)としてリリースされる。

似ているのはそれだけではない。音楽と同じように、一握りのゲートキーパー(出版社やレーベル)が、特にビッグタイトル(NYTベストセラーなど)については、業界を支配している。これはポッドキャスティングとは大きく異なる。ポッドキャスティングでは、一人のクリエイターや出版社が市場の大部分を支配しているわけではないので、圧倒的な力を持ち、独自の条件を要求することができる。

音楽と同様に、従来の書籍業界のビジネスモデルは、90年代後半から2000年代前半にかけてのインターネットの大量普及によって大きな打撃を受けた。音楽ほど海賊版は普及していなかったが、新しい流通方法(アマゾンや電子書籍)によって、出版社はビジネスモデルの転換を迫られた。

アマゾンは、最初は実店舗で、後には電子書籍で、市場全体の非常に大きな部分を獲得することができた。このため、出版社は、基本的にほとんどの影響力を持ち、条件を決めることができるアマゾンとの取引で苦境に立たされた。著者にとっては、中間業者が強力で、さらに小売業者が市場の大部分を支配しているという業界の力学に直面し、さらに状況が悪かった。

もうひとつの問題は、Audibleを所有するアマゾンに直接依頼しない限り、オーディオブックを自費出版する選択肢がなかったことだ。それが、Findawayの登場した。

アマゾンの市場支配力を背景に、オーディオブックを一元的に扱うプラットフォームとして専売的な商慣行を行うAudible. via Microsft.

Findawayの登場

Findawayは2004年に設立された。当初はオーディオブックのハードウェア(CDと競合する)の開発を目的としていたが、後にAudible (Amazonの独占販売)に代わるオーディオブックの配信を提供するようになった。現在では、世界最大のオーディオブック配信会社となっている。オーディオブック配信プラットフォームとして、出版社、著者、小売店と連携し、オーディオブックの制作から配信、収益化までの一連のプロセスをサポートしている。そのコンテンツは、大手出版社から自費出版の作家まで、325,000タイトルに及ぶ。また、ナレーターを探すためのマーケットプレイスなど、クリエイター向けのツールも提供している。

Findawayの役割は、音楽のディストリビューター(CDBaby、Believe)や、ポッドキャストのホスティングプラットフォーム(Anchor、Megaphone、Podbean)に似ている。コンテンツを消費するプラットフォームがたくさんあるため、クリエイターがそれぞれのプラットフォームにコンテンツをアップロードし、別々に管理するのは意味がないので、配信者はこの管理のギャップを埋める役割を担っている。一般的に、クリエイター(ミュージシャン、ポッドキャスター、作家)は、できるだけ多くの視聴者を獲得するために、最大限の露出を望んでいる。

Findawayのパートナー。オープン戦略の賜物。via Findaway.
Findawayのパートナー。オープン戦略の賜物。via Findaway.

Findawayは、顧客に代わって小売プラットフォームから徴収したすべてのロイヤリティの20%を取り分として収益を上げている。例えば、Audibleがオーディオブックの販売に対して著者に25%のロイヤリティを支払う場合、Findawayは5%を確保し、残りの20%を著者や出版社に支払う。また、Findawayはその規模から、独立した作家が自分で直接交渉する場合よりも高いレートで交渉することができる。

閉鎖的なアマゾン vs オープンなFindaway

アマゾンの圧倒的な市場支配はAudibleによるオーディオブックが含まれる。Audibleは、一部の業種では90%の市場シェアを持ち、電子書籍とオンライン物理書籍の市場では3分の2以上のシェアを持っているという報告もある。

アマゾンの戦略とFindawayの違いは、Amazonがクローズドエンド型のプラットフォームであるのに対し、Findawayはオープンエンド型でプラットフォームを選ばないことだ。アマゾンのツール(ACXと呼ばれる)を使ってオーディオブックを出版した場合、アマゾンとアップルに配信されるが、他のプラットフォームには別の配信者を探す必要がある。著者は「独占配信」を選ぶこともできる。この場合、アマゾンにしか配信されないが、その代わりに高いロイヤリティを得ることができる。また、4つの国・地域でしか利用できないため、配信可能な作家の数が限られてしまう。一方、FindawayはACXと競合し、よりクリエイターに優しいサービスを提供している(Amazonのプラットフォームにも配信している)。

Spotifyの利点

FindawayはSpotifyの傘下に入ったことで、いくつかの利点が望めるだろう。

Spotifyがオーディオブック市場に参入するにあたり、コンテンツを購入するのではなく、配信者を購入したのは偶然ではなく、両方を含むポッドキャスティングとは異なる戦略となった。上述した市場の力学を考えると、アマゾンと真っ向勝負したり、独占権を獲得しようとするのはほとんど不可能だったはずだ。その代わり、Findawayは、Spotifyにオーディオブックのコンテンツを供給するパイプラインを提供し、Anchorがポッドキャストで行ったように、他のすべてのプラットフォームに配信することができる。

消費者の立場から見ると、Findawayはユーザーが必要とするすべてのオーディオを1つの場所で利用できるという利便性を提供し、コンテンツの検索やパーソナライズされたレコメンドを簡単に得ることができる。リスナーがSpotifyでポッドキャストを利用している今、彼らをオーディオブックに導くのは難しくなさそうだ。

Spotifyは、著者や出版社に対して、Amazonの閉鎖的なモデルではなく、よりクリエイターに優しい選択肢を提供すると同時に、MAUが4億に近づいているという巨大なリーチとスケールのメリットを提供する。後発のSpotifyとの契約条件は他のプラットフォームよりも優れており(例:著者へのロイヤルティがAudibleよりも高いなど)、著者や出版社はSpotifyと協力する可能性が高くなり、より多くのリスナーをプラットフォームに呼び込むことができると予想できる。

すべてのプラットフォームへの配信基盤をクリエイターに提供するFindaway.
すべてのプラットフォームへの配信基盤をクリエイターに提供するFindaway.

このようなクリエイターに優しいアプローチを、十分な規模を持つ企業が行うことは、大きな利点となるだろう。これまでにも、Spotifyと他のプラットフォームの両方で収益を上げる方法をポッドキャスターに提供するOpen Access Platformや、収益率が高くクリエイターにも還元される広告への取り組みなど、ポッドキャストへの取り組みには、そのヒントがある。これは、著者がさまざまな場所で収益化できる柔軟性を与え、エコシステムに縛られず、より多くの報酬を支払い、無料のツールを提供することを意味する。

買い切り vs サブスクリプション

オーディオブックの収益化は、音楽やポッドキャストが主に購読料や広告で収益化しているのとは異なる。消費者は、すべてのコンテンツが同じ場所にあることを求め、定期的に消費する権利にお金を払う。

これに対しオーディオブックは、書籍と同様に、通常は1回限りの購入となる。リスナーは一度しか本を聞かないし、読者は本を書いて出版するまでの作業量や保存期間、そして本が提供する価値を認識している。

ポッドキャストと同様に、オーディオブックでも様々なマネタイズモデルが試されることになるだろうが、私は従来の1回限りの購入/レンタルが最も一般的であると考えている。Audibleでは、リスナーが毎月一定額を受け取り、カタログ上のオーディオブックを購入することができるクレジットベースのサブスクリプションサービスを提供しているが、Spotifyも同様のモデルを試みる可能性がある。

無制限のサブスクリプションを提供するのはやや複雑で、それなりの価格設定が必要になる。また、音楽やポッドキャストとは異なり、ほとんどの人は月にそれほど多くのオーディオブックを聴かないでしょう。また、Spotifyは著者と協力してポッドキャストやライブオーディオコンテンツ(Q&Aなど)を開発し、著者が聴衆ともっとつながることができるようにしたいと考えているかもしれない。

興味深いのは、Spotifyで初めて1回限りの購入が可能になるということだ。将来的には、音楽やポッドキャストにおいても、新たな収益源を生み出すために、この方法が試されるようになるかもしれない。例えば、テイラー・スウィフトのニューアルバムを発売の1週間前に1回だけ聴くことができたり、好きなアーティストに直接お金を払って応援することができたりすることは容易に想像できる。

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)