デジタルメディア

デジタルメディアは、社会や文化に多大かつ複雑な影響を与えてきた。インターネットとパーソナル・コンピューティングとの組み合わせにより、デジタル・メディアは、出版、ジャーナリズム、広報、エンターテイメント、教育、商業、政治において破壊的な革新をもたらしました。また、デジタルメディアは、著作権法や知的財産権法に新たな挑戦をもたらし、コンテンツ制作者が自らの作品に対する法的権利の一部または全部を自主的に放棄するオープンコンテンツ運動を促進しています。

吉田拓史
無料会員 公開

噴出するSNSの問題とその処方箋|平和博|メディアの未来#5

「メディア」の岐路を議論するインタビューシリーズ。第5回のインタビュイーは、元朝日新聞記者で、桜美林大学リベラルアーツ学群教授(メディア・ジャーナリズム)の平和博。違いの一つは規模の問題だ、と平は言う。

吉田拓史
無料会員 公開

ChatGPTはGoogleの脅威だ

ChatGPTのクオリティに皆が驚いている。これまでのチャットボットとは一線を画している。検索をするよりも速く正確で、簡潔な回答が得られる場合もある。人々の情報収集の方法を大きく変える新しいツールが誕生した瞬間かもしれない。

吉田拓史
無料会員 公開

持続可能なメディアになるための三つの条件|下山進|メディアの未来#3

編集長の吉田拓史が様々な識者にインタビューを行う「メディアの未来」の第3回。『2050年のメディア』(文藝春秋 2019年)で、過去20年の日本のメディアにおける新聞とプラットフォームの戦いを描いたノンフィクション作家の下山進。

吉田拓史
無料会員 公開

SNSの分断を防ぐためのナッジ|笹原和俊|メディアの未来#2

アクシオンでは「メディアの未来」と題し、編集長の吉田拓史が様々な識者にインタビューを行うことにした。第2回のインタビュイーは、東京工業大学環境・社会理工学院准教授で、国立情報学研究所客員准教授でもある笹原和俊。

吉田拓史
無料会員 公開

若年層が好むTikTok検索に大きなリスク

世界の若者がTikTokで検索を行うことは定説だ。しかし、検索結果における偽情報の密度は高く、直感的な体験がユーザーに誤った情報を容易に信じさせるリスクがある。しかもそれが中国のキャンペーンである可能性も否定できない。

吉田拓史
無料会員 公開

アドビがFigmaを200億ドルで買収した理由

アドビのFigma買収は、頻繁に大型買収を行い事業領域を拡大する、10年以上継続された戦略が、頂点に達したことを示している。アドビほど買収を効果的に使えた例は珍しいが、そろそろ当局の網にかかってもおかしくはない。

ブルームバーグ
無料会員 公開

誰もがTikTokを真似る理由 - パーミー・オルソン

ソーシャルメディアコンサルタントで業界アナリストのマット・ナバラは、プラットフォーム大手がTikTokをコピーする方法に手を出しているのも不思議ではない、と指摘する。SNSという形態は少しずつ時代遅れになっていきそうだ。

吉田拓史
無料会員 公開

スクロール中毒の深刻な影響: 不安や憂鬱を助長

四六時中スマートフォンをいじっている現代人の中には、スクロール依存に苦しむ人が多くいる。この依存は不安や憂鬱を助長する弊害があり、デジタルプラットフォームが中毒を催すように設計されていることと深い関係がある。

ブルームバーグ
無料会員 公開

金融インフルエンサーを信じるべきか?

【ブルームバーグ・オピニオン】TikTokやYouTubeのフィンフルエンサーを信じるべきか? 金融関係のインフルエンサーは、教育と販売を区別するためのアドバイス。

吉田拓史
無料会員 公開

Spotify、オーディオブックでアマゾンに挑戦状を突きつける

Spotifyは買収を通じてオーディオブック市場で、閉鎖的なアマゾンの商慣行に対して、オープンな商慣行で対立する後発者の戦略を開始した。対Appleで奏功した戦略は今回も奏功するか?

吉田拓史
無料会員 公開

HBOは2006年にNetflixの買収を検討していた

HBOは2006年にNetflixの買収を検討していた。しかし既存ビジネスとの衝突を気にする経営陣が見送った。もう少しでダイヤモンドの原石を手に入れられるところだった。

吉田拓史
無料会員 公開

クリエイターエコノミーの台頭

創造力の民主化と勝者総取りの法則