2 articles

人間の遺伝子を使ってサルの脳を成長させ、霊長類の進化を再現することに成功

日独の研究者らはこのヒト特異的遺伝子を生理的レベルで発現させると、新世界のサルであるコモンマーモセットで大脳新皮質が拡大することを明らかにした。このことは、ARHGAP11B遺伝子が人類の進化の過程で大脳新皮質の肥大を引き起こした可能性を示唆している。 [...]

Takushi Yoshida

CRISPR-Cas3の新研究、より広範な遺伝子編集の簡易化を示唆

カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の科学者による新しい研究によると、新しい治療法の開発や、ヒトや他の生物の正常な機能だけでなく、病気の研究のための遺伝子編集は、細胞のゲノムからDNAの大きな断片を切り取るための新しいツールを使用して、より迅速に進むかもしれない。 [...]

Takushi Yoshida
Newsletter
You've successfully subscribed to Axion デジタル経済メディア